ホームラン 打率 上げる ティーバッティング

練習メニュー2

練習メニュー1で紹介したトスバッティングを完璧にできるようになったら次のメニューへ行きます。

 

 

練習メニュー1をまだ見てない人は、サイト左のメニュー欄からご覧ください。

 

 

なお、練習メニュー1で紹介したトスバッティングがまだできない人はまだこのメニューはやらないでください。

ティーバッティング1

ここでいうティーバッティングとは、トスしてもらったボールをネットに打つメニューです。

 

 

ここで意識してもらいたいのは、トスバッティングで身につけた自分の打撃ポイントで強く打てるようにすることです。

 

 

トスバッティングでは芯に当てることを意識してもらったので今度は芯に当てつつ、力強い打球をを打つ練習をします。

 

 

ここではより強い打球を打つことを意識してください、もちろん芯に当てることは大前提です。

 

 

芯に確実に当てれて、かつ自分のポイントで打てて、より強い球を打てる自分の打撃フォームを見つけて、そのフォームを固めましょう。

 

 

打撃フォームについてはサイト左のメニュー欄の「打撃フォームについて」で詳しく、分かりやすく説明しているのでまだの方はご覧ください。

 

 

 

このメニューではゆっくりのトスなので芯には100パーセント確実に当てるのは当たり前です。

 

 

このメニューで一番大事なのは

 

 

芯に当たり、自分のポイントで打てて、より強い打球を打つこの作業を

 

 

100パーセント確実に成功し、ひたすら続けて打撃フォームを体に覚えさせることです。

 

 

この作業はヒットの確率、つまり打率を上げるうえでとても重要です。練習のある日は必ずやって下さい。

 

 

もう身についたと思っても毎日必ずやって下さい。

 

 

安定かつ高い打率を残すには常に自分の打撃フォームで打つことがとても重要になります。確認の意味も込めて必ずやって下さい!

ティーバッティング2

少し違ったティーバッティングを紹介します。

 

 

通常ティーバッティングと言ったら、右バッターの場合右斜め前から、左バッターの場合左斜め前からボールを投げてもらいます。

 

 

最初はこれで良いのですが、上で紹介した「ティーバッティング1」をやった後にやってもらいたいのは

 

 

右バッターは左斜め前、左バッターは右斜め前からボールを投げてもらって打つことです。

 

 

これは、なぜかというとトスバッティングで意識してほしいと言った「相手ピッチャーに自分の胸を見せない

 

 

これの練習です。

 

 

インコースから向かってくるボールを体が開いては、つまりピッチャーに胸を見せては正面には打てません。

 

 

自分のポイントまでボールを呼び込み、芯で確実に打つ練習をこのティーバッティングでしてください。

 

 

(相手ピッチャーに胸を見せてはいけない。についてはサイト左のメニュー欄、練習メニュー1で紹介してますのでまだの方はご覧ください。)

 

 

ですがこのメニューはボールを投げる側の人が普通のティーバッティングより危ないので打つ側も、投げる側も必ず注意してやって下さい。

 

最速で打率を上げる次のメニューはこちら

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら