野球 バッティング 練習方法

【野球】いろいろなバッティング練習方法を目的別に紹介!打撃上達方法

本サイトでは最速で打率を上げる独自の打撃理論と練習方法を紹介しています。

 

 

その他にもいろいろなバッティングの悩みが解決できるよういろいろな練習方法を目的別に紹介しています。

 

 

人それぞれバッティングに関する悩みは違うと思います。

 

 

そこで今回はいろいろな悩みに対していろいろなバッティング練習方法を紹介していきたいと思います。

 

いろいろなバッティング練習方法

それではいろいろなバッティング練習方法を目的別に紹介していきます。

 

 

体重移動が分からない

 

 

体重移動が分からないという人はものすごく多いです。

 

 

そもそも体重移動とは何なのか?

 

 

そこが分からない人が意外と多いんです。

 

 

また出来ていると思っていても実際は出来ていない人も多いです。

 

 

そこでまずは体重移動とは何かを体で覚える練習方法を紹介します。

 

 

体重移動とは簡単に言うと下半身の内側に体重という力をため込みそれをボールに伝えることです。

 

 

細かいことを言うともっといろいろあるのですがあまり考えすぎるとかえってややこしくなるのでこの程度の認識で大丈夫です。

 

 

注意したいのは体重を外に逃がさないこと。

 

 

これさえできていればあとは体重をうまく移動させるだけです。

 

 

そこでその感覚を身に着けるために回転式のイスを使います。

 

 

バットは持たなくてもいいです。

 

 

回転式のイスに座り、内側に体重をためることだけを意識して打つ方向に回転してください。

 

 

これだけです。

 

 

この時の感覚は体重移動時と限りなく似ています。

 

 

文字や言葉で理解しようとすると難しいです。

 

 

これはやっていただければわかりますので是非やってみて下さい。

 

 

飛距離を伸ばす練習方法

 

 

次はなかなか飛距離が伸びないという人におすすめの練習方法を紹介します。

 

 

飛距離=筋力、パワー

 

 

そんなイメージがある人も多いかと思います。

 

 

全く関係ないとは言いませんがあまり関係ないです。

 

 

飛距離は練習で伸ばせます。

 

 

まずは先ほどの体重移動を身に着ける。

 

 

これだけでも飛距離は伸びます。

 

 

そして飛距離を伸ばすためにとてもいい練習方法があります。

 

 

それが寸止めティーバッティングと呼ばれるものです。

 

 

これは簡単に言うといろいろな力をボールに伝える練習です。

 

 

やり方はバットを固定した状態でティーバッティングをします。

 

 

腕の力を使ってはいけないので腕以外の力をボールにしっかりと伝えないとボールは飛びません。

 

 

その感覚を身に着けるのにとてもいい練習方法なんです。

 

 

腕の力なしでも外野の頭を超すことは簡単に出来ます。

 

 

簡単な説明ですが是非やってみて下さい。(詳しくはこちらの記事で紹介しています)

 

 

下半身の使い方が分からない人

 

 

スイングは下半身始動。

 

 

一度は耳にしたことのある指導だと思います。

 

 

とはいえ意外と出来ていない人が多いのがこの下半身始動のスイング。

 

 

これを簡単に身に着ける練習方法があります。

 

 

自分より高い位置にある物(壁でも何でもいいです)を新聞紙などで作ったバットで思い切り叩きます。

 

 

これだけです。

 

 

この時あくまでバッティング練習というのは頭に入れて高い位置を叩いてください。

 

 

ただ殴るのではなく下半身始動のスイングを身に着けるというのを頭に入れて下さい。

 

 

高い位置にある物を力強く叩こうとすると自然と下半身始動で叩くと思います。

 

 

やってみて下さい。すぐにわかると思います。

 

 

注意するポイントとしてはこの練習方法は下半身始動のスイングの感覚を身に着けるためだけの練習です。

 

 

高い位置を叩くときに脇が開いたりしてしまいます。

 

 

これはこの練習をしている時は良いのですが実際のバッティングではよくありません。

 

 

そのあたりは注意してください。

 

 

何度も言いますがあくまで下半身始動のスイングの感覚を知るためだけの練習方法です。

 

 

またこの練習は家でもできるのもポイントです。

 

 

是非やってみて下さい。

 

 

スイングスピードを上げたい

 

 

スイングスピードを上げたいという人は多いはず。

 

 

スイングスピードを上げるのに効果的な練習方法は実は

 

 

プラスチックバットを振ることなんです。

 

 

ウソだと思われるかもしれませんがこれは科学的にも証明されています。

 

 

一般的にスイングスピードを上げたいなら重たいバット、マスコットバットなどを振る人が多いですがむしろ逆効果です。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る

 

 

ウソみたいな話ですがこれは事実です。

 

 

またプラスチックバットには他にもいろいろな効果があります。

 

 

ここでは詳しくは説明しませんが是非プラスチックのバットを活用してみてください。

 

 

(プラスチックバットの効果について詳しくはこちらの記事で紹介しています)

 

 

タメがつくれない

 

 

強打者に共通するのがタメがしっかりと出来ていることです。

 

 

タメに悩む選手は非常に多いです。

 

 

そもそもタメとは何なのか?

 

 

ものすごく簡単に言いますと力をタメることです。

 

 

重要なのは体重移動同様外側に力を逃がさないこと。

 

 

これが意外と難しいんです。

 

 

しかしこのタメを簡単に身に着ける練習方法があります。

 

 

まず軸足一本で立ってください。

 

 

ピッチャー側に下半身から倒れるイメージで踏み込んでください。

 

 

この時にピッチャー側に行こうとする軸足にある力を反対の足で抑え込むようしてください。

 

 

もちろん抑え込むことは出来ません。

 

 

むしろ抑え込めたらそれはやり方が間違っています。

 

 

もっとわかりやすくしたいのなら軸足に反対の足を巻き付けた状態でピッチャー方向に倒れるとわかりやすいです。

 

 

一体何をしているのかと言いますとタメとはなにか、また力がたまっているというのを感じる練習です。

 

 

これも文字や言葉だとわかりにくいと思いますので実際にやってみて下さい。

 

 

タメについて詳しくはこちらで紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

今回はいろいろなバッティングの悩みに対する練習方法を紹介させていただきました。

 

 

簡単な説明で申し訳ないのですがシンプルな法が逆に分かりやすいと思っています。

 

 

バッティングとは難しそうで実はとてもシンプルだと私は思っています。

 

 

今回紹介した練習方法が一人でも多くの人のバッティングの悩みを解決してくれることを願っています。

 

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

動体視力を鍛えると打率が一気に上がる!バッティング上達方法

 

動体視力を鍛えることで打率が一気に上がります。そんな動体視力の色々な鍛え方を紹介しています。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。

 

息子へのバッティング指導方法 少年野球におけるバッティング上達方法

 

小学生の息子や小学生に野球を教えている方必見!少年野球におけるバッティング指導方法と、バッティング上達方法を紹介しています