フルスイング 大振り

フルスイングと大振り

おもいっきりバットを振れと言われるものの、大振りするなという人もいる。

 

 

いったいこれはどういうことなのか?

 

 

結局おもいきり振らないほうが良いのか?大振りがダメならコンパクトに振れば良いのか?

 

 

そういったバッティングの疑問について僕の考えを紹介したいと思います。

 

フルスイングと大振りの違いとは

まずはフルスイングと大振りの違いを理解する必要があります。

 

 

 

・フルスイング

 

 

・きちんとした自分の正しいバッティングフォームでおもいきり振れている状態

 

 

・大振り

 

 

・自分のスイングというよりは、力任せにおもいきり振っている状態

 

 

おそらくこんな感じでしょう。

 

 

細かくいったらいろいろあるのですがとりあえずこれだけ理解してもらえれば大丈夫です。

 

 

といっているものの、僕は簡単なヒットの打ち方を紹介しているので、フルスイングをしなくてもヒットを打てるメニューや理論を紹介しているので特に大きな問題ではないのですが、もっといいバッターになりたい、ヒットだけでなくホームランも打て

 

るようになりたいということでしたら、フルスイングは必要になってきます。

 

 

大振りと言われるとダイナミックなフォームでホームランを打つようなイメージだと思います。

 

 

プロ野球でいうと、ソフトバンクホークスの柳田選手は豪快な打撃フォームで大振りのように見えると思います。

 

 

ですがあれは大振りではありません、例外はありますが、プロで結果を出しているバッターのボールまでのバットの運び方とバットの入れ方はほとんど同じです。

 

 

柳田選手も同じでコンパクトに振っているように見える選手とバットの入れ方やとらえ方はほとんど同じです。

 

 

ではなぜあんなに豪快に見えるかというとフォロースルーや体重ののせかたが他の選手より豪快なのです。

 

 

コンパクトに振ったからといって打球が飛ばないわけでもありません。

 

 

今シーズン本塁打、打点の2冠のベイスターズの筒香選手なんかは僕から見ると全く無駄のないシンプルなフォームをしています。(筒香選手本人もシンプルを追及していると言っていました)

 

 

ようは何がいいたいかというとフルスイングでもフルスイングじゃなくても、一見豪快なスイングもコンパクトなスイングも、全部打つまでの動きは同じなのです。

 

 

おもいきり振れという言葉をかけられ、つい力が入ったり力強く振ろうとして自分のフォームで打てなくなるのではなく。

 

 

フルスイングでもフルスイングじゃなくても、一見豪快なスイングもコンパクトなスイングも、全部打つまでの動きは同じ

 

 

このことを忘れず、自分のフォームで打つことを大前提に、フルスイングしてください。