バッティング ボールに打ち負ける人必見!強い打球の打ち方

ピッチャーの投げるボールに打ち負ける

 

 

 

このような悩みを持つ選手は多いです。

 

 

 

球威のあるピッチャー、球速のあるピッチャーの対戦すると、「とらえた!」と思ってもボールに打ち負けてしまい、凡打になってしまうということはないでしょうか?

 

 

 

 

また、そこまで球威や球速のないピッチャーが相手でも打ち負けてしまうという選手もいます。

 

 

 

 

当たり前ですが、ピッチャーの投げたボールに対し、自分の力を最大限に加えることが、強い打球を打つことや、ボールに打ち負けないためには必要になります。

 

 

 

しかし、そんなことは皆さん分かっていると思います。

 

 

 

自分からボールに打ち負けようとバッティングをしている選手はいないです。

 

 

 

 

では、どうすれば、ボールに打ち負けないのか?

 

 

 

 

今回はバッティングで、ボールに打ち負けないために必要なことについて紹介していきたいと思います。

 

打ち負ける原因

ではそもそもバッティングでボールに打ち負ける原因とは何か?

 

 

 

 

これは様々な原因があると思われますが

 

 

 

・芯で打てていない

 

・スイングに問題がある

 

 

 

 

細かい部分まで挙げればもっとあるのですが、大きくまとめるとこの2つでしょう。

 

 

 

 

1つ目は分かりやすいと思いますが、バットの芯でボールを打つと、強い打球が打てますし、少ない力でボールを飛ばすことも出来ます。

 

 

 

芯を外されても、打ち返す力がある選手もいますが、芯で当てるに越したことないでしょう。

 

 

 

 

打ち負ける原因として、バットの芯で打つ技術がまだ足りていないという可能性があります。

 

 

 

後に紹介しますが芯で当てる技術を磨く必要がありますし、そうすることで打ち負けることも減ると思います。

 

 

 

 

2つ目のスイングに問題があるというのは、ボールに対し自分の力をしっかりと伝えられるスイングが出来ているか?ということです。

 

 

 

 

こちらも分かりやすいとは思いますが力のあるボールに対し、それを強く打ち返すにはそれだけボールに多くの力を伝えることが求められます。

 

 

 

そんなスイングが身についていない選手の場合、ボールに伝わる力が不足してしまい、ボールに打ち負けることが増えてしまいます。

 

ボールに打ち負けないためには

では続いてバッティングでボールに打ち負けないために具体的に何をすれば良いのかを紹介していきます。

 

 

 

 

まず1つ目は先ほども紹介しましたが芯に当てる技術を磨くことです。

 

 

 

 

芯で確実にボールを打つことが出来ればより少ない力で、より強い打球が打てるようになります。

 

 

 

 

芯でどれだけ高い確率で打てるかというのはバッティングのおいて非常に重要なことですし、芯で打てる確率が高くなればなるほど、今よりもボールに打ち負けることが減るのは間違いないでしょう。

 

 

 

 

芯に当てる技術を磨く練習としておすすめなのがトスバッティングティーバッティングです。

 

 

 

 

細かいやり方や意識すべき点はバッティングを向上させる練習はこれ!打撃上達方法で詳しく紹介していますが、トスバッティングはごく一般的な近い距離から投げてもらいそれをワンバウンドで打ち返す練習で、ティーバッティングもネットに向かってトスされたボールを打ち返す一般的なものです。

 

 

 

 

これを繰り返すうちに、芯で打つ技術が身についていきます。

 

 

 

ボールに打ち負けないためにも身につけておきたい技術の1つです。

 

 

 

 

2つ目のボールに打ち負けないためにすべきことは体重移動を身につけることです。

 

 

 

 

バッティングにおいて体重移動という言葉はよく耳にする言葉だと思います。

 

 

 

 

体重移動は必ずしもバッティングに必要というわけでもないですが、正しく身につければバッティングにおいて大きな武器になりますし、ボールに打ち負けないためという点においては特に活きてきます。

 

 

 

 

ボールに打ち負けるというのはピッチャーの投げる球の力に負けているということになります。

 

 

 

 

つまり簡単に言ってしまえばボールに対しより大きな力を加えることが出来ればボールに打ち負けることはないということです。

 

 

 

単純なバットがボールに当たる際の反発力やスイングによる力だけでなく、体重移動を正しく行うことで下半身や体全体の力をボールに伝えることが出来ます。

 

 

 

 

なのでボールに打ち負けるという方は、体重移動を身につけることで打ち負けることが減ると思います。

 

 

 

 

しかし、体重移動は正しく身につけないと逆に打てなくなる原因にもなりますのでその点は注意してください。

 

 

 

体重移動の正しい身につけ方については下の記事で詳しく紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

野球 体重移動を身につけバッティングを上達させよう!

 

 

 

 

続いてボールに打ち負けないためにすべきことはスイングスピードをあげることです。

 

 

 

 

こちらも分かりやすいとは思いますが、スイングスピードが早くなれば、それだけボールに対し強い力を加えることが出来ます。

 

 

 

ではスイングスピードはどのようにして早くするのか?

 

 

 

 

これは注意点でもあるのですが野球 スイングスピードは筋トレでは上がらない!最も効果がある方法は?で詳しく紹介していますが、スイングスピードを上げるために筋トレを行ったり、重たいバットでの素振りは効果が出ないことが多いですし、むしろスイングスピードが遅くなることが多いです。

 

 

 

 

私がおすすめしているスイングスピードの上げ方はプラスチックバットでの素振りです。

 

 

 

 

実はプラスチックバットで素振りをすることでスイングスピードが上がるというのは科学的にも証明されてるんです。

 

 

 

 

また、重たいバットを使うのとは違い、プラスチックバットなどの軽いバットでの素振りでは変なスイングのクセが身についたり、スイングが崩れる心配もないです。

 

 

 

 

スイングスピードはバッティングにおいて重要ですが、スイングスピードがバッティングの全てではないです。

 

 

 

仮に重たいバットでの素振りでスイングスピードが上がってもスイングが崩れてしまっては打てなくなる原因になります。

 

 

 

 

そういった点でもスイングを崩さず、かつスイングスピードを早く出来るプラスチックバットでの素振りをボールに打ち負けないための練習としておすすめしています。

 

 

 

※関連記事 スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!野球バッティング上達方法

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングでボールに打ち負けないために何が必要かについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

ボールに対し打ち負けることが減ればその分バッティングの成績も上がると思います。

 

 

 

 

球威のあるピッチャーや球速のあるピッチャーの対戦した時でもボールに打ち負けずにしっかりと強い打球を打ち返すことのできるバッターになれるよう、頑張って下さい。

 

 

 

 

 

人気記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

ホームランを打ちたい人はこれをするべき!長打の打ち方

 

ホームランを打ちたい!そんな人が絶対にやるべき練習とは一体?長打やホームランの打ち方について紹介しています。

 

バッティング 打球が飛ばない人必見!飛距離を伸ばす方法を紹介

 

なぜ打球が飛ばないのか?またどうすれば打球が飛ぶようになるのか?打球の飛距離を伸ばす方法を紹介しています。

 

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーで飛距離を伸ばすにはどうすればいいのか?ロングティーで打球を飛ばすために必要なことを紹介しています。

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

効果的なバッティング練習として知られるロングティーをより効果のあるものにする方法とは?ロングティーの正しいやり方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。