【野球】 冬にやるべきトレーニングを紹介!ランメニューは無意味?

【野球】 冬にやるべきトレーニングを紹介!ランメニューは無意味?

野球は冬はオフシーズンと言われ、試合などは行わずトレーニングを中心としたメニューを行い体作りを行うチームがほとんどでしょう。

 

 

 

 

冬で選手は大きく変わると言われており、実際に冬明けの春になって見間違えるように成長した選手を何人も見たことがあります。

 

 

 

 

 

このように冬を野球選手としてどう過ごすかは非常に重要になってきます。

 

 

 

 

化ける選手は冬で本当に化けます。

 

 

 

 

 

あなたもそんな選手の一人になりませんか?

 

 

 

 

 

では、冬のトレーニングが重要というのは分かっていただけたと思いますが、実際にどのようなトレーニングを行えばいいのか?

 

 

 

 

定番の走り込み?筋力アップを目的としたウエイトトレーニングなどによる肉体改造?

 

 

 

 

 

本当に冬にやるべきトレーニングとは一体何か?

 

 

 

 

今回はそんな野球選手の冬のトレーニングについて紹介していきたいと思います。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8691378531846204"
data-ad-slot="7027236774"
data-ad-format="auto">

冬にやるべきではないトレーニング

では冬にやるべきトレーニングを紹介していきます。

 

 

 

 

まず初めに個人的におすすめできない冬のトレーニングを紹介します。

 

 

 

 

それが長距離走ウエイトトレーニングなどによる肉体改造です。

 

 

 

 

ではその理由を説明します。

 

 

 

 

まずは長距離走ですが冬になると長い距離を長い時間をかけて走るメニューを行っているチームは多いと思います。

 

 

 

 

 

正直このようなメニューは効果はほとんどありません。

 

 

 

 

 

持久力がつくなどという意見もたまに聞きますが走る持久力と試合中の持久力は違うと個人的には思っています。

 

 

 

 

 

長い距離を長い時間をかけて、ちょっと悪い言葉でいえばダラダラと走るのであれば時間がかかりますし、持久力の向上(実践的な)下半身の強化などと言う点においても全く効果はないとは言いませんが効率が非常に悪いと思います。

 

 

 

 

 

ランメニューを否定するわけではありません。

 

 

 

 

 

ランメニューでしたら長距離走よりも、短距離(20〜30メートル)のダッシュを繰り返す方が効果的です。

 

 

 

 

 

色々な体勢(うつ伏せや仰向けなど)からスタートするなどという工夫を加えることで瞬発力や俊敏性の強化にもなります。

 

 

 

 

 

また短距離ではなく中距離走もおすすめです。

 

 

 

 

距離としては200〜300メートルほどで良いです。

 

 

 

 

この距離をタイム設定を設けて時間内に走る。

 

 

 

 

ランメニューでしたら長距離走よりもこのような短距離や中距離を全力で走ることの方が効果がありますし効率も良いです。

 

 

 

 

 

続いてウエイトトレーニングによる肉体改造について説明します。

 

 

 

 

冬に筋力アップを目的とし、ウエイトトレーニングに重点を置くチームも多いです。

 

 

 

 

 

しっかりとしたトレーナーやコーチがいればまだ良いのですがアマチュア野球、特に高校や中学野球ではそういった人は少ないでしょう。

 

 

 

 

このサイト内でも何度か紹介していますがバッティングに必要な筋肉はバッティングによって身に着けたほうがいいですし、そのほうが無駄な筋肉がつかず、パフォーマンスの向上につながります。

 

 

 

 

 

冬だからと筋トレの量を増やすのではなく、バットを振る量を増やした方が良いです。

 

 

 

 

 

素振りの回数を増やしたり、ティーバッティングやロングティーなどでバットを振り込むことの方が実践に活きる筋肉が自然と身につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬にやるべきトレーニング

では次に冬にやるべきトレーニングを紹介していきます。

 

 

 

 

まずは先ほども紹介した短距離、中距離走。

 

 

 

 

しっかりと全力で走ることに意味があります。

 

 

 

 

シャトルラン形式に行ったりと、工夫を入れると、俊敏性や瞬発力などの強化にもなります。

 

 

 

 

 

2つ目はこちらも先ほど紹介したバットを振ることです。

 

 

 

 

 

冬は試合もなく実戦形式の練習もあまり行わないので素振りやティーバッティングなどでしかバットを振る時がないと思います。

 

 

 

 

 

この時に普段よりも量を増やすことが大切です。

 

 

 

 

過度な筋トレを行うよりも、自分では分かりにくいかもしれませんがバッティングに活きる筋肉が身についていき、冬が明けたとき、または冬の後半あたりからバッティングに変化が感じられると思います。

 

 

 

 

 

3つ目は体幹トレーニングです。

 

 

 

 

 

体幹というのは分かりやすく言うと木の幹の部分だと思ってください。

 

 

 

 

腕や足は木の枝というイメージです。

 

 

 

 

木も幹がしっかりしているほうが当然ですが倒れにくく丈夫です。

 

 

 

 

人間でも同じようなことが言えます。体幹を強化することで体の芯の部分の強化ができます。

 

 

 

 

体幹が弱いとバッターの場合は体勢を崩されやすくなったり、ピッチャーの場合は足を上げた際のバランスの不安定などという状態がでます。

 

 

 

 

 

いづれにせよ、体の芯、つまり体幹は強いほうが良いですので冬の間に体幹をしっかりと鍛えることは野球選手としては非常に重要だと思います。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は冬のトレーニングについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

最初にも言いましたが冬で野球選手は大きく変わります。

 

 

 

 

逆に言えば全く変わらない人もいます。

 

 

 

 

 

正しく、意味のあるトレーニング、練習を冬に行い春に今よりもさらに良い選手になることをイメージして冬を過ごしてください。

 

 

 

 

 

最後に今回の内容をまとめますと冬におすすめのトレーニングは

 

 

 

 

短距離 中距離ダッシュ

 

 

 

 

素振りなどによる筋力アップ

 

 

 

 

体幹トレーニングによる体幹の強化

 

 

 

 

この3つです。

 

 

 

 

特に体幹トレーニングはシーズン中は時間がとれないこともありますので冬の間にしっかりと強化しておきたいことです。

 

 

 

 

 

今回の内容が少しでも冬のトレーニングに役立ち、春に成長する選手が1人でも増えることを願っています。

 

 

 

インナーを着るだけで体感を鍛える!詳しくはこちら

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。

 

甲子園で人気のバットはコレ!高校野球バット2017年

 

甲子園で人気のバットってどんなバット!?超人気バットから、あの記録を塗り替えた選手が使用していたバットも紹介!