野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

バッティングの上達には当然バッティング練習が必要になりますし、何もせずにバッティングが良くなるなんてことはないでしょう。

 

 

 

 

どのような目的をもって、その練習がどうバッティングに活きてくるのか。

 

 

 

 

そういった点をしっかりと意識してバッティング練習は行う必要があります。

 

 

 

しかし、そうは言うものの、

 

 

 

「このバッティング練習はどういった意味があるのか?」

 

 

 

 

「このバッティング練習は意味あるの?効果あるの?」

 

 

 

 

このように思いながらバッティング練習をしている選手も少なくないです。

 

 

 

 

実際、自分自身でバッティング練習を決めて行うことはチームでのスポーツである野球においては難しい部分はあります。

 

 

 

 

ほとんどのチームは監督、もしくはコーチ的な立場の人がバッティング練習もそうですが練習メニューを決めて、選手はそのメニューを行うという形だと思います。

 

 

 

 

もちろんそれが悪いことではないのですが、どういった目的で行うバッティング練習なのかを理解していないと、ただこなすだけのバッティング練習になってしまいます。

 

 

 

 

 

ではバッティング練習とは一体どんな練習をすればいいのか?どんなバッティング練習が打撃上達に効果的なのか?

 

バッティング練習はこれをするべき!

バッティング練習には様々な方法がありますが中でも私が個人的にやるべきだと思うバッティング練習は

 

 

 

トスバッティング

 

 

ティーバッティング

 

 

ロングティー

 

 

 

フリーバッティング

 

 

 

 

この4つです。

 

 

 

 

様々なバッティング練習メニューの中で、あえてどこのチームでもやるような基本的と言いますか、一般的なバッティング練習をおすすめします。

 

 

 

 

また、上から順番に行うとより効果的だと私は思っています。

 

 

 

 

ただし、もちろんただこれらの練習メニューを行うだけではあまり意味がないです。

 

 

 

 

こういったどこのチームでも行うバッティング練習をいかに意識や目的をもって行えるかが重要になってきます。

 

 

 

 

ではこれら3つのバッティング練習のそれぞれのポイントや意識する点などについて紹介していきたいと思います。

トスバッティング

まずはトスバッティングから。

 

 

 

 

トスバッティングとはいろいろなやり方がありますが、ここで私が紹介するのは普通に正面から投げてもらいそれをワンバウンドで打ち返すといったいたって普通のトスバッティングです。

 

 

 

 

このトスバッティングを行う際に意識すべき点は

 

 

 

確実にワンバウンドで返すこと

 

 

バットの芯に確実に当てることと

 

 

ボール球は振らない

 

 

 

 

この3つです。

 

 

 

 

確実にワンバウンドで返すのはバットコントロールという点で重要ではありますが、それよりも自分の打つミートポイントの確認という目的が一番強いです。

 

 

 

 

 

投げた人にしっかりとワンバウンドで返すには自分のミートポイント、つまり打ちやすいポイントで打つことが求められます。

 

 

 

 

もちろん多少ポイントがズレても、ワンバウンドで返すことは出来なくもないですが、トスバッティングでは軽く投げた球を打ち返すわけですので100%ワンバウンドで返すことが当たり前と言っても過言ではありませんし、当然それを目指してください。

 

 

 

 

100%ワンバウンドで返すにはやはり自分のポイントで打つことが重要になります。

 

 

 

 

いろいろなコース、高さにボールを投げてくるわけですが、その中で各コースや高さのボールをどのようにして自分のポイントで打つかをなんとなくや感覚で良いので体に覚えさせます。

 

 

 

 

続いては芯で打つことです。

 

 

 

 

芯で当てることはバッティングにおいて非常に重要ですし、100%芯で当てることがバッティングにいて理想だと思います。

 

 

 

 

しかし、実際にそれは非常に難しいです。

 

 

 

 

ですがこのトスバッティングでは軽く投げた球ですので芯に当てることも割と簡単に出来ます。

 

 

 

 

先ほど同様100%芯で当てることを目標にして行ってください。

 

 

 

 

先ほどもポイントも意識すると、各コース、高さのボールをどのように自分のポイントで、かつ芯で打つのかを感覚で身に着けていってください。

 

 

 

 

最後はボール球は振らないことを心がけて下さい。

 

 

 

 

トスバッティングは多くのチームがバッティング練習として採用していますが、正直退屈ですし、あまり面白くないメニューでもあります。

 

 

 

 

なので作業のようにバッティング練習をこなしている選手が多いです。

 

 

 

 

そこで多少のボール球は打ってしまっている選手が多くいます。

 

 

 

 

そこは正確にボール球は振らないように意識してください。

 

 

 

 

ですので理想を言えば3人1組でピッチャーバッターと、キャッチャーもつけて行うと効率よく回ります。

 

 

 

 

以上がトスバッティングのやり方と意識するポイントです。

 

 

 

ティーバッティング

続いてはティーバッティングについて紹介していきます。

 

 

 

先ほど紹介したトスバッティングを行うことで、各コースの自分のポイントで芯で打つ感覚を何となくでもいいので体に覚えさせたと思います。

 

 

 

 

次はティーバッティングで実際に試合と同様その打ち方で各コースを力強くスイングしていき、そのスイングを固めていきます。

 

 

 

 

ティーバッティングではトスされたボールを打つので先ほど同様芯で当てることも自分のポイントで打つことも割と簡単に出来ます。

 

 

 

 

なので大前提としてこれらは100%の確率で出来るようにしていきましょう。

 

 

 

 

その中でしっかりと力強いスイングをすることを心がけて下さい。

 

 

 

 

何度も何度も自分のポイント、と各コースの打ち方や自然なバットの出し方などを確認するように打ってください。

 

 

 

 

 

このようなティーバッティングを行うことで、先ほどのトスバッティングで身に着けた感覚をより力強いスイングでも行えるようにしていきます。

 

ロングティー

最後はロングティーです。

 

 

 

 

ロングティーではこれまで行ったことをすべて意識し、より遠くへ飛ばすことを考えてティーバッティングを行っていきます。

 

 

 

 

ロングティーはピッチャーの投げるためを打つのと違い、自分のスイングによる力でしかボールを飛ばすことができませんし、自分のスイングの状態が打球に表れやすいです。

 

 

 

 

基本的には意識すべき点はティーバッティングと変わりませんが、より遠くへ強い打球を打てるように意識してみて下さい。

 

 

 

 

その中でよかった感覚を確認しながら、どのようにして打てばボールを飛ばすことができるのか、を自分で確認していきます。

フリーバッティング

最後にフリーバッティングでピッチャーの投げる球を打っていきます。

 

 

 

 

これまでのバッティング練習でいろいろなコースの打ち方や芯での打ち方、ボール飛ばし方などを感覚として身についていると思います。

 

 

 

 

その感覚をフリーバッティングで実際にピッチャーが投げる生きた球を打つことでより実戦的なものにしていきます。

 

 

 

 

当然これまでとは違い、どのコースに来るのかは分かりませんし、そもそも球のスピードも違います。

 

 

 

 

そういったボールに対し、いかにこれまでのバッティング練習のようにスイングができるか、これまでのバッティング練習のように打てるかが重要になってきます。

 

 

 

 

最終調整のような感覚で、いままでのバッティング練習の感覚をより実戦的なものに仕上げることを意識してフリーバッティングを行ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はバッティング練習として4つのメニューを紹介させていただきました。

 

 

 

 

あえてどこのチームでも行うようなメニューを紹介させていただきましたが、どこのチームでもやっているバッティング練習だからこそ、他のチームよりも意識を高く持って練習することで差をつけることができます。

 

 

 

 

それに今回紹介しバッティング練習は正直てきとうにこなしている選手が多いのも特徴です。

 

 

 

 

だからこそ、今回紹介したバッティング練習を意味のある練習にする必要があります。

 

 

 

 

今回紹介した4つのバッティング練習をローテーションのように続けてみて下さい。

 

 

 

 

すぐに打てるようになるかどうかは個人差があると思いますが、何度も何度も繰り返すうちにバッティング上達のヒントや感覚を得られると思います。

 

 

 

 

もしよかったら今回紹介したバッティング練習方法を参考にしてみて下さい。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?