スイングスピードの上げ方とは?筋トレや重いバットでの素振りは逆効果?

バッティング上達においてスイングスピードを上げたいというのは誰もが感じることです。

 

 

 

 

当然ですがスイングスピードは速い方がピッチャーの投げた球を見れる時間が増えるということになりますし、そうすれば打率が上がるのはもちろんですが選球眼が良くなるということから出塁率も上がっていきます。

 

 

 

 

スイングスピードがあがることでバッティングの幅が広がることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

ではスイングスピードは一体どのようにして上げれば良いのか?上げる方法はどんなことか?

 

 

 

 

 

筋トレや重いバットでの素振りは逆効果?

 

 

 

 

今回はスイングスピードの上げ方について紹介していきたいと思います。

筋トレは逆効果?

まずスイングスピードを上げるにあたって筋トレから始める人が多くいます。

 

 

 

 

これは私個人的にはおすすめしません。

 

 

 

 

スイングスピードが速い人=パワーのある人。パワーのある人=筋力のある人。

 

 

 

 

 

このようなイメージをお持ちの方は多いと思いますし実際このように思う気持ちも分からなくはありません。

 

 

 

 

 

実際に筋トレをしたらスイングスピードが上がったという人も中にはいるかもしれませんが基本的には筋トレによるスイングスピードの向上はおすすめしません。

 

 

 

 

 

というのもそもそもスイングスピードに筋力はほとんど関係ないと思っていますし、ましてやウエイトトレーニングなどで極端に言うと無理やりつけた筋肉ではスイングスピードは速くはなりません。

 

 

 

 

 

また、筋肉の知識もなくただやみくもに筋トレをすればスイングスピードが逆に遅くなることだって良くある話です。

 

 

 

 

 

スイングスピードを上げるには体のバランスが重要だと感じています。

 

 

 

 

 

ここでいう体のバランスとは自分がうまく体を使えるような筋肉や体型などのバランスを意味します。

 

 

 

 

極端な話をしますと身長160センチで体重が80キロや90キロある人がいたとします。(この体重は脂肪ではなく筋肉とします)

 

 

 

 

 

単純に筋力という点では他の選手に勝るかもしれませんが体の使い方、バランスという点ではおそらく他の選手に劣ります。

 

 

 

 

バッティングはパワーがあれば良いというわけではありませんし、それよりもあらゆる球にも対応できること、つまり自分の体を自分の思うように動かすことが求められます。

 

 

 

 

 

特にスイングというのは体全体をうまく使い行うことですのでこのバランスが非常に大切になってきます。

 

 

 

 

 

もちろん筋肉があってもうまく体を使える選手も中にはいますし、体のバランスといっても人それぞれですので筋トレは絶対悪いという風にも必ずしも言えませんが、スイングスピードを上げたいからとりあえず筋トレという考え方はやめたほうが良いのは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重いバットでの素振りは逆効果

次に重いバットでの素振りについてです。

 

 

 

 

こちらもよくいるのですが重たいバットを振った後に普通のバットを振ると軽く感じ、スイングスピードが上がったと感じてしまう人です。

 

 

 

 

 

これによって重たいバットで素振りをするとスイングスピードが上がると思ってしまい、重たいバットでの素振りを繰り返してしまう。

 

 

 

 

この重たいバットでの素振りにはよくない点が2つあります。

 

 

 

 

1つ目はそもそも重たいバットを振ってもスイングスピードは上がらないということ。

 

 

 

 

重たいバットを振ったあとに普通のバットを振るとスイングスピードが速くなったと感じる現象ですが実はスイングスピードは速くなっていません。

 

 

 

 

実際に機械でスイングスピードを測ってもらえれば分かるのですがほとんどの人はスイングスピードは速くなっていませんし、むしろ遅くなっていることがほとんどです。

 

 

 

 

あの現象は言ってしまえば体が錯覚しているだけなんです。

 

 

 

 

なので重たいバットでの素振りはスイングスピードの向上には全く効果がないことなんです。

 

 

 

 

そして重たいバットでの素振りをおすすめしない理由の2つ目につながるのですが重たいバットでの素振りはバッティングフォームを崩す原因になります。

 

 

 

 

スイングスピードを上げようと重たいバットを振り続けることでいつもと違うバッティングフォームがくせになってしまうことが多いです。

 

 

 

 

しっかりと自分のバッティングフォームで振れる範囲の重さのバットでしたらまだ良いのですが、バットに振られてしまうような重さのバットでの素振りはスイングスピードが速くならないことはもちろんですし、バッティングに悪影響をもたらすのでやめましょう。

 

 

 

スイングスピードの上げ方

では今回のテーマでもあるスイングスピードの上げ方を紹介していきます。

 

 

 

 

素振り

 

 

 

 

1つ目は素振りです。

 

 

 

 

ん?と思った方が多いと思いますがスイングスピードを上げるなら普通の重さのバットでしっかりと自分のフォームで素振りをすることが最も効果的です。

 

 

 

 

 

普通の素振りをおすすめする理由としてはまずはバッティングフォームが崩れる心配がないこと。

 

 

 

 

 

もう1つはバッティングに必要な筋肉はバッティングで身に着けることが大切だからです。

 

 

 

 

スイングスピードを上げるうえで、筋力はある程度は必要なのかもしれません。

 

 

 

 

そこで重要なのがウエイトなどで無理やり筋肉をつけ筋肉ではなく、バッティングで身に着けた筋肉ということです。

 

 

 

 

 

素振りによって身についた筋肉は当然ですが素振りで必要な筋肉ということになりますし、逆に言えば素振りに、もっと言えばバッティングに必要ない筋肉はつきません。

 

 

 

 

ここが非常に重要で、無駄な筋肉はつけず実用性のある筋肉を必要なだけ身に着けることができ、かつ体のバランスを崩す心配がない

 

 

 

 

 

これがただの素振りの最大の魅力です。

 

 

 

 

スイングスピードを上げたいのでしたら変に筋トレをするのではなく、素振りの中で必要な筋肉だけをバランスよく身につけましょう。

 

 

 

 

 

プラスチックバットでの素振り

 

 

 

 

2つ目はプラスチックバットでの素振りです。

 

 

 

 

プラスチックバットでの素振りという表現をしましたが、実際には軽いバットでの素振りでしたら別にプラスチックバットである必要はありません。

 

 

 

 

 

ただ本物のバットに近く、軽いものとなるとプラスチックバットが一番理想なのかなと思います。

 

 

 

 

実は、このプラスチックバットでの素振りがスイングスピードのアップに効果的なことは科学的にも証明されています。

 

 

 

 

 

また、軽いバットですのでバッティングフォームが崩れる心配もなく、疲労感もなく多くの数振ることもできます。

 

 

 

 

詳しくは下の記事で紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はスイングスピードの上げ方をテーマに紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

スイングスピードを上げることはバッティングにおいて非常に重要です。

 

 

 

 

今よりも良い打者になるためにスイングスピードの向上に取り組んでみて下さい。

 

 

 

 

そして今回の内容が、少しでも役に立てばいいなと思っています。

 

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

人気記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

 

マスコットバットでの素振りは効果がないからやめるべき!

 

スイングスピードを上げたいからマスコットバットを振る。多くの人がやっていることですが実はこれ、大きな間違いです。マスコットバットでの素振りはむしろ逆効果?詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!?ウソみたいな話ですが科学的にも証明済み!?その効果や理由など、詳しく紹介しています。

 

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

短尺バット。多くのプロ野球選手が練習で愛用する理由とは?またその効果は?あの球界を代表するスラッガーも愛用!?

 

 

インコースの打ち方!坂本勇人の打ち方を解説

 

インコースが打てない...。そんなあなたにインコース打ちの天才坂本勇人選手から学ぶインコースの打ち方を徹底解説します。

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

タイミングはバッティングにおいてすごく重要です。タイミングの取り方って実はいろいろあるんです。そこで球界を代表するバッター二人の山田哲人選手と坂本勇人選手のタイミングの取り方を解説しています。

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!

 

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

 

数ある練習メニューの中でも個人的に特に効果があると感じるのがトスバッティングやティーバッティングなどと言った基本的なメニューです。どこのチームでもやっているような練習メニューをさらに効果的に行う方法とは?

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

数ある人気の硬式バットの中で本当におすすめできるものやその魅力などをランキング形式で紹介しています。一位はやっぱり...