スイングスピードを上げる練習はこれ!バッティング上達方法

スイングスピードを上げることで得られるメリットは多くあります。

 

 

 

ボールに伝えることのできる力が増えるのもそうですし、ボールを見れる時間が増えることで選球眼良くなりますし、自分の打てるボール、打てないボールの判断もより正確に出来るようになります。

 

 

 

 

細かい部分まで紹介すると、まだまだスイングスピードを上げることで得られるメリットはあると思います。

 

 

 

 

 

しかし、おそらくですがこのようなことは野球をやっている人であれば皆が知っていることですし、そもそもスイングスピードを簡単に上げることが出来るのであれば苦労はないです。

 

 

 

 

問題なのはスイングスピードはどんな練習をすれば上げることができるのかを知ることです。

 

 

 

 

また、スイングスピードを上げようと行っている練習が実はスイングスピードを遅くする原因になっていたり、バッティングに悪い影響を及ぼす練習ということもあります。

 

 

 

 

さて、ではどんな練習をすれば正しくスイングスピードを上げることができるのか?

 

 

 

 

今回はそんなスイングスピードを上げる練習について紹介していきたいと思います。

 

スイングスピードを上げる練習

ではスイングスピードを上げる練習について紹介していきます。

 

 

 

 

私がスイングスピードを上げるのに効果的だと思う練習メニューは素振りです。

 

 

 

 

 

スイングスピードを上げるためにはバッティング練習において最も基本的なものと言われる素振りがおすすめです。

 

 

 

 

素振りをスイングスピードを上げる練習としておすすめする理由はいくつかあるのですが、まず1つ目は筋力をつけることです。

 

 

 

 

ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、バッティング、スイングに必要な筋肉のみをつけるということです。

 

 

 

 

スイングスピードを上げるには、筋力を強化することでバットを振る力も上がるというのはイメージしやすいと思います。

 

 

 

 

だったら筋トレをしたほうが良いのでは?と思う方も多いと思います。

 

 

 

 

実はここが私が素振りをスイングスピードを上げる練習として紹介する最も大きなポイントです。

 

 

 

 

確かにただ筋力をつけて、スイングスピードを上げるのであれば筋トレをしたほうが筋力をつけるうえでは圧倒的に効率は良いでしょうし、筋トレをしたことでスイングスピードが一気に上がったなんてこともあるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、筋トレによって身に着けた筋肉は必ずしもすべてがバッティングに必要なのか?身に着けた筋肉は自分でパフォーマンスに活かすことができるのか?

 

 

 

 

こういった点を考えると筋トレによって身に着けた筋肉はバッティング全体の部分に目を向けると、必ずしも良いものとは言えないでしょう。

 

 

 

 

もちろん、専門のトレーナなどの指導の下、必要な筋肉を必要な分つけるというのであれば良いのかもしれませんが、プロ野球ならともかく、アマチュア野球でそこまで環境が揃っているチームは多くはないでしょう。

 

 

 

 

では素振りではどうでしょうか?

 

 

 

 

素振りを続けることで効率は悪いかもしれませんが筋力は少しづつついていきます。

 

 

 

 

しかし、この筋肉は先ほどの筋トレによって身に着けた筋肉とは違い、スイングをする中で自然に身についた筋肉です。

 

 

 

 

当然、バッティングに必要な筋肉以外はスイングによってつくことはないですし、自分で扱えない筋肉もつくはずがありません。

 

 

 

 

スイングスピードを上げることは確かにバッティングにおいて重要です。

 

 

 

 

ですが、スイングスピードを上げるだけではバッティングは上達しません。

 

 

 

 

バッティング全体のパフォーマンス向上を考えると、効率は悪いかもしれませんが、素振りによってバッティング、スイングに必要な筋肉をつける、鍛えることで自然にスイングスピードを上げることが一番いいのではないかと私は思います。

 

 

 

 

ただし、少ない回数での素振りではあまり効果はないです。

 

 

 

 

数多く振れば良いというわけでもないですが、自分がしっかりとスイングができる範囲で多く素振りをしていきましょう。

 

 

 

 

また、ただの素振りだけでなくプラスチックバットでの素振りもスイングスピードを上げる練習としておすすめです。

 

 

 

 

詳しくはスイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!野球バッティング上達方法で紹介していますが、軽いバットでの素振りは科学的にもスイングスピードを上げるのに効果的だと証明されています。

 

 

 

 

また、軽いプラスチックバットですので筋力的な疲労もほとんどないので、普通のバットである程度素振りをした後に、行うことも出来ますのでそういった点でもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はスイングスピードを上げる練習として素振りを紹介させていただきました。

 

 

 

 

筋トレなどによって筋力を増やすことでスイングスピードを上げることも出来ます。

 

 

 

 

しかし、そういった方法では逆にスイングスピードが遅くなることもありますし、バッティング全体のことを考えると必ずしも良いとは言い切れません。

 

 

 

 

スイングスピードを上げるのに必要な筋肉はスイングによって身に着ける

 

 

 

 

これが個人的には理想であり、バッティング上達には大切だと思っています。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

野球 ヘッドスピード、スイングスピードの目安と測定方法

 

ヘッドスピードの目安ってどのくらい?また測定方法は?年齢にわけてヘッドスピードの目安について紹介しています。

 

野球 ヘッドスピードを上げる素振りとは?スピードの目安は?

 

ヘッドスピードを上げる素振りとは?また、ヘッドスピードの目安ってどのくらい?あなたはどのレベルでしょうか?

 

野球 スイングスピードは筋トレでは上がらない!最も効果がある方法は?

 

スイングスピードを上げようと筋トレをするのは逆効果!?スイングスピードを上げる最も効果的な方法とは?

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。