ホームランを打つための練習はこれ!飛距離を伸ばす打ち方とは?

ホームランを打つためには何が必要なのか?

 

 

 

 

ホームランを打つためにはどんな練習をすればいいのか?

 

 

 

 

野球をやっている人の多くが知りたいことだと思います。

 

 

 

 

ホームランを狙って打てたり、今よりもホームランを多く打てるようになれば打者としての評価も高くなるでしょう。

 

 

 

 

出来るのであれば、今よりもホームランを打てるようになりたいと思うのが普通だと思います。

 

 

 

 

そこで今回はホームランを打つための練習について紹介していきたいと思います。

 

寸止めティーバッティング

まずホームランを打つための練習として紹介するのが寸止めティーバッティングという練習です。

 

 

 

 

ホームランを打つためには色々と必要な要素はありますが、その中でも特に重要とされるボールに力を伝えるということを、この寸止めティーバッティングで身に着けていきます。

 

 

 

 

やり方はまず、両肘を腰、脇腹につけ状態をキープします。

 

 

 

 

そして、この状態のままティーバッティングを行っていきます。

 

 

 

 

この時にに注意すべき点としては、腰に着けた両肘は打ち終わるまでつけたままにしてください。

 

 

 

 

そして、バットを振りかず、ボールを打った瞬間に止める感覚で振って下さい。

 

 

 

 

ではこの寸止めティーバッティングにどんな効果があるのか?

 

 

 

 

実際にやっていただけるとわかると思いますが、上半身を固定した状態で強い打球を打つには、下半身の体重移動、そしてその体重をバットからボールに伝える動きが必要になります。

 

 

 

 

これはホームランを打つときにも同じことが言えます。

 

 

 

 

ボールを飛ばすには、腕の力だけでボールを飛ばすことも出来ないわけではないのですが、やはり下半身、そして体全体の力をしっかりとボールに伝えることが求められます。

 

 

 

 

この時に必要な下半身の動きや使い方を寸止めティーバッティングで身に着けていきます。

 

 

 

 

まずは近い距離でティーバッティングを普通に行ってみて下さい。

 

 

 

 

どうすれば下半身の動きだけで強い打球が打てるのか?どうすればボールに力をしっかりと伝えられるのか?

 

 

 

 

こういった点を意識しながらボールを打っていきます。

 

 

 

 

そして、ある程度下半身の使い方や動かし方が分かり、強い打球が寸止めティーバッティングで打てるようになったら今度は近いネットなどに打つのではなくロングティーのように寸止めティーバッティングで遠くへ打球を飛ばす練習に切り替えていきます。

 

 

 

 

ここまでやってきた動きを確認しつつ、より遠くへ打球を飛ばせるように、さらに下半身の動き、使い方に磨きをかけていきます。

 

 

 

 

ちなみにですが、この寸止めティーバッティングですが、下半身だけの力でもホームベースから外野オーバーくらいまで飛ばすことも十分に可能です。

 

 

 

 

もしそのような下半身の使い方を身に着け、さらに腕の力も加わったら打球はどれだけ飛ぶのか?そう考えただけでもワクワクしませんか?

 

 

 

 

 

是非とも寸止めティーバッティングをホームランを打つための練習として取り入れてみて下さい。

ロングティー

続いてホームランを打つための練習として紹介するのがロングティーです。

 

 

 

 

こちらのロングティーは先ほどの寸止めティーバッティングとは違い、普通にバットをスイングしていきます。

 

 

 

 

なぜロングティーがホームランを打つための練習としておすすめなのかと言いますと、ホームランを打ちたい人はこれをするべき!長打の打ち方で詳しく紹介していますが、ホームランを打つのに必要となるスイングを身に着ける練習として非常に効果があるからです。

 

 

 

 

ロングティーはトスされたボールを遠くへ飛ばすことが求められます。

 

 

 

 

ピッチャーの投げるためを打つのとは違い、反発力に頼ることが出来ないロングティーでは、自分のスイングでしかボールを飛ばすことができません。

 

 

 

 

自分のスイングの状態が打球にそのまま表れるのがロングティーの最大の特徴であり、魅力です。

 

 

 

 

これはつまり、ロングティーで打球を遠くへ飛ばせるということは、それだけホームランを打つのに必要なスイングが身についているということにもなります。

 

 

 

 

どうすればロングティーで打球が飛ぶようになるのか?どうすればよりボールに力を伝えられるのか?

 

 

 

 

そのよう事を考えながら、自分の力をボールに最大限に伝えることのできるスイングを身に着けていきましょう。

 

 

またロングティーの細かいやり方や、意識すべき点については下の記事で詳しく紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーでホームランの打ち方を身に着ける!長打の打ち方

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はホームラン打つための練習として2つのバッティング練習を紹介させていただきました。

 

 

 

 

ホームランが打てるようになれば今よりもさらに打撃の幅が広がると思いますし、チームに欠かせない存在にもなれると思います。

 

 

 

 

ホームランの打ち方、ホームランが打てるスイングを身に着けて今よりも良いバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

 

 

また、もしよかったら今回紹介した2つ練習をホームランを打つための練習として取り入れてみて下さい。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーで飛距離を伸ばすにはどうすればいいのか?ロングティーで打球を飛ばすために必要なことを紹介しています。

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

効果的なバッティング練習として知られるロングティーをより効果のあるものにする方法とは?ロングティーの正しいやり方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 打球が飛ばない人必見!飛距離を伸ばす方法を紹介

 

なぜ打球が飛ばないのか?またどうすれば打球が飛ぶようになるのか?打球の飛距離を伸ばす方法を紹介しています。