ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

テークバックは必要ない!?スイングとテークバックについて

野球のバッティングにはテークバックというものがあります。

 

 

何気なく口にしている言葉で、何気なく実践しているテークバック。

 

 

そもそもなぜテークバックを取り入れるのか?

 

 

そもそもテークバックは必要なのか?

 

 

今回はそんな実は謎が多いテークバックについて紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

テークバックの意味

テークバックとは何か?

 

 

テークバックとは簡単に言うとスイングに反動をつけるために腕を後ろに引く動作のことです。

 

 

一般的にはこのように言われていますがこれが全てではないです。

 

 

先に言っておきますがテークバックは必ずしも必要なものではないです。

 

 

私自身テークバックは反動をつけるために取り入れていたのではなく、タイミングを取るために取り入れていました。

 

 

タイミングの取り方は大きく分けると2種類あります。

 

 

一つは多くの人が無意識にやっている、下半身の体重移動の流れでタイミングを取る。

 

 

私はこれを下半身でタイミングを取ると言っています。

 

 

プロの選手では巨人の坂本選手なんかは分かりやすいと思います。

 

 

もう一つは、私自身もそうでしたが上半身でタイミングを取るというもの。

 

 

これに関しては人それぞれなのでこれといった形はないのですが私の場合はテイクバックを利用し、ピッチャーとのリズムを調整することでタイミングを取っていました。

 

 

他にわかりやすく説明すると、ヤクルトの山田哲人選手のバットを上に上げるような動き。

 

 

あれもタイミングを取り方の一つです。

 

 

これらのタイミングについて詳しくはサイト内で紹介していますのでこちらをご覧ください。

 

 

つまりテークバックと言っても私のようにタイミングを取るために取り入れているという人間もいれば、そもそもテークバック自体を取り入れていない人だってたくさんいます。

 

 

要するに、テークバックをする意味なんてものはあってないようなものです。

 

 

実際、テークバックで反動をつけなくてもヒットはもちろんホームランだって打てます。

 

 

それに私としては自分のバッティングフォームを探すことにおいて、テークバックは無駄な動きと思っています。

 

 

自分に合ったバッティングフォームの作り方についてはここでの説明は省略させていただきますがテークバックはそもそもあってもなくても特には変わらないものです。

 

 

もちろん人によって、テークバックの意味は変わってきますので必要という人は必要です。

 

 

例えば私の場合はテイクバックをしないとタイミングが取れないので打率が下がります。

 

 

私にとってのテークバックは自分で見つけたバッティングフォームの正解の一部です。

 

 

ただ私のフォームが正解なんて思っていませんし、真似すれば打てるわけでもないです。

 

 

なので何気なく口にしたり、実践しているテークバックですがもしかしたらあなたの打率を下げている、ヒットを打てなくしている原因になっている可能性だってあります。

 

 

自分にあったフォームは人それぞれです。

 

 

自分にあったフォームがどんなものか、それを見つけることが大切です。

 

 

自分にあったフォームの見つけ方をサイト内で紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

 

打撃フォームの探し方はこちら