バットを内側から出す練習を紹介!インサイドアウトのスイングの身につけかた

バットを内側から出すスイング

 

 

 

 

所謂インサイドアウトのスイングと言われているスイングですが、バッティングのスイングでは、バットを内側から出すことが基本と言われています。

 

 

 

 

私もそう思いますし、バットが外回りしてしまうとボールに力をうまく伝えるのが難しくなり、スイング自体も安定しないと思います。

 

 

 

 

その他にも色々な理由はありますが、やはりバットを内側から出すスイングを正しく身に着けた方が良いと思います。

 

 

 

 

しかし、そう分かっていてもバットが外回りしてしまってしまったり、自分では内側から出しているつもりでも、周りから外回りしていると指摘されることもあるかと思います。

 

 

 

 

ではバットを内側から出すスイングを正しく身に着けるには、どのような練習をすれば良いのか?

 

 

 

 

今回はそんなバットを内側から出すスイングを身に着ける練習を紹介していきたいと思います。

 

短尺バットでのバッティング

今回、バットを内側から出すスイングを身に着ける練習として紹介するのが短尺バットでのバッティングです。

 

 

 

 

短尺バットとは名前の通り、通常のバットに比べて短いバットのことです。

 

 

 

 

なぜこの短尺バットでのバッティングがバットを内側から出すスイングを身に着ける練習として効果的なのか?

 

 

 

 

これは実際にやっていただければわかるのですが、短尺バットで強い打球を打つにはバットを内側から出し、インサイドアウトのスイングをしないと強い打球は打てません。

 

 

 

 

また、短尺バットで綺麗にミートするにあたって、バットが外回りしてしまうとその精度が大きく落ちてしまいます。

 

 

 

 

つまり、短尺バットを使用することで、バットを内側から出すスイングを身に着けつつ、ミート力を向上させることができます。

 

 

 

 

また、短く軽い短尺バットだからこそ、扱いやすく、体の動きや使い方に意識を向けやすく出来るのも大きなポイントです。

 

 

 

 

ちなみに、この短尺バットを使用したバッティング練習はプロ野球選手をはじめ、多くの野球選手やチームが取り入れているバッティング練習です。

 

 

 

 

 

では、短尺バットを使用し、どのようなバッティング練習を行えばいいのかを紹介していきます。

 

 

 

 

まずはネットに向かってティーバッティングを行っていきます。

 

 

 

 

この時点では短尺バットを使用し、バットを内側から出すスイングとは一体どんなスイングなのか?ということを意識しながらボールを打っていきます。

 

 

 

 

思い切り打つ必要はなく、しっかりと正しいスイングの感覚を身に着けていきましょう。

 

 

 

 

そして徐々にスイングの力も強くしていき、バットを内側から出すスイングでより強い打球が短尺バットで打てるようにしていきます。

 

 

 

 

ここで意識するのは正しいバットを内側から出すスイングを身に着けることです。

 

 

 

 

続いて、ネットに向かったティーバッティングを終えたら、ロングティーに切り替え打球を飛ばす距離を伸ばしていきます。

 

 

 

 

この時点で短尺バットを使い、バットを内側から出すスイングはある程度身についていると思います。

 

 

 

 

あとはそのスイングで、打球をとり遠くへ飛ばせるようにスイングをさらに修正していきます。

 

 

 

 

短尺バットで打球を遠くへ飛ばすにはバットを内側から出し、しっかりと力を伝えることが求められます。

 

 

 

 

短尺バットでロングティーを繰り返す中で、どのようにスイングをすればより力が伝わるか?といった点を意識しながら打っていきましょう。

 

 

 

 

ここまで短尺バットを使ったバッティング練習を一通り終えたら普段使う長さのバットで打ってみましょう。

 

 

 

 

短尺バットでのバッティングで身に着けたバットを内側から出すスイングを、実際に使用するバットでも同じようにスイングできるようにしていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

バットを内側から出すスイングの練習として、短尺バットを使ったバッティング練習を紹介させていただきました。

 

 

 

 

バットを内側から出すスイングは、ボールに力をしっかりと伝える点や、ミート力を上げるためにも非常に重要です。

 

 

 

 

 

短尺バットを使用することでそういった内側から出すスイングが非常に分かりやすく、かつ効果的に身に着けることができます。

 

 

 

 

もしよかったら今回紹介した短尺バットを使ったバッティング練習を取りいれてみて下さい。

 

デサント DESCENTE メンズ 野球 硬式 短尺バット 木製ワンハンドバット(トップバランス) DKB-7712

価格:3,620円
(2016/12/31 16:47時点)

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に付ける

 

バッティングはグリップから出すインサイドアウトのスイングが基本です。インサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習を紹介。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?