少年野球 バッティングフォームの基本や指導法は?教え方で成績が変わる!

バッティングフォームの指導法はたくさんありますが中でも少年野球時代の指導は非常に重要と言われています。

 

 

 

 

というのも、バッティングフォームは基本が大事と言われており基本というのは野球を始めた頃、つまり少年野球時代に身につきやすいです。

 

 

 

 

なので少年野球時に、間違った指導などを受けてしまうと変なフォームがくせになってしまったり、なかなか打てない状態になったりすることも少なくありません。

 

 

 

 

 

よって少年野球時代のバッティングフォームの始動は非常に重要になってきます。

 

 

 

 

ではどのように指導をすればいいのか?

 

 

 

 

 

今回はそんな少年野球をプレーする野球少年を指導する指導者や親御さんに向けた内容になっています。

 

 

 

少年野球 バッティングフォーム指導のポイントは?

では少年野球においてのバッティングフォームの指導法について紹介していきます。

 

 

 

 

まず初めにバッティングフォームの指導法についてですがそもそもバッティングフォームというのは結論から言えば結果が出れば何でもいいなんて言われることもあります。

 

 

 

 

 

実際、誰に何を言われようとしっかりと打率が残せていたり、他人よりもホームランが打てるのであればバッティングフォームがおかしいからと言って無理に変える必要はないということでもあります。

 

 

 

 

 

実は長嶋茂雄さんもこれに似たようなことを言っており、バッティングフォームなんてなんでもいいというようなニュアンスのことを言っていました。

 

 

 

 

 

私自身も、これが全て正解とまでは言いませんがバッティングフォームに正解がないという点に関しては同じ意見です。

 

 

 

 

 

では話をもとに戻します。

 

 

 

 

 

少年野球でバッティングフォームを指導する際に重要なのは

 

 

 

 

やらせるのではなくやらせない

 

 

 

 

これだと思っています。

 

 

 

 

 

どういうことかと言いますと少年野球、つまり小学生、特に低学年時期ですと「こうしろ!」という指導だと理解が難しい人が多いです。

 

 

 

 

 

例えば指導者が口をそろえて言う下半身で打てという指導ですが、私自身もそうでしたが少年野球時代は良く意味が分かりませんでした。

 

 

 

 

 

おそらく同じように感じている小学生がほとんどだと思います。

 

 

 

 

下半身で打て!なんて小学生に伝えたら下半身をひねるだけのようなスイングをしてしまいます。

 

 

 

 

こういったことを指導するのは中学生以降、もしくは小学生高学年あたりからでも良いかと思います。(もちろん中には低学年でも理解できる優れた選手もいます)

 

 

 

 

 

ではどのように指導すればいいのか?

 

 

 

 

ここで先ほど紹介したやらせるのではなくやらせないというのが出てきます。

 

 

 

 

バッティングフォームに正解はないというのは先ほど紹介しました。

 

 

 

 

ですがバッティングには正解はないですがやらないほうがいいという部分があります。

 

 

 

 

ここがバッティングの基本と言われる部分です。

 

 

 

 

バッティングにはやってもやらなくてもどっちでもいいことというのがいくつかあります。

 

 

 

 

例えば足は上げるのか、上げないのか?

 

 

 

 

私は下半身は必ずしも必要とは思っていませんが、かといって下半身を使うと打てなくなるのかと言われるとそういうわけではありません。

 

 

 

 

 

何が言いたいかと言いますと少年野球のバッティング指導はこういった部分を教えるのではなくやってはいけないことを教えるのがベストだと思っています。

 

 

 

 

 

ほぼ全打者に共通してやらないほうがいいこと、具体的には軸足の体重が外側に逃げたり、軸がぶれる、バットのヘッドが外回りしているなどなど。

 

 

 

 

 

こういったことをやっちゃダメだよという指導が少年野球では正しいのかなと思います。

 

 

 

 

これらのやっちゃだめなことを教えてあげれば体大きくなってきて、自分の体をしっかりと使えるようになるころにはバッティングの基本的な部分はしっかりとできています。

 

 

 

 

そもそも少年野球で下半身の使い方や体重移動などの難しいことを身に着けさせようとするのは難しいです。

 

 

 

 

なので少年野球時代は何かをやらせる!のではなくダメなことを教えていくことでバッティングの基本を身に着けさせることが大切です。

 

 

 

 

自分の体をしっかりとうまく使えるようになってから、そこから体重移動などの細かい部分を教えていく方が結果的に無駄なく身につくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は少年野球のバッティングフォームの指導について紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたが特に小学校低学年という時期は自分の体をうまく使うことも難しい年齢ですのであれこれとやらせるのではなくやっちゃだめなことを教えることが大切だと思います。

 

 

 

 

 

その点を意識してうまく指導をして少年野球ではもちろん、今後の中学や高校野球でも活躍できるバッターに育ててあげましょう。

 

 

 

 

少年野球におけるバッティング術とは

バッティングは非常に難しく、いろいろな技術などを教えらえることが多いです。

 

 

 

 

 

特に少年野球時代は基本が大事だと、あらゆることを叩きこまれます。

 

 

 

 

しかし、特に少年野球の場合は、バッティングは非常にシンプルで、たった3つのことを覚え、身に着けるだけで打率は一気に上がると言われています。

 

 

 

 

1日たった20分の練習でバッティングは一気に上達します。

 

 

 

 

数多くの少年野球選手の打撃を変えてきた練習メニューです。

 

 

 

 

特に少年野球をしているお子さんをお持ちの方や、少年野球チームの監督やコーチをしている方にはおすすめのバッティング練習です。

 

 

 

現役少年野球監督だけが知るバッティング術 詳しくはこちら

 

 

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

 

マスコットバットでの素振りは効果がないからやめるべき!

 

スイングスピードを上げたいからマスコットバットを振る。多くの人がやっていることですが実はこれ、大きな間違いです。マスコットバットでの素振りはむしろ逆効果?詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!?ウソみたいな話ですが科学的にも証明済み!?その効果や理由など、詳しく紹介しています。

 

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

短尺バット。多くのプロ野球選手が練習で愛用する理由とは?またその効果は?あの球界を代表するスラッガーも愛用!?

 

 

インコースの打ち方!坂本勇人の打ち方を解説

 

インコースが打てない...。そんなあなたにインコース打ちの天才坂本勇人選手から学ぶインコースの打ち方を徹底解説します。

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

タイミングはバッティングにおいてすごく重要です。タイミングの取り方って実はいろいろあるんです。そこで球界を代表するバッター二人の山田哲人選手と坂本勇人選手のタイミングの取り方を解説しています。

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!

 

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

 

数ある練習メニューの中でも個人的に特に効果があると感じるのがトスバッティングやティーバッティングなどと言った基本的なメニューです。どこのチームでもやっているような練習メニューをさらに効果的に行う方法とは?

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

数ある人気の硬式バットの中で本当におすすめできるものやその魅力などをランキング形式で紹介しています。一位はやっぱり...