ホームランは難しくてもヒットは簡単に打てる!

バッティング スタンスの種類と各メリットについて

バッティングの構えにおいてスタンスというものがあります。

 

 

 

 

スタンスとは簡単に言えばバッティングの構えの時の足の位置のことです。

 

 

 

 

一般的にはスタンスはホームベースに平行になることが多いですがスタンスにはいろいろな種類があり、それぞれのスタンスにそれぞれのメリットがあります。

 

 

 

 

 

人によってスタンスは合う合わないがありますが、自分に合ったものを見つけることで、今よりもバッティングの成績が上がることもあります。

 

 

 

 

そこで今回はバッティングのスタンスの種類やそのメリットなどについて紹介していきたいと思います。

 

スクエアスタンス

まず1つ目はスクエアスタンスと呼ばれるものです。

 

 

 

 

こちらのスクエアスタンスとは先ほど挙げた最も一般的とされるホームベースと平行に両足を置きます。

 

 

 

 

 

このスクエアスタンスのメリットとしては最も一般的とされることもあり、無難なスタンスと言えることだと思います。

 

 

 

 

インコースアウトコースの投げ分け、それに加え変化球や緩急などといった駆け引きをピッチャーとするうえで、いろいろな球に幅広く対応しやすいのがこのスクエアスタンスだと思います(もちろん人によって違いますが)

 

 

 

 

 

最も一般的で、無難なスクエアスタンスは、デメリットがないということが最大のメリットだと思います。

オープンスタンス

続いてはオープンスタンスと呼ばれるスタンスです。

 

 

 

 

こちらは軸足に対し、踏み込む側の足を外側に開くように置きます。

 

 

 

 

オープンスタンスのメリットとしては足を開くことでピッチャーを見やすくなることがまず1つ挙げられるでしょう。

 

 

 

 

他にも、差し込まれたり、詰まったりしやすいインコースを足を開くことでスペースができますので打ちやすくなるのもオープンスタンスのメリットです。

 

 

 

 

一方デメリットとしては1つ目はアウトコースが多少打ちにくくなることでしょう。

 

 

 

 

正直これに関して言えばアウトコースの球の打ち方を練習していけばそこまで問題はないのかなとは思いますが、オープンスタンスにすることでアウトコースが多少打ちにくくなるということは否めません。

 

 

 

 

もう1つのデメリットが肩が開きやすくなることです。

 

 

 

 

肩が開くスイング、いわゆるドアスイングと言われるスイングになりやすいのもオープンスタンスのデメリットです。

 

 

 

 

ドアスイングになってしまってはスイングの力も弱くなりますし、オープンスタンスによるメリットがすべて台無しになってしまうと言っても過言ではないほどバッティングにおいて致命傷になります。

 

 

 

 

オープンスタンスにする場合はしっかりとドアスイングにならないように、バッティングフォームを固めていくことから始めたほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

以上がオープンスタンスのメリットとデメリットです。

 

 

 

 

足を広げる幅などに関しては自分に合った幅を見つけていくことが大切です。

クローズドスタンス

続いてはクローズドスタンスと言われるスタンスです。

 

 

 

 

こちらは軸足に対し踏み込む側の足をホームベース側に置くスタンスのことです。

 

 

 

 

このクローズドスタンスはメジャーリーガーに多く見られるスタンスです。

 

 

 

 

クローズドスタンスのメリットに関してはアウトコースの球に対して圧倒的に強くなるという事でしょう。

 

 

 

 

しかしその一方でインコースがその分打ちにくくなってしまうのもデメリットですし、相手バッテリーにもそれがスタンスによってバレやすくなってしまうためインコースを攻められやすくなります。

 

 

 

 

もちろん、インコースを誘わせるためにクローズドスタンスを利用するというような駆け引きも出来なくはないですが、多少リスクが大きいかと思います。

 

 

 

 

他のデメリットとしてはピッチャーを見にくくなるという事でしょう。

 

 

 

 

極端に足を内側に入れなければ、そこまで大きな問題にはならないかと思いますが、やりすぎはピッチャーが見にくくなります。

 

 

 

 

 

以上の点を考慮すると、クローズドスタンスはインコース打ちが得意な人には非常におすすめです。

 

 

 

 

 

アウトコースが打ちやすいクローズドスタンスで構えつつ、クローズドスタンスが誘いやすいインコースは得意であればあえて狙うというのも良いですし、不意にインコースに投げられたとしても得意であればその心配も減るでしょう。

 

 

 

 

おすすめのスタンスは?

では3つのスタンスについて紹介しましたがおすすめのスタンスはどれなのか。

 

 

 

 

これに関しては正直正解がないのでこれ!というようには言えませんがやはりまずはスクエアスタンスから始めることをおすすめします。

 

 

 

 

その中でインコースアウトコースの打ちやすさ、ピッチャーの見やすさ。

 

 

 

 

他にもタイミングの取りやすさもそうですし、自分のスイングのくせを抑えるためにスタンスを変えてみるとなどといったこともいいでしょう。

 

 

 

 

スクエアスタンスから少しづつ自分に合ったスタンスとその幅などを見つけていくのが最も良いのではないかなと個人的には思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

バッティングの構えには3つの種類のスタンスがあります。

 

 

 

 

最初にも言いましたが自分に合ったスタンスを見つけることでバッティングン成績は大きく変わることもあります。

 

 

 

 

もし現在のバッティングフォームや構えに違和感があるようでしたら、スタンスについて考えてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

何かバッティング上達のヒントになるかもしれませんよ。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!