素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

野球のバッティング練習の基本中の基本ともいわれる素振り

 

 

 

 

野球をやっている人なら必ず行うバッティング練習です。

 

 

 

 

 

ただ、最も基本的といいますか、やって当たり前というイメージすらある素振りだからこそ、あまり考えずに行っていませんか?

 

 

 

 

特に意識はしていないが素振りは習慣としてやっているなんて人も実際に多いです。

 

 

 

 

 

それでも、毎日のように素振りを続けるという野球選手としての意識は素晴らしいと思いますが実は

 

 

 

 

 

素振りは最強のバッティング練習ということを知っていますか?

 

 

 

 

 

多少言い過ぎという部分もあるかもしれませんが、素振りは集中して行うと言いますか、いろいろと意識をして行うと他のバッティング練習との差別化ができます。

 

 

 

 

 

素振りよりも実際のボールを打ったほうが練習になるに決まっている。なんて思う人もいると思いますが、そんなことはないと個人的には思っています。

 

 

 

 

 

今回はそんな野球選手なら誰しもが行うバッティング練習「素振り」について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

効果的な素振りのやり方

では素振りについて紹介していきます。

 

 

 

 

 

素振りというのは簡単に言えばバットを振るだけの練習です。

 

 

 

 

確かにこれだけなら、実際にピッチャーが投げたボールを打つフリーバッティングの方が実践的で効果的なのではないか?と感じる人も多いと思います。

 

 

 

 

 

確かにフリーバッティングにはフリーバッティングの良さがありますが素振りはフリーバッティングにはできないことができます。

 

 

 

 

 

それがピッチャーを自分で作れることです。

 

 

 

 

 

どういうことかと言いますと素振りというのはピッチャーがいません。

 

 

 

 

なのでじぶんで想像の中でピッチャーを作り上げることができます。

 

 

 

 

当然ですが各コースにどんな球種を投げるか。また球筋やピッチャーの身長や体格などなんでも作り上げることができます。

 

 

 

 

 

素振りにしてもフリーバッティングにしてもあくまでバッティング練習であって試合ではありません。

 

 

 

 

 

言ってしまえばどちらも試合で結果を残すための練習です。

 

 

 

 

 

リアルなピッチャーが球を投げるフリーバッティングでは毎球ごとにどこにボールが来るか分からないのでより実践的なバッティング練習ができます。

 

 

 

 

 

ただ、私個人的な感覚ですと、フリーバッティングというのは最終確認というイメージです。

 

 

 

 

素振りによって、各コース、いろいろな球種をどのように、どの方向へどんな感じでヒットにするかというのを繰り返し、体に感覚として覚えさせます。

 

 

 

 

極端な話、あらゆるコース、あらゆる球種に対してのバッティングを素振りで身に着け、実践では体をその通りに動かすというのが私の感覚です。

 

 

 

 

 

そんなことができるのか?と言われますともちろん100%はできませんが、繰り返すうちにその対応力はどんどん上がっていくと感じます。

 

 

 

 

 

実戦でありえそうなパターン(コース、球種)の打ち方を素振りによって感覚として身に着けます。

 

 

 

 

 

それをフリーバッティングや実戦で感覚から、実際のバッティングの中に活かしていきます。

 

 

 

 

 

これができるのが素振りの最大の魅力だと思っています。

 

 

 

 

 

流れとしては

 

 

 

 

素振りによって各コースのヒットの打ち方を感覚として身に着ける

 

        

 

フリーバッティングなどで実際にボールを打つことで感覚の微調整をする

 

 

 

 

 

このような感じになります。

 

 

 

 

 

よくわからないという方は、とりあえずただ素振りを行うのではなく実際にピッチャーのイメージ像を作ることから始めてみて下さい。

 

 

 

 

後に打った後の打球も見えてこれば良いと思います。

 

 

 

 

ストライクゾーン9分割を各コースしっかりと打てるイメージができるようにできればいいでしょう。

 

 

 

 

 

あとは実際にボールを打ちながら微調整をして修正を加えていきます。

 

 

 

 

 

また、試合前などでは対戦相手の投手が分かっている場合はその投手のイメージを作れればより良いと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は最も基本的なバッティング練習ともいわれる素振りについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

記事中でも紹介したように素振りは一見バットを振るだけの練習メニューに見えますが意識すれば他のバッティング練習との明確な差別化ができます。

 

 

 

 

 

素振りだからこそできる最大のメリットを最大限に活かし、素振りをより意味のあるバッティング練習にしましょう。

 

 

 

 

 

毎日行う人が多い練習メニューだからこそ、意味のあるものにし、今よりも良いバッターを目指しましょう。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

バッティングには上達、打率を上げる妨げになる要素がが7つあります。

 

 

 

それが

 

 

・肩に力が入っている

 

・ボールを待てない、打ちに行ってしまう

 

・体の開き

 

・体が突っ込んでしまう

 

・バットが悪い形で下から出る

 

・スイングが外回りしてしまっている

 

・バットが出てこない

 

 

この7つです。

 

 

 

バッティングにおいてまず大切なのは基礎を作ること、基本的なスイングを身に着けることです。

 

 

これが出来ずにいろいろな技術などを身に着けようとしたり、取り入れようとしても基礎となるスイングが正しく出来ていないとなかなかバッティング上達にはつながりません。

 

 

 

そしてこの7つの要素に焦点を集中させることで、7日間で正しい基礎となるスイングを身に着けることが出来ます。

 

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習メニュー。詳しくはこちら

おすすめ記事