野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

野球 スイングやバッティングフォームについて 打撃上達方法

野球の打撃上達においてスイングやバッティングフォームが重要と言われることが多いです。

 

 

 

 

しかし、野球をやっている人なら多くの人が共感していただけると思いますが、実際にバッティングのスイングやバッティングフォームについての指導を受けていると、人によって教えることが違うことが多いですし、全く真逆のことを言われることすらあります。

 

 

 

 

そうすると結局どちらが正しいのかわからないだけでなく、どちらも取り入れようとするあまり、結果的にスイング、バッティングフォームが悪くなったり、良くない方向に行ってしまい、バッティングの成績に影響が出ることもあります。

 

 

 

 

 

さて、そんな野球におけるスイングやバッティングフォームですが結局どういったものが正解なのか?バッティング上達にはどのようなスイング、バッティングフォームをすれば打撃が上達するのか?

 

 

 

 

 

今回はスイングやバッティングフォームについて紹介していきたいと思います。

 

正しいスイング バッティングフォームとは

そもそも正しいスイングとは?正しいバッティングフォームとは一体何なのか?

 

 

 

 

 

これに関しては詳しくは【野球】理想のバッティングフォームなんてものは存在しない!?でも紹介していますが、私個人の意見としては正しいバッティングフォームというものはないと思っています。

 

 

 

 

正確には、全員に共通するスイングやバッティングフォームはないということです。

 

 

 

 

 

例えばですが、プロ野球選手の中になんでこのバッティングフォーム、スイングで打てるんだ?と思うような選手はいないでしょうか?

 

 

 

 

 

そんな選手の中にもレギュラーの選手もいますし、タイトルを獲得するような選手すらいます。

 

 

 

 

周りから見るとおかしなバッティングフォーム、不思議なスイングでも、自分の中に意識する点があったり、そのようなスイングをする理由などがあれば、結果さえ出ていれば問題ないとも言えます。

 

 

 

 

あり得ない話ではありますが、片手でスイングして4割打てるが両手で打つと2割程度しか打てないという選手がいたとすれば、その選手にとっては片手でのスイングが正解ということになります。

 

 

 

 

そして当然、ほとんどの選手は片手で4割なんて打てるはずがありません。

 

 

 

 

かなり極端な話ですが、これは実際スイングやバッティングフォームの細かい部分を見ていっても当てはまる部分があります。

 

 

 

 

例えば一般的には悪いと言われている手打ち

 

 

 

 

野球をやっている選手であれば「下半身で打て」なんて指導を一度は耳にしたことがあったり、言われたことがある選手が多いと思います。

 

 

 

 

私自身もそのような指導を小さいころから受けてきてきました。

 

 

 

 

そんな中高校野球時代にある選手と出会いました。

 

 

 

 

その時の内容などについては手打ちは悪くない!?元日本代表から聞いた話で詳しく紹介していますが、中学時代に日本代表のスタメンの選手と同じチームでプレーすることになりました。

 

 

 

 

その選手は体も大きくなく、大きな打球を打つことはあまりないのですがヒットを打つことに関して言えばやはり他の選手とレベルが違うと感じました。

 

 

 

 

実際その選手にバッティングフォームやスイングについて聞いてみると、手打ちは悪くないというようなことを言っていました。

 

 

 

 

そう言われてみると、その選手の打ち方は手打ちに見え、どこか物足りない雰囲気を感じました。

 

 

 

 

 

ですが打率はチームでダントツトップ。

 

 

 

 

というような私自身の経験もあることから、正しいスイングやバッティングフォームと言うのはないと思っています。

 

 

 

 

極論を言ってしまえば打てればなんでもいいのです。

 

 

 

 

しかし、ここまで正しいスイングバッティングフォームはないと言いましたが、だからと言ってやみくもに振るのは良くありません。

 

 

 

 

 

個人的にはまずはスイングやバッティングフォームの基本をしっカリと理解することが大切だと思います。

 

 

 

 

正解はないとはいえど、多くの打者に共通するスイングやバッティングフォームの基本というものがあります。

 

 

 

 

まずはそういった基本をしっかりと理解し、身に着けることから始め、その中で自分に合ったスイング、バッティングフォームに修正していくことが一番効果的だと思います。

 

 

 

 

スイング、バッティングフォームの基本については下の記事で詳しく紹介していますので良かったらご覧ください。

 

 

 

バッティングフォームの基本について 打率の上げ方

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は野球のスイングやバッティングフォームについて紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事中でも紹介たように、全員に共通する正しいバッティングフォームやスイングはないと思っています。

 

 

 

 

自分だけの正しいスイングバッティングフォームを見つけるためにはまずは基本をしっかりと理解し、身に着けることが大切です。

 

 

 

 

 

そのうえで、いろいろな指導者の指導を受けて自分に合ったものをスイングの中に取り入れてみたり。プロ野球選手のスイング、バッティングフォームを参考にし、しっくりくるのであればそれを取り入れるなんてことも良いと思いますよ。

 

 

 

たった7日で打率を上げる

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

大谷翔平のスイングを解説!圧倒的な打撃を生むバッティングフォーム

 

二刀流として、投手だけでなく打者としても素晴らしい成績を残す大谷翔平選手。圧倒的な飛距離を生み出すバッティングフォーム、スイングを徹底解説!

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振る!?科学的にも証明されているその理由を紹介しています。