ホームランは難しくてもヒットは簡単に打てる!

バッティングが良くなる練習を紹介!打率の上げ方

バッティングが良くなる方法は?

 

 

 

 

野球人であればどうすれば今よりもバッティングが良くなるか?ということは常に考えていることだと思います。

 

 

 

 

実際、どうやったらバッティングが良くなりますか?という質問を良く受けます。

 

 

 

 

その答えとしては先に言ってしまえば練習をすることです。

 

 

 

 

ではバッティングを良くするためにどんな練習をすればいいのか?

 

 

 

 

効果のあるバッティング練習って何なのか?

 

 

 

 

今回はバッティングが良くなる練習について紹介していきたいと思います。

 

バッティングが良くなる練習

バッティングが良くなる練習として私がまずおすすめする練習メニューが素振りです。

 

 

 

 

素振りはバッティング練習の基本と言われており、毎日素振りをしている人も多いと思います。

 

 

 

 

ただそんな素振りですが個人的にはものすごいバッティング練習だと思っています。

 

 

 

 

 

素振りはやって当たり前、バッティングが良くなりたいのならとりあえずバットを振れ!みたいな風潮のようなものがあるため何気なく毎日素振りをしている人も多いと思います。

 

 

 

 

しかし、ただ振るだけでは素振りの効果は得られません。

 

 

 

 

素振りをいくつかのポイントを意識して行う事でバッティングが良くなる練習にすることができます。

 

 

 

 

 

そのポイントとして1つ挙げるとすればイメージ像を作り上げることです。

 

 

 

 

詳しくはこちらの記事でも紹介していますが素振りの最大のメリット、他のバッティング練習と差別化できる点がピッチャー像や球筋球種などをすべて作り上げることができることです。

 

 

 

 

 

各コース、いろいろな球種、球筋をイメージし、それをどうやって打ち返すかというのをイメージしながら素振りをしていきます。

 

 

 

 

よりリアルな像をイメージできればそれを感覚ではなく、実際に体に覚えさせることもでき、実戦でも同じように打てることもできます。

 

 

 

 

 

基本中の基本、誰しもがやっているバッティング練習だからこそ、周りより意識を高く持ち、素振りをすることで他の選手と差をつけることができます。

 

 

 

 

なのでバッティングが良くなる練習として素振りをしっかりと行ってみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

素振りについては下の記事で詳しく紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

 

 

【野球】素振りの回数って何回がベスト?振りすぎは効果がない?

 

 

 

 

 

2つ目はティーバッティングです。

 

 

 

 

こちらも先ほどの素振り同様ほとんどのチームがバッティング練習として取り入れているメニューです。

 

 

 

 

はっきり言ってこのティーバッティングですがバッティング練習として面白いかと言われると面白くはないでしょう。

 

 

 

 

実際にフリーバッティングなどのようにピッチャーが投げるためを打ったほうが楽しいというのはもちろんですし、効果があると思われがちです。

 

 

 

 

しかし、ティーバッティングはバッティングフォームを固める練習として素晴らしい練習メニューです。

 

 

 

 

バッティングフォームを固める練習メニューなら素振りで良いのでは?と思うかもしれませんが、ティーバッティングでは実際にボールを打てるという点で素振りとは差別化できます。

 

 

 

 

各コースにトスしてもらい、そのコースをいかに自分のバッティングフォームで打てるかどうか。

 

 

 

 

これをひたすらティーバッティングで確認しながら、体に覚えさせていきます。

 

 

 

 

 

こうして身に着けたものを実際にフリーバッティングでピッチャーが投げる生きた球を打ちながらより実戦向きなものに仕上げていきます。

 

 

 

 

 

バッティングが良くなる練習と聞くと、何か新しい技術などを身に着けるような練習をイメージしやすいですし、そういった練習メニューを取り入れがちですが、素振りやティーバッティングなどの基礎練習と言われるものをしっかりと行うことがバッティングが良くなる練習として本当に効果があると個人的には思っています。

 

 

 

 

実際、素振りやティーバッティングなどで、バッティングに必要な技術は身に着けることは可能です。

 

 

 

 

バッティングとは難しいイメージがあると思いますが実は意外とシンプルで、そういったことに気づくと自分がやるべきことというのが明確に見えてきます。

 

 

 

 

プロ野球選手でも新しいメニューをどんどん取り入れるというよりも、自分のバッティングの状態を維持するための基礎練習を徹底して繰り返している選手が多いです。

 

 

 

 

 

こういった基礎練習と言われるバッティング練習をしっかりとやれる選手というのが結果的に良いバッターになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はバッティングが良くなる練習について紹介させていただきました。

 

 

 

 

紹介したのは素振りとティーバッティングという基礎練習です。

 

 

 

 

こういった基礎練習をしっかりと意識を持って行うことでバッティングは良くなります。

 

 

 

 

また、誰でも知っている練習を紹介しましたが、知りたいことと違ったという方はいろいろな練習メニューを下の記事で目的別に紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

 

自分に足りないと思うところに重点を置いて見て下さい。

 

 

【野球】いろいろなバッティング練習方法を目的別に紹介!打撃上達方法

 

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!