野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

ロングティーでホームランの打ち方を身に着ける!長打の打ち方

ホームランや長打を打ちたいという選手はロングティーをバッティング練習に取り入れることが多いです。

 

 

 

そして、実際にロングティーを練習メニューに取り入れてからホームランや長打が増えたという選手も多くいます。

 

 

 

 

私自身もロングティーはホームランを打ちたい方や長打を打ちたい方はもちろん、バッティング上達に非常に効果的なバッティング練習だと思っています。

 

 

 

 

なぜロングティーがホームランを打ちたいという人におすすめなのかというと、簡単に言えばロングティーでホームランの打ち方の感覚を身に着けることができるからです。

 

 

 

 

ですが、そのホームランを打つ感覚をロングティーで身に着けるには、ただ単にロングティーを繰り返すだけではいけません。

 

 

 

 

いくつかのポイントを意識しながらロングティーをすることで、ホームランの打ち方を身に着けることができます。

 

 

 

 

ではそのロングティーで意識すべき点とは?

 

 

 

 

今回はロングティーでのホームランの打ち方の身に着け方について紹介していきたいと思います。

 

ロングティーで意識すべきポイントとは

ではまずロングティーでホームランの打ち方を身に着けるにあたって意識すべきポイントを紹介していきます。

 

 

 

 

基本的にはロングティーで打球をより遠くへ飛ばす、飛ばせるようになることを意識してください。

 

 

 

 

そもそもですが、ロングティー打球を飛ばせるようになるということは、実際にピッチャーの球を打つ際の打球も飛ぶようになります。

 

 

 

 

というのも、ロングティーはピッチャーが投げた球を打つのとは違い、ボールを飛ばすのに反発力に頼ることができません。

 

 

 

 

いかに自分のスイングでボールに力を伝えるかがロングティーで打球を飛ばすのに重要になってきます。

 

 

 

 

そうして身についたスイングでピッチャーの投げたボールを打つと、反発力も加わることでこれまでよりも打球が飛ぶようになり、ホームランや長打も増えてくると思います。

 

 

 

ロングティーでの打球の飛ばし方については下の記事で詳しく紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

 

 

 

ですが、こういった点ももちろん重要ですがこれはあくまで正しいスイングと言いますか、ボールに力を伝えるスイングを身に着ける方法です。

 

 

 

 

今回のテーマはホームランの打ち方を身に着けるということ。

 

 

 

 

そういった点に重点を置きますと、ロングティーで意識すべきポイントは

 

 

 

バットを入れる角度

 

 

バックスピンをかける

 

 

この2つだと思います。

 

 

 

 

この2つはホームランや長打を打つためには非常に重要になりますので是非とも身に着けておきたいことです。

 

 

 

 

それではこれら2つについてそれぞれ説明していきます。

 

 

 

バットを入れる角度

バットを入れる角度はホームランを打つためには重要になります。

 

 

 

極端な話ボールを真上から叩けばホームランは打てないですし、かといって極端なアッパースイングで打てばボールは上へ上がりますがホームランになるかと言われるとそうではありません。

 

 

 

 

ボールに対しどのような角度でバットを入れればいいのか、どの角度でバットを出せばいいのか。

 

 

 

 

こういった点をロングティーでボールを打つ際に意識していきます。

 

 

 

 

ホームランの弾道で打球が飛んだ時や、いい感触で打てた時のバットの入れた角度やスイングの軌道を徐々に身に着けていきます。

 

 

 

 

ただ打球を遠くへ飛ばすことだけを意識するのではなく、打球が飛んだ時にどんな風にバットを出したか?どの角度でバットを入れたか?

 

 

 

 

そういった点を確認しながら、何度もスイングを重ねるうちにホームランの打ち方の感覚を身に着けていきましょう。

バックスピンをかける

続いてはバックスピンをかけるという事についてです。

 

 

 

 

これに関しては、別にバックスピンをかけることができないからと言ってホームランが打てないわけでもないですし、バッティング全体としてバックスピンをかける技術は必ずしも必要ではないと思います。

 

 

 

 

ただし、ホームランの打ち方という点ではバックスピンを自分でかけることができれば、それは強い武器になります。

 

 

 

 

実際にプロ野球などで活躍するホームランバッターはバックスピンをかける技術をほとんどの選手がもっています。

 

 

 

 

バックスピンをボールにかけると、打球が鋭く伸びる打球になります。

 

 

 

 

それに加えて先ほど紹介したバットをホームランを打つ角度で入れることで、良い弾道で打球が伸びますのでその分飛距離も伸び、ホームランが増えていくというわけです。

 

 

 

 

しかし、実際にバックスピンをかけるのは正直難しい部分もありますのでロングティーのようにトスされたボールを打つ中でバックスピンをかける感覚を身に着けていくことから始めるのが良いと思います。

 

 

 

 

バックスピンのかけ方は色々とあると言われていますが、最も一般的なのはボールの中心より少し下を打つことでバックスピンをかけることができます。

 

 

 

 

ちなみに、私自身そうだったのもありますが、ボールを打つ瞬間に右バッターは右手首、左バッターは左手首をこねるといいますか、かえすように使うことでバックスピンをかけることも出来ます。

 

 

 

 

これらは自分のやりやすいものを見つけながらロングティーを行ってみてください。

 

 

 

 

実際にバックスピンをかけれるようになると打球の質は明らかに変わります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はロングティーでホームランの打ち方を身に着けるために意識すべき点について紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介したようにロングティーはホームランの打ち方を身に着けるのに非常に効果のあるバッティング練習ですし、ホームランを打つこと以外でもバッティング全体としても非常に効果があります。

 

 

 

 

今よりも打球を飛ばせるようになりたい

 

 

 

 

ホームランや長打が打てるようになりたい

 

 

 

 

このように思っているかたは是非ともロングティーを練習メニューに取り入れてみて下さい。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーで飛距離を伸ばすにはどうすればいいのか?ロングティーで打球を飛ばすために必要なことを紹介しています。

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

効果的なバッティング練習として知られるロングティーをより効果のあるものにする方法とは?ロングティーの正しいやり方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。