ホームラン ヒット 打ち方 バッティング 上達

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

今よりもっと打てるようになりたい

 

 

 

ホームランが打てるようになりたい

 

 

 

 

ヒットが打てるようになりたい

 

 

 

 

野球をやっている人なら当然のように誰しもが思うことです。

 

 

 

 

しかし思っていてもなかなか思うように打てないことが多いのがバッティングというものです。

 

 

 

 

では今より打てるようになるためにはどうしたらいいのか?

 

 

 

 

ホームランを打つためには何をすればいいのか?また、ホームランの打ち方とは?

 

 

 

 

今よりもヒットを打てるようになり、打率を上げるためには?ヒットの打ち方とは?

 

 

 

 

今回はそんなバッティング全体における上達方法をまとめました。

 

 

 

 

ヒットの打ち方

まずはヒットの打ち方について紹介していきます。

 

 

 

ホームランを狙って簡単に打つというのは難しいですがヒットを狙って簡単に打つことは実はそれほど難しくありません。

 

 

 

 

色々な打撃指導法がありますがヒットを打つために必要なことは意外と少なく、重要なポイントさえ理解すれば簡単です。

 

 

 

 

それではヒットの打ち方について紹介していきます。

 

 

 

・打撃ポイントの位置

 

 

 

ヒットを安定して打つのとバッティング上達において個人的に最も重要になると思うのは打撃ポイントです。

 

 

 

 

ここでいう打撃ポイントとはボールをバットで打つ位置のことです。

 

 

 

 

それぞれこの位置が一番しっかりとボールを打てる!というような打撃ポイントがあります。

 

 

 

 

そのポイントでバッティングを行うことが出来れば強い打球や大きな打球が打てる確率も自然と上がっていきます。

 

 

 

 

ただ問題なのはそこではないです。

 

 

 

 

実際打撃ポイントが重要なんてことはほとんどの人が知っていることです。

 

 

 

 

問題なのは打撃ポイントは人それぞれ違うということなんです。

 

 

 

 

よく、「ポイントは前で打て」なんて指導を耳にします。

 

 

 

 

こういった指導を完全否定するつもりはありませんが必ずしもそうというわけではないですのであまり好きではありません。

 

 

 

 

先ほども言ったようにポイントというのは人それぞれ微妙に違い理屈などよりも感覚に近いものがあります。

 

 

 

 

なのでポイントはココだ!という指導よりも自分に合ったポイントの探し方を教える方が指導としては正しいと思っています。

 

 

 

 

ちなみに自分に合ったポイントを探す方法として効果的な練習メニューがトスバッティングです。

 

 

 

どこのチームもやっている普通の練習メニューですし、正直退屈なメニューではあります。

 

 

 

 

ただ意識する点をポイントさえ理解すればトスバッティングはものすごい効果的な練習メニューになります。

 

 

 

 

詳しくは最速で打率を上げるトスバッティングで紹介していますので参考にして下さい。

 

 

 

 

そしてこの自分の打撃ポイントを見つけさえすればあとはいかにそのポイントで打てるかが重要になってきます。

 

 

 

 

ポイントを見つけたら次にそのポイントで打つ練習です。

 

 

 

これは簡単でティーバッティングなどでひたすらそのポイントで打つのを繰り返しましょう。

 

 

 

 

ここで打つぞ!という意識よりも体に覚えさせた方が結果的に早いです。

 

 

 

 

その後は芯に当てる確率を上げたり、打球に角度をつける練習などをしていきます。

 

 

 

 

これらを練習によって身に着けることでヒットは今よりも確実に打てるようになります。

 

 

 

 

シンプルかつ簡単を追求してたどり着いた打撃理論と練習メニューを紹介していますので下の記事を良かったら参考にしてください。

 

 

 

独自の打撃理論

 

 

 

また練習メニューの順番や注意すべき点などもしっかりと紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームランの打ち方

ヒットの打ち方については紹介しましたがホームランを簡単に打つのは難しいです。

 

 

 

 

しかしホームランにも打ち方やコツというものが存在します。

 

 

 

 

基本的にはヒットの打ち方と同じことを軸にバッティングをするのですがそれに加えて

 

 

 

角度

 

 

 

力の伝え方

 

 

 

タイミング

 

 

 

これらが必要になります。

 

 

 

 

まずホームランを打つには当然角度が必要です。

 

 

 

 

角度をつけるためにはバットの出し方や入れ方が非常に重要になります。

 

 

 

 

ただアッパー気味で振れば良いというわけではないです。

 

 

 

 

角度のつけかたを正しく身に着けるにはロングティーが効果的です。

 

 

 

 

続いて力の伝え方について。

 

 

 

 

体重移動やタメなどがこれに当てはまります。

 

 

 

正直ヒットを打つだけならこれらは絶対必要というわけではありません。

 

 

 

 

しかしホームランを打つとなるとよっぽどパワーのある選手でなければこれらは必要です。

 

 

 

 

体重移動やタメなどを意識してボールにしっかりとパワーを伝えることで飛距離を伸ばすことができます。

 

 

 

続いてタイミング。

 

 

 

こちらも先ほど同様タイミングを崩されてはパワーのある選手ではない限りホームランは難しいです。

 

 

 

 

いかにタイミングを外されず、自分のバッティングができるかが重要になってきます。

 

 

 

 

あの山田哲人選手もタイミングが全てと言っているほどです。

 

 

 

 

と言ってもタイミングの取り方にも色々あるのをご存知でしょうか?

 

 

 

タイミングの取り方については下の記事で山田哲人選手や坂本勇人選手を例に詳しく紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

 

 

 

あと、ホームランの打ち方について1つ注意点があります。

 

 

 

 

それはパワー=筋肉は間違いということです。

 

 

 

 

ホームランを打ちたいから、飛距離を伸ばしたいから筋トレをたくさんするというのは良くないですし逆効果になることが多いです。

 

 

 

 

詳しくは筋トレはバッティングに必要か?肉体改造についてで紹介していますが筋肉が必ずしも飛距離に影響するわけではありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

バッティング上達方法やホームラン、ヒットの打ち方についてまとめました。

 

 

 

 

個人的にはヒットをまず打てるようにすることでホームランを打てるようになる近道だと思っています。

 

 

 

 

練習の中で何か気付くこともあると思います。

 

 

 

 

そういった1つ1つの発見がバッティング上達のカギになります。

 

 

 

 

今よりも高い打率を、今よりも強い打球を、今よりも遠くへ打球を。

 

 

 

 

いろいろ求めることはあると思いますが今よりもいいバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

 

最速で打率を上げる練習メニュー

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!