ホームラン 打率 上げる ティーバッティング

練習メニュー2

練習メニュー1で紹介したトスバッティングを完璧にできるようになったら次のメニューへ行きます。

 

 

練習メニュー1をまだ見てない人は、サイト左のメニュー欄からご覧ください。

 

 

なお、練習メニュー1で紹介したトスバッティングがまだできない人はまだこのメニューはやらないでください。

ティーバッティング1

ここでいうティーバッティングとは、トスしてもらったボールをネットに打つメニューです。

 

 

ここで意識してもらいたいのは、トスバッティングで身につけた自分の打撃ポイントで強く打てるようにすることです。

 

 

トスバッティングでは芯に当てることを意識してもらったので今度は芯に当てつつ、力強い打球をを打つ練習をします。

 

 

ここではより強い打球を打つことを意識してください、もちろん芯に当てることは大前提です。

 

 

芯に確実に当てれて、かつ自分のポイントで打てて、より強い球を打てる自分の打撃フォームを見つけて、そのフォームを固めましょう。

 

 

打撃フォームについてはサイト左のメニュー欄の「打撃フォームについて」で詳しく、分かりやすく説明しているのでまだの方はご覧ください。

 

 

 

このメニューではゆっくりのトスなので芯には100パーセント確実に当てるのは当たり前です。

 

 

このメニューで一番大事なのは

 

 

芯に当たり、自分のポイントで打てて、より強い打球を打つこの作業を

 

 

100パーセント確実に成功し、ひたすら続けて打撃フォームを体に覚えさせることです。

 

 

この作業はヒットの確率、つまり打率を上げるうえでとても重要です。練習のある日は必ずやって下さい。

 

 

もう身についたと思っても毎日必ずやって下さい。

 

 

安定かつ高い打率を残すには常に自分の打撃フォームで打つことがとても重要になります。確認の意味も込めて必ずやって下さい!

ティーバッティング2

少し違ったティーバッティングを紹介します。

 

 

通常ティーバッティングと言ったら、右バッターの場合右斜め前から、左バッターの場合左斜め前からボールを投げてもらいます。

 

 

最初はこれで良いのですが、上で紹介した「ティーバッティング1」をやった後にやってもらいたいのは

 

 

右バッターは左斜め前、左バッターは右斜め前からボールを投げてもらって打つことです。

 

 

これは、なぜかというとトスバッティングで意識してほしいと言った「相手ピッチャーに自分の胸を見せない

 

 

これの練習です。

 

 

インコースから向かってくるボールを体が開いては、つまりピッチャーに胸を見せては正面には打てません。

 

 

自分のポイントまでボールを呼び込み、芯で確実に打つ練習をこのティーバッティングでしてください。

 

 

(相手ピッチャーに胸を見せてはいけない。についてはサイト左のメニュー欄、練習メニュー1で紹介してますのでまだの方はご覧ください。)

 

 

ですがこのメニューはボールを投げる側の人が普通のティーバッティングより危ないので打つ側も、投げる側も必ず注意してやって下さい。

 

最速で打率を上げる次のメニューはこちら

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら