ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

上から叩けという指導は間違い!?

バットは上から叩け

 

 

これも指導者がよく言う言葉です。僕も何度も言われました。

 

 

果たしてこの上から叩けという指導は正しいのでしょうか。

 

 

打撃指導にはいろいろあるし矛盾がたくさんあるということは以前紹介しましたが、この上から叩けという指導も意見が分かれる指導法です。

 

 

この指導法が正しいか正しくないかはわからないので、これが正解だ!といういい方はしませんが今回は、僕のこの指導法に関する考えを紹介します。

 

上から叩けの指導は危険である

なぜ危険かというと、そもそもこういう上から叩けという指導をする人は、小さいころに受けることが多いような気がします。

 

 

特に野球初めた頃にこの指導をするのはとても危険だと思います。

 

 

僕の小学校の頃のチームメイトにもいたのですが、上から叩けと言われ、もう見るからにおかしいくらい上から叩いていました。

 

 

もちろんそのチームメイトは打率は残せませんでした。

 

 

ではどういう指導が正しいのか?

 

 

まず、この指導は正確には、ダウンスイング→レベルスイング→アッパースイング

 

 

という風に振るという指導が正しいのではないかなと思います。(上から叩けという指導法の場合です)

 

 

上から叩くというのはバットの出し方の話で、打つときはレベルスイングでボールをとらえ、アッパースイングでボールに角度をつける。

 

 

これが上から叩けという指導の意味ではないかなと思っています。

 

 

上から叩けと言われ、極端な選手もいるかもしれないので、上から叩けという指導を受けたり、するときはこういう風にちゃんと正確に説明するべきだともいます。

 

 

と、上から叩けという指導について述べましたがここからは僕が思うバットの振り方を紹介したいと思います。

 

 

僕はそもそも上から叩けという指導をするつもりはありません。

 

 

僕は初めからレベルスイングで振ることをおすすめします

 

 

なぜレベルスイングで振ることをおすすめするのかを説明します。

 

 

ざっくりいうと、上から叩くダウンスイングより、ボールに対して水平にふるレベルスイングの方がミートポイントが大きくなるからです。

 

 

ダウンスイングだと、ボールを点としてしかとらえられないですが、レベルで振ることでボールを面としてとらえることができるという感覚です。

 

 

なので僕は最短距離でバットを振れという指導も否定しています。

 

 

レベルスイングでボールをとらえ、以前このサイトでも紹介した、「回転のかけ方」を実践してもらえば、鋭く伸びる打球が飛びます。

 

 

ダウンスイングやレベルスイングでは打球に角度がつかないのではないかと思う人もいると思います。

 

 

確かに、アッパー気味に振るよりは角度はつきにくいですが、そもそも僕はヒットの打ち方を紹介しているので飛距離よりヒットの確率を優先していることを理解してください。

 

 

といっても、レベルで振ってもしっかり回転をかけて、ボールをうまくとらえることが出来れば、角度も出るときは出ますし、もちろんホームランも打てます。

 

 

ホームランを打つ前にヒットを打てるようにしようということです。

 

 

今回は上から叩けという指導に関して僕の考えを紹介させていただきました、良かったら参考にして下さい!

 

おすすめ記事

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

球界を代表するホームランバッターのあの選手が愛用している短尺バットとは?ホームラン王も使用する短尺バットの効果とそれを使用した練習方法とは!?

 

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

今や球界NO1バッターの呼び声も高い山田哲人選手。ホームランを量産する山田選手ですがなぜあそこまで打てるのか?その秘密はバッティングフォームにあった!山田哲人選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

 

現役プロ野球選手も実践しているバッティング練習!

 

プロ野球選手はどんなバッティング練習をしているのか?巨人の選手が実際に取り入れているメニューや現役のプロ野球選手が実践している練習メニューを紹介しています。

 

 

飛距離を一気に伸ばす方法

 

飛距離を一気に伸ばす方法なんてあるのか?あります!飛距離を一気に伸ばすちょっと変わった独特の練習メニューとは?

 

硬式バット最強はVコング02!?その魅力と飛ぶ理由とは

 

長い間高校球児に圧倒的な人気を持つバットVコング02。硬式バット最強の呼び声も高いVコング02。その魅力と人気の秘密とは?詳しく紹介しています。

 

マスコットバットでの素振りは効果がないからやめるべき!

 

スイングスピードを上げたいからマスコットバットを振る。多くの人がやっていることですが実はこれ、大きな間違いです。マスコットバットでの素振りはむしろ逆効果?詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!?ウソみたいな話ですが科学的にも証明済み!?その効果や理由など、詳しく紹介しています。

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

高校野球において数ある人気硬式バットの中から本当におすすめできるバットをランキング形式で紹介!定番の物から長年愛される物。第1位は果たしてどのバット?

 

野球 バッティング 強打者に共通するタメの作り方を紹介!

 

強打者に共通するタメについて詳しくこちらの記事で紹介しています。

 

 

現役プロ野球選手も実践しているバッティング練習!

 

現役のプロ野球選手が実践している練習メニューとは?プロ野球選手の練習メニューについて紹介しています。

 

真似をするならこの選手!

 

プロ野球選手のモノマネをしたことのある人は多いと思います。そこで真似をするならこの選手!と私がおすすめするお手本となるプロ野球選手を紹介しています。

 

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

タイミングはバッティングにおいてすごく重要です。タイミングの取り方って実はいろいろあるんです。そこで球界を代表するバッター二人の山田哲人選手と坂本勇人選手のタイミングの取り方を解説しています。

 

 

ホームランの打ち方!ボールを打つという感覚を捨てる!

 

ホームランには打ち方がある!?その方法とはボールを打つという感覚を捨てること....

 

 

筋トレはバッティングに必要か?肉体改造について

 

多くのプロ野球選手もやっている肉体改造。ところでバッティングに筋トレは必要なのか?

 

 

手打ちは悪くない!?元日本代表から聞いた話

 

手打ち=悪。そんなイメージが強いバッティング。しかしそんな常識を覆す、元日本代表の選手から聞いた話です。

 

【野球】 バットの選び方のポイントとは?

 

バットってどうやって選べばいいの?選び方の基準って何?そんなあなたに絶対に失敗しないバット選びのポイントを紹介します。

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!