ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

ポイントは前で打てという指導について2

以前ポイントは前で打てという指導について僕の考え方を紹介しましたが、少し紹介しきれない部分もあったので今回は紹介しきれなかった部分を紹介したいと思います。

 

 

パワーのある人はポイントは後ろ。パワーのない人はポイントは前。

 

 

パワーがないから長打は別に打とうと思わないと思っている人はポイントを前にする必要はないと思っています。

 

 

筋力のない小学生などはポイントは前で打ったほうが良い。筋力がついてきたのなら、ポイントを少し後ろにしてボールを見る時間を増やして打ったほうが良い。

 

 

もちろんポイントを前にしたほうが少ない力で飛ばすことができますが、ピッチャーの投げた球への対応範囲がかなり狭くなります。

 

 

でもポイントを後ろにすると打球が飛ばないのではないかと思うかもしれませんが、僕がこのサイトで紹介している打撃理論と練習メニューをしっかりとやっていただければ芯で打つ能力とヒットを打つために必要なことは身に付きます。

 

 

パワーのある人やヒットを打ちたいという人はポイントを後ろにして、ボールを見る時間を増やすべきだと思います。

 

 

以前紹介したことをまとめるとこんな感じでしょうか。まだ以前の記事を見ていない方はよかったらご覧になって下さい。(メニュー欄からポイントは前で打てはウソ!?でご覧になれます

 

 

では今回はポイントを後ろにすることともう一つ意識してほしいことがあるのでそちらのほうを紹介させていただきます。

 

バットを正確に、思うように操るために

ヒットを打つために必要なことは、僕がこのサイトで何度も言っているようにバットの芯に当てる確率を上げることです。

 

 

もちろんその確率をあげるためのメニューなどを紹介しているのですが、芯に高い確率で当てるにはバットを自分の思うように操ることが必要です。

 

 

自分の出したいところに出したいようにバットを出すことが出来たら、今よりもっと芯に当たる確率があがり、ヒットが増え打率が上がります。

 

 

ではどうしたら思うようにバットを操れるのか?

 

 

とりあえず、僕がこのサイトで紹介しているメニューを続けてもらえれば、思うようにバットを操れるようになれますのでメニューは続けて下さい。

 

 

これだけでも問題はないのですが、バットをうまく操るために大切なことがあります。

 

 

それは体の近くでボールを打つことです。

 

 

どういことか?

 

 

まあそのままなんですけど、詳しく説明すると右バッターは右腕、左バッターは左腕は打つときに体の近くで打つべきです。

 

 

これだけでバットの使い方はかなり変わります。

 

 

たまにインパクトの瞬間は両手の形が二等辺三角形だという指導をされる方がいますが、あれは僕はあまりいい指導だと思っていません。

 

 

ではなぜ僕が体の近くで打つことをおすすめするのかを説明します。

 

 

人間はあらゆる動作を、体の近くで行ったほうがうまく思うように体を使えるのです。

 

 

例えば字を書くときもそうです、書くときに腕を思いっきり伸ばして書く人なんていません。いたとしても綺麗な字は書けません。

 

 

物を食べる時もそうです、遠くにあるものを腕を伸ばしてお箸でとるより、体の近くにあるものを取るほうが簡単です。

 

 

野球と関係ないと思うかもしれませんが人間の体はそういう風になっているのです。

 

 

バッティングでも同じことが言えます。

 

 

体の近くで打ったほうがバットはうまく使えます。

 

 

とはいってもさすがに両腕を窮屈な感じで打つとボールに負けてしまうので先ほど言った片方の腕は体の近くでバットを振ったほうが絶対にいいです。

 

 

僕の感覚だと打つ瞬間は体の近くで打ち、そこから曲がっている腕でボールを押し込むというか回転をかけるという感覚です。

 

 

ポイントは前で打てというのは、体の近くで打てというのを極端にやりすぎないようにするために、感覚的に思っているくらいがいいのではないでしょうか?

 

 

バットをうまく使ってヒットを量産してください。よかったら参考にしてください!!