ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

バッティング 飛距離を伸ばすのに必要なことを紹介!

バッティングにおいていろいろな物を求めると思います。

 

 

その中の一つに飛距離というものがあります。

 

 

より遠くへ打球を飛ばしたい

 

 

野球人ならおそらくほとんどの人が思うことです。

 

 

では飛距離はどのようにして伸ばすのか?

 

 

ここが今回のポイントなのですが、多くの人が飛距離の伸ばす方法を勘違いしています。

 

 

その代表例がパワーをつけるための筋トレ。

 

 

筋トレが全て悪いわけではないのですが飛距離を伸ばすということに関していえば必要ないです。

 

 

詳しくはこちらの記事で体験談も交えて詳しく説明していますのでご覧ください。

 

 

ではバッティングの飛距離はどのように伸ばすのか?

 

 

今回はそんな飛距離を伸ばすのに必要なことを紹介していきます。

 

飛距離を伸ばすのに必要なこと

それでは本題に入ります。

 

 

飛距離を伸ばすのに必要なことは

 

 

・回転

 

 

・力の伝え方

 

 

この二つです。

 

 

一つずつ説明していきます。

 

 

まずは回転

 

 

回転とはボールに回転をかけるということです。

 

 

打球にバックスピンをかけることで打球が伸びます。

 

 

回転がかかっているのとかかっていないのとではその差はものすごいです。

 

 

飛距離=パワーみたいなイメージがあるかと思いますがこういったパワーではなく技術的な部分で飛距離を伸ばすこともできます。

 

 

しかし回転をかけるのは簡単なことではないです。

 

 

自分で意図して回転をかけれるようになるには時間が少しかかります。(早い人は早いです)

 

 

しかしこの技術が身につくだけで飛距離はもちろんですが打球の質が変わります。

 

 

時間をかけてでも身に着けておきたいことですので是非身に着けて下さい。

 

 

回転のかけ方についてはこちらの記事で詳しく説明していますのでよかったらご覧ください。

 

 

次に力の伝え方です。

 

 

どういうことかというと体全体の力をうまくボールに伝えることです。

 

 

先ほどの回転は技術で飛距離を伸ばすといった感覚ですがこちらはパワーです。

 

 

自分にはパワーがない,,,

 

 

などと思っている人も体全体の力をうまくボールに伝えることが出来ればそれだけですごいパワーになります。

 

 

ではどのようにして体の力をボールに加えるか。

 

 

ただ思い切り振れば良いわけでもないです体全体を使って大振りするわけでもないです。

 

 

体重移動や下半身の力の使い方など筋力以外の部分をうまく使うことです。

 

 

こういった力をうまくボールに伝えることでパワーがなくても飛距離を伸ばすことができます。

 

 

しかし体重移動や下半身の使い方は間違った習得をするとバッティングが下手になりますし飛距離は伸びませんので注意してください。

 

 

正しい体の使い方を身につけましょう。

 

まとめ

今回はバッティングの飛距離を伸ばす方法というのをテーマに紹介させていただきました。

 

 

最初にも言いましたが飛距離=パワーではないです。

 

 

そして、パワーをつける=筋トレでもないです。

 

 

最後に

 

 

バッティングの飛距離を伸ばす方法は

 

 

回転

 

 

力の伝え方

 

 

この二つです。

 

 

これらのことをバッティングで活用すれば飛距離は今より確実に伸びます。

 

 

是非とも身に着けて下さい!

 

 

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

 

関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

鋭く伸びる打球の打ち方

 

鋭く伸びる打球の打ち方とは?その答えは「回転」にあります。そんな回転について詳しく説明した記事です。

 

 

体重移動がよくわからない人へ

 

飛距離を伸ばすのに必要不可欠なのが体重移動。しかし体重移動がよくわからない、体重移動ってなに?体重移動がよくわからない人は意外と多いです。そんな人に向けて独特の体重移動のわかりやすい説明をしています。

 

 

飛距離を一気に伸ばす方法

 

飛距離を一気に伸ばす練習メニューなんてあるのか?あります!飛距離を一気に伸ばしたい方必見の練習メニューはこちらの記事!

 

 

ホームランの打ち方とコツを紹介!野球人必見!

 

誰もが打ちたいホームラン。知っていましたか?実はホームランって打ち方があるんです!そんなホームランの打ち方とコツについて紹介しています。