ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

筋トレはバッティングに必要か?肉体改造について

バッティングにおいて筋肉は必要なのか?

 

 

そういった質問を良く受けます。

 

 

近年、プロ野球でも肉体改造と呼ばれる筋トレによって体重を大幅に増やすことが話題といいますか流行っています。

 

 

果たしてこれはどうなのか?

 

 

筋トレとバッティングについて今回は紹介したいと思います。

 

 

(バッティングと筋トレなのでピッチングなどとはまた別になります)

 

 

肉体改造反対意見

肉体改造について反対という意見を持っている有名な選手と意見を紹介します。

 

 

・イチロー選手

 

 

世界が認める安打製造機イチロー選手。

 

 

彼は肉体改造については反対しています。

 

 

彼自身も筋トレはほとんどしないという人です。

 

 

そんなイチロー選手は人間が生まれ持ったバランスが一番大切だと言っています。

 

 

そこでおもしろい例えをしていましたので紹介します。

 

 

「トラやライオンは筋トレをしない」

 

 

なるほどなと感心しました。

 

 

個人的にはどちらかというと肉体改造には反対派ですのでこの例えはとても共感できました。

 

 

生まれ持ったバランスを崩してしまうとケガやどこかを痛めやすくなってしまうんです。

 

 

・落合博満さん

 

 

落合さんも肉体改造には反対の意見をおっしゃっていました。

 

 

「野球に必要な筋肉は野球でつけるもの」

 

 

落合さん自身も現役のころは筋トレはほぼしなかったとのこと。

 

 

実際にそれでものすごい結果を残しているので説得力があります。

 

 

他には反対という意見ではないですが史上初の2年連続トリプルスリーを成し遂げたヤクルトスワローズの山田哲人選手は筋トレはほとんど行っていません。

 

 

彼は筋トレよりも素振りや自信が取り組んでいる独自のティーバッティングなどといった、基本的なことを大切にしています。

 

 

体も小さい山田選手ですがホームランも楽に打っています。

 

 

肉体改造が必ずしも長打を打つのに必要ではないことを証明しています。

 

 

 

肉体改造賛成意見

次に肉体改造を賛成といいますか、実際にやっている選手の意見を紹介します。

 

 

まず有名なのはダルビッシュ選手。

 

 

彼はケガをした時期に肉体改造に取り組み体重を大幅アップさせ、投手として成長できたと言っていました。

 

 

肉体改造前と比べどこかピッチングの柔らかさはなくなったように感じますが確かに球自体は良くなったと思います。

 

 

それにメジャーの一流選手も肉体改造後のダルビッシュ選手の方が良いと言っていますので肉体改造は間違いではなかったのだと思います。

 

 

あとダルビッシュ選手はイチロー選手の意見に対してこのようなことを言っています。

 

 

「今はシマウマがライオンを筋トレして倒す時代になっている。なので僕らシマウマは筋トレをしなくてはいけない」

 

 

こんな感じなことを言っていました。

 

 

これに関しては確かにそうだなとは思いますが少しイチロー選手が言っていることと論点が違う気がします。

 

 

イチロー選手が言いたいのはおそらく

 

 

シマウマが筋トレをしたら肉離れになるよというようなことなんではないのかな?と思っています。

 

 

うまく表現できませんがたぶんこんな感じだと思います。

 

 

ただどっちが正しいというのは置いといて、ダルビッシュ選手が肉体改造によって投手として成長したことは確かなので肉体改造が絶対いけないというわけでもなさそうです。

 

 

・大谷翔平選手

 

 

二刀流で話題の大谷翔平選手。

 

 

彼もダルビッシュ選手とともに肉体改造に取り組み、今シーズンはなにかと話題を持っていきました。

 

 

大谷選手も今シーズンの成績を見ると肉体改造によって選手として成長したのは間違いないのかなと思っています。

 

 

結局肉体改造はどうなのか?

ここからは僕個人の意見ですが個人的には肉体改造はあまりおすすめしません。

 

 

肉体改造を否定するわけではないですが、やはりイチロー選手が言うように生まれ持ったバランスを大切にしてほしいです。

 

 

肉体改造は筋力はつきますが間違いなくけがをしやすくなります。

 

 

バッティングにおいて大切なことは筋力ではないです。

 

 

落合さんが言うように、バッティングに必要な筋肉はバッティングで身に着けるべきだと思います。

 

 

しかし全く筋トレをしないほうが良いと言われるとそういうわけでもない気もします。

 

 

はっきりしない言い方で申し訳ないのですが、自分がうまく扱える体のバランスを作るべきです。

 

 

筋トレをする人もしない人もその点を意識してください。

 

筋トレはしないほういが良い!?

 

 

 

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

球界を代表するホームランバッターのあの選手が愛用している短尺バットとは?ホームラン王も使用する短尺バットの効果とそれを使用した練習方法とは!?

 

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

今や球界NO1バッターの呼び声も高い山田哲人選手。ホームランを量産する山田選手ですがなぜあそこまで打てるのか?その秘密はバッティングフォームにあった!山田哲人選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

 

現役プロ野球選手も実践しているバッティング練習!

 

プロ野球選手はどんなバッティング練習をしているのか?巨人の選手が実際に取り入れているメニューや現役のプロ野球選手が実践している練習メニューを紹介しています。

 

 

飛距離を一気に伸ばす方法

 

飛距離を一気に伸ばす方法なんてあるのか?あります!飛距離を一気に伸ばすちょっと変わった独特の練習メニューとは?

 

硬式バット最強はVコング02!?その魅力と飛ぶ理由とは

 

長い間高校球児に圧倒的な人気を持つバットVコング02。硬式バット最強の呼び声も高いVコング02。その魅力と人気の秘密とは?詳しく紹介しています。

 

マスコットバットでの素振りは効果がないからやめるべき!

 

スイングスピードを上げたいからマスコットバットを振る。多くの人がやっていることですが実はこれ、大きな間違いです。マスコットバットでの素振りはむしろ逆効果?詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!?ウソみたいな話ですが科学的にも証明済み!?その効果や理由など、詳しく紹介しています。

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

高校野球において数ある人気硬式バットの中から本当におすすめできるバットをランキング形式で紹介!定番の物から長年愛される物。第1位は果たしてどのバット?

 

野球 バッティング 強打者に共通するタメの作り方を紹介!

 

強打者に共通するタメについて詳しくこちらの記事で紹介しています。

 

 

現役プロ野球選手も実践しているバッティング練習!

 

現役のプロ野球選手が実践している練習メニューとは?プロ野球選手の練習メニューについて紹介しています。

 

真似をするならこの選手!

 

プロ野球選手のモノマネをしたことのある人は多いと思います。そこで真似をするならこの選手!と私がおすすめするお手本となるプロ野球選手を紹介しています。

 

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

タイミングはバッティングにおいてすごく重要です。タイミングの取り方って実はいろいろあるんです。そこで球界を代表するバッター二人の山田哲人選手と坂本勇人選手のタイミングの取り方を解説しています。

 

 

ホームランの打ち方!ボールを打つという感覚を捨てる!

 

ホームランには打ち方がある!?その方法とはボールを打つという感覚を捨てること!?

 

 

手打ちは悪くない!?元日本代表から聞いた話

 

手打ち=悪。そんなイメージが強いバッティング。しかしそんな常識を覆す、元日本代表の選手から聞いた話です。

 

【野球】 バットの選び方のポイントとは?

 

バットってどうやって選べばいいの?選び方の基準って何?そんなあなたに絶対に失敗しないバット選びのポイントを紹介します。

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!