野球 タイミング 取り方 山田哲人 坂本勇人

タイミングの取り方

バッティングにおいてタイミングはとても重要です。

 

 

あのトリプルスリーを2年連続で達成したヤクルトスワローズの山田哲人選手もタイミングがすべてと言っていたのを聞いたことがあります。

 

 

僕はタイミングがすべてとまでは言いませんがバッティングにおいて大切なことはたくさんありますがその中でもかなり重要な部分になってくるのがタイミングです。

 

 

僕自身こうしてヒットの打ち方について紹介していますがポジションはピッチャーでした。

 

 

僕がバッターと対戦するときに一番意識していたのはいかにバッターのタイミングを外し崩させて打たせるかです。

 

 

他のピッチャーの人はどういう風に投げているかわかりませんがだいたいのピッチャーはこのことを意識していると思います。

 

 

タイミングさえ外せばある程度打ち取れます。だからこそタイミングはバッティングにおいてものすごく大事な部分になってくるのです。

 

 

もちろんすごいバッターは崩されても打てるのですが、崩されないほうが打てるのは間違いありません。

 

 

タイミングをうまくとって、結果タイミングが外されてフォームが崩れてもヒットにできる。

 

 

これが理想です。

 

 

なのでタイミングと取り方を紹介したいと思います。

 

(あくまで僕個人の考えですので、合わない人合う人がいます)

 

タイミングはどこでとるのか

タイミングの取り方と言われても感覚的な部分でもあるような気がしますが、タイミングの取り方と言っても色々あります。

 

 

先ほど名前を挙げたヤクルトスワローズの山田哲人選手の場合はあの独特の打つ前にバットのヘッドを上にあげるような動き。

 

 

あれでタイミングを取っているのです。僕はあの動きを上半身でタイミングを取っているという風に認識しています。

 

上半身でタイミングを取るといっても山田選手のような動きだけではありません。

 

 

僕自身も上半身でタイミングをとるタイプだったのですが、僕は構えるときにバットを体の前に構えて、テイクバックでピッチャーと自分のリズムを合わせながらタイミングを取っていました。

 

 

という風に上半身でタイミングを取るといっても色々あるので自分のタイミングの取りやすい動作などを探してください。

 

 

上半身でタイミングを取るというのを紹介しましたが、ほとんどの選手は上半身でタイミングを取りません。

 

 

僕の認識だと下半身でタイミングを取っています。

 

 

下半身でタイミングを取るというのは、簡単にいうと体重移動の流れでピッチャーとのタイミングを合わせて打つというものです。

 

 

プロ野球の選手でいうとわかりやすいのは巨人の坂本選手なんかは下半身でタイミングを取っていると思います。

 

 

どっちが正解というのはないと思いますが個人的には下半身でタイミングを取ったほうがいろいろな球にも対応できるような気がします。(正解は分かりません)

 

 

でも僕は下半身でタイミングを取るのが少し難しく感じたので上半身でタイミングを取っていました。

 

 

どちらにするのかは人それぞれなのでなんとも言えませんがどちらにしても、タイミングが大事なことは間違いないです。

 

 

是非自分に合った、崩されないタイミングの取り方を見つけて下さい。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

スイングスピードの上げ方とは?筋トレや重いバットでの素振りは逆効果?

 

スイングスピードの上げ方をご存知でしょうか?やっている人が多い筋トレや重いバットでの素振りは逆効果なのを知っていますか?スイングスピードの上げ方はこちらの記事で紹介しています。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

 

マスコットバットでの素振りは効果がないからやめるべき!

 

スイングスピードを上げたいからマスコットバットを振る。多くの人がやっていることですが実はこれ、大きな間違いです。マスコットバットでの素振りはむしろ逆効果?詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!?ウソみたいな話ですが科学的にも証明済み!?その効果や理由など、詳しく紹介しています。

 

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

素振りは最強のバッティング練習!?最も基本的なバッティング練習と言われる素振りにはものすごい効果があるんです。そんな素振りの本質を知ることで打率を一気に上げることができます。

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

短尺バット。多くのプロ野球選手が練習で愛用する理由とは?またその効果は?あの球界を代表するスラッガーも愛用!?

 

 

インコースの打ち方!坂本勇人の打ち方を解説

 

インコースが打てない...。そんなあなたにインコース打ちの天才坂本勇人選手から学ぶインコースの打ち方を徹底解説します。

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

タイミングはバッティングにおいてすごく重要です。タイミングの取り方って実はいろいろあるんです。そこで球界を代表するバッター二人の山田哲人選手と坂本勇人選手のタイミングの取り方を解説しています。

 

ヒットを打つためのメンタル維持とは?打席で余計なことを考えないために

 

野球は技術だけでなくメンタルも結果に大きく影響します。ヒットを打つためのメンタル維持方法とは?打席で余計なことを考えない方法とは?

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!

 

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

 

数ある練習メニューの中でも個人的に特に効果があると感じるのがトスバッティングやティーバッティングなどと言った基本的なメニューです。どこのチームでもやっているような練習メニューをさらに効果的に行う方法とは?

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

数ある人気の硬式バットの中で本当におすすめできるものやその魅力などをランキング形式で紹介しています。一位はやっぱり...