ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

ジャストミートできない理由とジャストミートするために簡単なこと

強い打球、大きな打球、強い打球を打つために最も重要になってくるのはジャストミートすることだと思っています。

 

 

もちろんヒットの確率を上げるためにもジャストミートする確率は高いほうが良いのは間違いないです。

 

 

強い打球などを打つのには、スイングスピードや綺麗なスイングが大切だという人がいますが、その通りだとは思いますが、いくらものすごいスイングが出来てもボールをうまく打てなければ強い打球は結果的に打てません。

 

もちろんスイングスピードが早く、綺麗なスイングでジャストミートすれば強い打球は打てます。

 

 

でもそのためにもまずジャストミートする確率を上げることが大切であり、先にやることなんです。

 

 

ではジャストミートするためにはどうしたらいいのか?

 

 

今回はジャストミートする確率を上げる簡単な方法を、ジャストミートできない理由などもふまえて紹介したいと思います。

 

ジャストミートできない理由の多くは、目線にある

僕のチームメイトにもいたのですが、ものすごくきれいで無駄のないスイングをする選手でした。

 

 

しかし、スイングはチームで一番?と言っていいいくら綺麗なのですが、打率はスタメンの中でも低いほうでした。

 

 

ミスショットが多かったのです。

 

 

世の中のイメージは長距離砲は打率が低めな傾向があり、コンパクトでシャープなスイングの選手の方が打率が高く長打が少ない。

 

 

このようなイメージがあるような気がします。僕も小さいころはこう思っていましたし、今でも一理あるなと思うときもあります。

 

 

打率が高いということは、それだけ綺麗にジャストミートする確率が高いということになります。

 

 

(もちろんイチロー選手をはじめ、ジャストミートできなくてもヒットにしてしまう選手もいますし、ジャストミートできなくても結果的にヒットになってしまうケースもあります)

 

 

ですが打率が高い選手は打率の低い選手よりもジャストミートしている確率が高いのは間違いありません。

 

 

ということはコンパクトで無駄のないスイングの方がジャストミートできる確率が上がるのか?と思うと思いますが、必ずしもそういうわけではありません。

 

 

もちろん、振り回すようなスイングよりジャストミートする確率は高いと思います。

 

 

ではなぜ先ほど言った僕のチームメイトは打率が低かったのでしょうか?

 

 

そもそもセンスがないんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、はじめに言っておきますが、野球は上手でしたし、実際僕がこれから紹介することを教えたら打率は上がっていき、最終的にはチームの主軸として活躍してくれました。

 

 

それではジャストミートできなかった理由を紹介します。

 

 

それはズバリ

 

 

目線です

 

 

どういうことか説明します。

 

 

そもそもジャストミートするためには、ボールをよく見て、バットの芯を自分の出したいところに出して打つことで成り立つことです。

 

 

綺麗なスイングの方が、というよりは自分のスイングがしっかりしている人の方がジャストミートできるのです。

 

 

それなのにジャストミートできないのは、自分の思うところにボールがないからなのです。

 

 

正確には実際にボールがある場所と、自分が思うボールのある場所にぶれがあるのです。

 

 

なぜこのようなぶれが生じるのか、その原因が目線です。

 

 

僕のそのチームメイトは足をあげてタイミングを取りバッティングに入るのですが、足を上げているときの目線と、足をつけたときの目線が違うのでぶれが生じるのです。

 

 

足を上げる選手に多いことなのですが、ピッチャーが球を投げる瞬間は足を上げていて、打つ瞬間は足がついている。

 

 

この時に目線の高さが違ってくると、ここにボールが来るぞと脳が認識した場所と、実際にボールが来る場所が異なってくるのです。

 

 

文字では説明しづらいのですが、簡単に言うと打つときは目線の高さを常に同じにするということです。

 

 

足をあげてタイミングを取る選手にこれが出来ていない選手が多いです。

 

 

僕は足を上げるフォームをあまりおすすめしていませんが、足を上げたほうが良いという人や、足を上げたほうがタイミングが取りやすいという人もいます。

 

 

そういうひとは上げても構いませんが、この目線を意識してください。

 

 

あとは小さなことですが、顔はなるべく動かさないとか、僕がやっていたのはヘルメットを深くかぶったりしていました。

 

 

ジャストミートするために目線意識してみて下さい!!