バッティング 基本 初心者 上達方法

バッティングの基本はこれだけ!初心者も必見のバッティング上達方法

バッティングは基本が大事

 

 

 

一度は耳にしたことがある言葉だと思います。

 

 

 

 

この言葉は間違いなく正しいです。実際バッティングの基本をしっかりと出来ている人は良いバッターが多いですし、結果が出ています。

 

 

 

 

 

しかしバッティングにおいて基本は大事というのは分かっていてもそもそもバッティングの基本って何?という人も多いと思います。

 

 

 

 

それにバッティングの基本と言っても意外とたくさんあるので習得には時間がかかります。

 

 

 

 

もちろん、そういった時間をかけてしっかりと基本を身に着けることで良いバッターに成長するというものです。

 

 

 

 

しかし今回はできるだけ時間をかけずバッティングにおいての最低限の基本。つまりこれさえおさえておけば打てるようになるというようなバッティングの基本について紹介したいと思います。

 

 

 

 

野球をやっている人はもちろんですが初心者には特におすすめできる内容になっています。

バッティングの基本とは

それではバッティングの基本について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

バッティングの基本と言ってもたくさんあるのですが、その中でも個人的に特に重要だと感じるのが

 

 

 

 

・芯で打つ能力(確率の高さ)

 

 

 

 

・バッティングフォーム

 

 

 

 

この2つです。

 

 

 

 

ではこの2つについて詳しく紹介していきます。

芯で打つ能力

まず芯で打つ能力について紹介していきます。

 

 

 

 

芯で打つ能力というのは正確に言うと芯でボールを打つ確率の高さという認識です。

 

 

 

 

バッティングにおいていろいろな指導法がありますが、正直アマチュア野球において、特に金属バットを使用する高校野球までは芯でボールをとらえることが出来れば外野までボールは簡単に飛びます。

 

 

 

 

そのためにはバッティングフォームや細かいバッティングの細かい技術なども多少関わってきますが極論を言うと

 

 

 

 

バッティングとは誰が一番芯でボールを打てるかだと思っています。

 

 

 

 

言いすぎというようにも感じますが、それでも芯で高き確率で打てる選手は結果を残せます。

 

 

 

 

 

芯で当てる能力、芯に当てる確率を上げるということはバッティング上達、打率を上げるという点において最も重要と思っています。

 

 

 

 

言いすぎかもしれませんがそれくらい芯でボールを打つということは重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

バッティングフォーム

続いてバッティングフォームについて。

 

 

 

 

芯でボールを打つことが大事ということは先ほど紹介しましたが、さらに打率を上げる、バッティングの上達にはバッティングフォームが重要になります。

 

 

 

 

 

ただバッティングフォームといっても指導法はいろいろあります。

 

 

 

 

「ポイントは前で打て!」   「体重移動をしっかりしろ」

 

 

 

 

このほかにも色々とバッティングフォームについての指導法はあります。

 

 

 

 

しかしバッティングフォームに正解はないと私は思っています。

 

 

 

 

それぞれに合った打撃ポイントや微妙なタイミングの取り方の違いや体重の使い方が存在します。

 

 

 

 

なのでバッティングフォームについてこれが正解!というような指導の仕方は危険だと思っています。

 

 

 

 

 

ではどうしたらいいのか?

 

 

 

 

答えは自分に合ったバッティングフォームが自然と見つかる練習メニューを行うことです。

 

 

 

 

 

自分に合ったバッティングフォーム、つまり打撃ポイントやタイミングや体重の使い方などは人それぞれ違うので自分で見つけるしかありません。

 

 

 

 

 

これらをごく普通のメニューの中で自然に見つける練習メニューがあります。

 

 

 

 

ティーバッティングやトスバッティングなどのどこのチームでもやっているような練習メニューですが意識する点を少し変えるだけで自分のバッティングフォームが自然と見つかります。

 

 

 

 

詳しくはサイト内で練習メニューの順番などと一緒に紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

 

 

まずは下の記事をご覧ください。

 

 

最速で打率を上げるトスバッティング

 

 

 

 

独自の打撃理論とシンプルかつ簡単を追及したメニューですので初心者には特におすすめです。

 

 

 

 

そして先ほど紹介した芯に当てる能力も自然と身につくようにメニューを組んでいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングの基本について紹介させていただきました。

 

 

 

 

バッティングの基本はたくさんありますがその中でも重要な2つとそれらを身に着ける練習メニューについて紹介しました。

 

 

 

 

バッティングとは難しそうですが意外とシンプルで簡単です。

 

 

 

 

しっかりとバッティングの基本をおさえて、打率を上げて、良いバッターを目指してください。

 

 

 

 

そして良かったら私がサイト内で紹介している最速で打率を上げる練習メニューを参考にしてみてください。

 

 

 

 

シンプルかつ簡単を追求した練習メニューです。

 

 

 

最速で打率を上げる練習メニュー

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!