バッティング 動体視力の強化で成績を上げる!打撃上達方法

バッティング上達には技術の向上が大切

 

 

 

 

このように思っている人は多いです。

 

 

 

 

もちろん、バッティング上達にはバッティング練習や、バッティングの技術向上につながることを行うことは大切ですし、バッティング上達において最も重要と言ってもいいでしょう。

 

 

 

 

私が今回紹介したいのが、バッティングの上達は技術面の向上だけではないということです。

 

 

 

 

バッティングの成績を上げようと、技術面ばかりを向上させがちですが、バッティングにはそういった点以外にも必要なことはありますし、バッティングの上達に非常に効果があることがあります。

 

 

 

 

 

そして今回紹介するのがタイトルにもあるように動体視力の強化です。

 

 

 

 

動体視力は一見、バッティングのスイング、バッティングフォーム、他にもボールを飛ばすことなどに関係ないように見えますが、実はっバッティングにおいて非常に重要なことなんです。

 

 

 

 

今回はバッティングにおける動体視力の強化による効果やメリット、動体視力の鍛え方などについて紹介していきたいと思います。

 

バッティングと動体視力の関係

まずはバッティングと動体視力の関係について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

動体視力とはわかりやすく言うと動いているものの情報を正確に処理する能力のことです。

 

 

 

 

まず当たり前なことですが、バッティングはピッチャーが投げたボールを打つことです。

 

 

 

 

この時、ボールを打つか打たないかの判断はどのようにしているでしょう?

 

 

 

 

 

それは目で見たボールの情報(コースや高さ)をもとに、自分が打てると判断したときにスイングの動作に入ります。

 

 

 

 

 

ではこの時、動体視力が弱い人の場合、どういったことが起こるのか?

 

 

 

 

ピッチャーが投げたボールの情報が正確に処理できず、打てると判断し処理したボールの情報と実際のボールとの間に誤差が生じてしまいます。

 

 

 

 

 

こういったことが原因で打ち損じが増えたり、打てると思った球を空振りしてしまったり、もっと言えばボールだと思って見逃した球が普通にストライクだったというようなこともあります。

 

 

 

 

 

では逆に動体視力が良い人の場合はどうでしょう?

 

 

 

 

ピッチャーが投げたボールの情報をより正確に処理することで、自分の打てるボール打てないボールの判断はもちろんですが、細かいストライクボールの判断と、その球に対する正しいスイングの動きというものができます。

 

 

 

 

この動体視力の差はバッティングにおいて非常に大きいです。

 

 

 

 

実際、プロ野球などを見ても、技術や体力の衰えは感じていないものの、動体視力の低下が原因でバッティングの成績が悪くなる選手は多くいますし、実際に引退を決意した理由が動体視力と視力の低下だったという選手も多くいますし、そういった選手にお会いする機会も何度もありました。

 

 

 

 

いくら良いスイングをできる選手、いくらボールを遠くへ飛ばせる選手でも動体視力が悪いことで、ボールをしっかりと打つことができないことは良くある話です。

 

 

 

 

動体視力を鍛えることで以上のようにボールの情報をより正確に処理できるようになり、ジャストミートの確率も上がり、バッティングの上達に大きくつながるでしょう。

 

 

 

 

それだけでなく、選球眼がよくなり四球が増え出塁率が増えたりもしますし、バッティング以外でも野球全般のプレーに動体視力は活きてきますので野球選手としてのパフォーマンス向上にも大きくつながると思います。

 

 

 

 

以上がバッティングと動体視力との関係です。

 

 

 

 

動体視力を鍛えることで得られるメリットはものすごくあります。

 

動体視力の鍛え方

では続いて動体視力の鍛え方について紹介していきます。

 

 

 

 

普通の視力の場合は一度落ちてしまうと、メガネやコンタクトレンズ、レーシックなどをすることで回復させることは出来ますが、自力での回復は難しいです。

 

 

 

 

しかし、動体視力の場合は自分で鍛えることが出来ますし、それが動体視力の特徴でもあります。

 

 

 

 

 

動体視力の鍛え方としてまず紹介するのが、指を使ったトレーニングです。

 

 

 

 

 

まず両手の親指を立てて、肩幅からそれより少し広いくらいの間隔で自分の前に位置させます。

 

 

 

 

 

この親指の先端を両目を動かしながら交互に見ていきます。

 

 

 

 

この時、顔は動かさず目だけを動かすことを意識してください。

 

 

 

 

10往復を3セットほど行えば十分です。

 

 

 

 

やることは基本的にこれと同じで、あとは親指の位置を上下にしてみたり、斜めにしてみたり、いろいろな位置にし、その指の先端を同じく目で追っていきます。

 

 

 

 

また、2人以上で出来る場合は相方に指を動かしてもらい、その指を目で追うというのも動体視力のトレーニングとして効果的です。

 

 

 

 

この時も顔は動かさないように意識し、慣れてきたら指を動かすスピードを早くしてもらいましょう。

 

 

 

 

これらをすべて行っても1日10分もかかりません。

 

 

 

たくさんやれば良いというわけでもないので1日10分程度この動体視力のトレーニングをするのを毎日続けることで動体視力は徐々に鍛えられていきます。

 

 

 

 

個人としてこのメニューを取りれてもいいですし、チームとしてどこのメニューの時間を作っているチームも多くあります。

 

 

 

 

 

続いて紹介するのが動体視力トレーニングメガネです。

 

 

 

 

動体視力トレーニングメガネとは見るチカラを鍛えるというのがコンセプトである、多くのアスリートが愛用するメガネです。

 

 

 

 

どういったメガネかと言いますと、かけるとレンズが点滅し、見えにくくなるのと同時に脳を活性化させていきます。

 

 

 

 

それと同時に眼の筋肉を刺激し、動体視力を鍛えていきます。

 

 

 

 

その他にも集中力の向上や判断力の向上などの効果もありますし、動体視力の低下を防ぐ効果もあります。

 

 

 

 

大学生、それ以上の社会人野球や草野球などでプレーする人はもちろんですが、小中高生といった動体視力の発達期に使用することで動体視力のピークである20歳ごろの状態まで動体視力を持っていくことを可能にします。

 

 

 

 

 

多くのアスリートが愛用しているのもそうですし、TVなどのメディアでも多く紹介されているものです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はバッティングの上達方法としてバッティングと動体視力の関係や動体視力の鍛え方などについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介しましたが、バッティングはもちろんですが、野球のプレーにおいて動体視力を鍛えることで得られるメリットは非常に多くあります。

 

 

 

 

バッティング上達と聞くと技術面ばかりに意識が行きがちですが、動体視力などの技術面以外のトレーニングも大切ですし効果があります。

 

 

 

 

動体視力を鍛え、今よりもバッティングの成績を上げ、今よりも良いバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

↓今回紹介させていただいた動体視力トレーニングメガネです↓

 

動体視力トレーニングメガネ

 



関連記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

ミート力を上げる方法!野球バッティング上達とコツ

 

三振をしないためというのももちろんですが、バッティングにおいてミート力は非常に重要です。そんなミート力を上げる方法とは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

バッティング バットにボールが当たらない人の解決方法!

 

バットにボールが当たらない、ジャストミートできないという選手必見!それらを解決する方法を紹介!