ホームラン ヒット 簡単 野球 バッティング

練習メニュー1

ここではヒットの確率を上げる練習メニューを紹介します。

 

 

と言っても練習メニュー自体はごく普通です意識する点の問題です。

トスバッティング

これはどこのチームもよくやるメニューですよね。

 

 

軽く投げてもらった球をワンバウンドで返す、正直退屈で面白くないメニューです。

 

 

でも確率を上げるのに最初に大事にしてほしいのがこのメニューです。

 

 

意識する点は自分の打ちやすいポイントを見つけることです。

 

 

誰しもしっくりくる自分の打撃ポイントがあると思います。どんな球もワンバウンドで返すということの前にこの自分のしっくりくる打撃ポイントを見つけてください。

 

 

打撃ポイントが見つかったらワンバウンドで返すというよりはどんなコースの球も自分のポイントで打つということを意識してください。

 

 

これが10球やって10球できるようになってはじめて、相手にワンバウンドで返すことも意識するようにしてください。。

 

 

トスバッティングはてきとうにやってる人が多いですが、確率を上げるのに一番最初にやってほしいことです。

 

 

絶対にてきとうにやらずにポイントを意識して10球中10球できるまでやって下さい。

 

 

もうひとつ意識してほしいのは打撃の際相手ピッチャーに自分の胸を見せないことです。

 

 

相手ピッチャーに早く胸を見せてしまうと対応できる球が一気に減ります。

 

 

せっかく自分の打撃ポイントを見つけたのにそのポイントで打てなきゃ意味がありません。

 

 

胸をぎりぎりまで見せなければほとんどの球はなんとか対応できます。

 

 

なので相手ピッチャーに胸を見せないこれもトスバッティングで意識しておきましょう。

 

 

最速で打率を上げる次のメニューはこちら

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら