野球 体重移動を身につけバッティングを上達させよう!

体重移動をしなさい!

 

 

 

野球をやっている人であれば一度は耳にしたことがある言葉だと思います。

 

 

 

 

実際、体重移動は正しく身につけることが出来ればバッティングにおいて大きな武器になります。

 

 

 

 

しかし、体重移動を身につけるのは良いことだと知っていても実際に体重移動をバッティングに活用しようとするとうまく出来なかったり、そもそも体重移動とは何なのかがいまいち分からなかったり。

 

 

 

 

 

他にも、体重移動を間違った形で覚えてしまっている選手が多くいます。

 

 

 

 

確かに体重移動は正しく身につけることでバッティングのパフォーマンスの向上につながりますが、間違った形や体重移動を正しく理解していないと逆に打てなくなる原因にもなります。

 

 

 

 

ですので、体重移動は正しく身につけることが求められます。

 

 

 

 

さて、では体重移動を身につけ、バッティングを上達させるには一体どうすればいいのか?

 

 

 

 

体重移動を身につけるにはどのようなバッティング練習をすれば良いのか?

 

 

 

また、そもそも体重移動とは何なのか?

 

 

 

 

今回はそんな野球のバッティングにおける体重移動について紹介していきたいと思います。

 

体重移動とは

そもそも体重移動とは何なのか?

 

 

 

体重移動とは、バッティングのスイング時に軸足側に体重をため、その体重を軸足から前の足へうまく移すことで、バットやボールに大きな力を伝えることです。

 

 

 

この体重移動をすることでより大きな力をボールに加えることが出来、強い打球や長打、ホームランが打てるようになります。

 

 

 

 

体重移動をうまく使ったスイングとは逆に、手打ちと呼ばれるスイングがあります。

 

 

 

 

個人的には別にこの手打ちが絶対悪いというつもりはないですが、体重移動をうまく使ったスイングに比べて、やはりボールに伝えることのできるチカラは劣ります。

 

 

 

 

実際にバットでボールを打つ際にやってみると分かりやすいと思います。

 

 

 

手だけでボールを打ってみた時と、下半身を使い体重移動を意識してスイングをするのとでは打球は全然違ってくるでしょう。

 

 

 

 

以上が体重移動の簡単な説明です。

 

 

 

 

しかし、個人的に問題なのはここではなく、最初にも言いましたが体重移動を間違った形で覚えている選手が多いということです。

 

 

 

 

そして、間違った体重移動はバッティングのパフォーマンスの低下、打てなくなる原因にもなります。

 

 

 

 

体重移動とはただ単に体重を移動させればいいものではないです。

 

 

 

 

間違った体重移動として多いのが軸足に体重を溜める際に、外側に体重が逃げてしまうことです。

 

 

 

 

体重を軸足にしっかりとためなくてはいけないところを、外側に逃げてしまうことで、体重移動が不十分になってしまったり、スイング時に軸がブレてしまう原因などにもなります。

 

 

 

 

他にも体重を軸足から前足に移動させることを意識するのが強すぎるあまり、体が前に突っ込んでしまう選手も多く見られます。

 

 

 

 

ただ体重移動をするだけではなく、正しく体重移動を行い、バットからボールへ力を伝えることが重要になります。

 

 

 

 

ではどのようにして体重移動は正しく身につければ良いのか?

 

 

 

続いて体重移動を正しく身につけるバッティング練習を紹介していきます。

体重移動を身につける練習

1つ目に紹介する体重移動を身につける練習は回転式のイスを使った素振りです。

 

 

 

 

回転式のイスとは一回転できる理想を言えば背もたれのついていない形のイスがベストです。

 

 

 

 

ない場合は座った状態でバットをスイングできるような回転するイスがあればそれでも十分です。

 

 

 

 

イスに座った状態でスイングをする場合、強いスイングをするには下半身を動かしながらイスをうまく回転させ、上半身に力を伝える必要があります。

 

 

 

 

手打ちの選手の場合、この回転式のイスに座って素振りをする場合、イスが回転せず、手だけでスイングをしているのがよくわかると思います。

 

 

 

 

回転式のイスを使うことで下半身の動きをスムーズにし、かつ下半身から上半身の動きの連動が非常に分かりやすくなります。

 

 

 

 

この時の下半身の動きがスイング時の体重移動の動きと非常によく似ています。

 

 

 

もちろん、座った状態でのスイングですので、実際のスイングとは微妙に違いますが、この段階では体重移動とは何か?下半身始動のスイングとは何か?

 

 

 

 

これらを感覚として身につけることが一番の目的です。

 

 

 

 

また、回転式のイス使った素振りだけでなく、座った状態でティーバッティングなどで実際にボールを打つのも良い練習だと思います。

 

 

 

 

イスに座った状態で強い打球を打つには下半身をうまく使わないと打てません。

 

 

 

 

まずは、このように回転式のイスを使い、体重移動とは、下半身始動のスイングとは何かを体に覚えさせていきます。

 

 

 

 

続いて紹介する体重移動を身につける練習は寸止めティーバッティングです。

 

 

 

 

寸止めティーバッティングでは先ほどの回転式のイスとは違い、実際に立った状態でより実戦向きな体重移動の感覚、下半身の使い方を身につけていきます。

 

 

 

 

寸止めティーバッティングのやり方はまず、両肘を両脇腹につけた状態でバットを自分の体の前に位置させ固定させます。

 

 

 

 

この状態でボールをバットで打っていきます。

 

 

 

 

注意する点は肘を脇腹から離さないこと。

 

 

 

 

このティーバッティングでは腕の力や上半身の力は一切使ってはいけないので肘はつけた状態のままでバットの位置も固定させてください。

 

 

 

 

また、この時に手首で打とうとしたりするのも禁止とさせていただきます。

 

 

 

 

ではどのようにして打つのかと言いますと、バットを固定した状態で下半身で体重移動を行い、軸の回転の中でボールにその体重をうまく伝えて打球を飛ばします。

 

 

 

 

下半身の体重移動をうまく行わないと、この寸止めティーバッティングでは打球を飛ばすことは難しいです。

 

 

 

 

まずは、近い距離でネットに向かって打っていく形で良いです。

 

 

 

 

体重移動やバッティング時の下半身の使い方を寸止めティーバッティングで身につけていきます。

 

 

 

 

当然、この形で強い打球を打つには下半身の使い方、体重移動をうまく行わないと無理ですのでよりう良い打球を打てるように意識しながら打っていきます。

 

 

 

 

そして、強い打球が打てるようになったら、今度はネットではなくロングティーと同じような形で寸止めティーバッティングで打球を遠くへ飛ばしていきます。

 

 

 

 

繰り返していくうちに下半身の使い方や体重移動が打球を飛ばすのにいかに重要かが分かるようになると思います。

 

 

 

 

ちなみに、この寸止めティーバッティング、腕や上半身の力を使いませんがトスされたボールをホームベースから外野フライあたりまで飛ばすことも出来ますし、選手によっては外野の頭を軽く超える打球を飛ばす選手もいます。

 

 

 

 

寸止めティーバッティングで打球が飛ばせるようになればなるほど、体重移動の重要性が分かると思います。

 

 

 

 

 

ここまで終えたら、あとはフリーバッティングなどの実際にピッチャーが投げた球を打つ練習でも同じように体重移動を行いスイングが出来るかどうかです。

 

 

 

 

 

ここまではバットを振ることや、トスされた緩い球を打つだけでしたので体重移動に意識を持っていきやすかったです。

 

 

 

 

しかし、実際にピッチャーのボールを打つとなると、バットにボールを当てることや、ストライクボールの判断、コースや球種の判断など多くの情報を処理しなくてはいけません。

 

 

 

 

そういった中でもしっかりと正しく体重移動を行い、かつボールをしっかりと打てるかどうかが重要です。

 

 

 

 

最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、徐々に体重移動をうまく使ったスイングを固めていくうちにピッチャーの投げえたボールでも同じようなスイングが出来るようになると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は野球のバッティングにおける体重移動について紹介させていただきました。

 

 

 

記事中でも紹介したように体重移動は正しく身につければバッティングの大きな武器になります。

 

 

 

 

しかし、間違った形で身につけてしまうと逆に打てなくなる原因にもなります。

 

 

 

 

体重移動が必ずバッティングに必要か?と言われると必ずしもそうではないですが、せっかく身につけるのであれば正しく体重移動を身につけ、バッティングに活かしたものです。

 

 

 

 

体重移動を正しく身につけ、今よりも良いバッター、いい成績を残せるように頑張って下さい。

 

 

 

 

 

おすすめ記事

ホームランを打ちたい人はこれをするべき!長打の打ち方

 

ホームランを打ちたい!そんな人が絶対にやるべき練習とは一体?長打やホームランの打ち方について紹介しています。

 

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーで飛距離を伸ばすにはどうすればいいのか?ロングティーで打球を飛ばすために必要なことを紹介しています。

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

効果的なバッティング練習として知られるロングティーをより効果のあるものにする方法とは?ロングティーの正しいやり方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 打球が飛ばない人必見!飛距離を伸ばす方法を紹介

 

なぜ打球が飛ばないのか?またどうすれば打球が飛ぶようになるのか?打球の飛距離を伸ばす方法を紹介しています。