効果的 バッティング練習 トスバッティング ティーバッティング

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

バッティング練習にはいろいろな種類があります。

 

 

 

 

代表的なのがトスバッティングやティーバッティングです。

 

 

 

 

どこのチームでもやっている練習メニューですが、効果はあるのか?

 

 

 

 

 

先に言っておきますがトスバッティングやティーバッティングは効果的なバッティング練習だと思いますが正しくやらないと逆に下手になる可能性が高いです。

 

 

 

 

ではトスバッティングやティーバッティングを効果的なバッティング練習にするためにはどのように行えばいいのか?

 

 

 

 

今回は効果的なバッティング練習であるトスバッティングやティーバッティングについて紹介していきます。

 

 

効果的なトスバッティング

まずは効果的なトスバッティングから説明していきます。

 

 

 

 

トスバッティングはざっくり言うと相手が投げた球をワンバウンドでしっかりと相手に返すというバッティング練習です。

 

 

 

 

これは、正しく行えばものすごく良い練習になるのですが正直退屈で面白くないメニューでもあります。

 

 

 

 

私自身、トスバッティングを意識してやるまでは面白くないなと思いながらてきとうにやっていました。同じような人も多いのではないのでしょうか?

 

 

 

 

 

トスバッティングにはいろいろと目的があると言われていますが個人的にはトスバッティングの最大の目的と身に着けることは打つポイントの確認だと思っています。

 

 

 

 

打つポイントとはボールをとらえるポイントのことです。

 

 

 

 

 

このポイントは一人ひとりしっくりくる位置は微妙に違います。それを探すことができるメニューでもトスバッティングはあります。

 

 

 

 

ポイントというのはバッティングにおいて非常に重要です。しっかりと自分ポイントで打つことができればボールに負けず、自分の力をしっかりとボールに伝えることができます。

 

 

 

 

また、ポイントというのはコースによってずらされることが多いので、あらゆるコースに来る球をしっかりとピッチャーにワンバウンドで返すことで各コースをどのように打てばいいのかというのを体に覚えさせることもできます。

 

 

 

 

こういったことを意識せずにトスバッティングを行うと、コースごとに自分のポイントで打つことができなくなったり、対応ができなくなったりします。

 

 

 

 

 

てきとうに投げてもらった球を打ち返していませんか?ただ当てるだけみたいなトスバッティングをしていませんか?

 

 

 

 

そういったトスバッティングをしている人は多いと思いますが意味がないですし確実に下手になります。

 

 

 

 

どこのチームでもやっているような練習メニューなだけに意味のある効果的なものにしましょう。

 

 

 

 

それともう一つ、できればトスバッティングはあらゆるコースをピッチャーにしっかりと返すことが求められますがボール球は振らないほうが良いです。

 

 

 

 

全ての球を打てば良いというわけではないですし、そのあたりをアバウトで練習をしているといざ試合になった時に影響が出かねません。

 

 

 

 

トスバッティングは出来れば3人1組(ピッチャー、バッター、キャッチャー後方)が理想です。人数に余裕があればピッチャーのカバーなどもいたら効率があがるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

効果的なティーバッティング

続いて効果的なティーバッティングについて。

 

 

 

 

 

ティーバッティングは主に斜め前からボールをトスしてもらいそれをネットなどに向かって打つというのが基本でしょう。

 

 

 

 

こちらもどこのチームでもやっているような練習メニューです。そして先ほどのトスバッティング同様あまり意識したり、真剣にやっている人はあまり多くない印象があります。

 

 

 

 

ティーバッティングの最大の目的は個人的には自分のポイントでしっかりとスイングすること、芯でボールをとらえることだと思っています。

 

 

 

 

先ほど紹介したトスバッティングでは自分のポイントを見つけるというようなことを言いましたが、自分のポイントを見つけたらそのポイントで力強くボールをとらえる練習として効果的なのがこのティーバッティングなんです。

 

 

 

 

トスされた緩いボールですから100パーセントの確率で自分のポイントで打つことが求められます。

 

 

 

 

そしてそのバッティングフォームを固めていき体で覚えることが大切です。

 

 

 

 

その点トスバッティングと目的が似ているというようにも言われるのですが

 

 

 

 

トスバッティング・・・正面から各コースのポイントでの打ち方を身に着ける

 

 

 

 

ティーバッティング・・・トスで身に着けたポイントでしっかりと振ること

 

 

 

 

という違いがあると個人的には考えています。

 

 

 

 

トスバッティングはあくまで各コースポイントの確認であり、それを踏まえてティーバッティングでしっかりと振る。

 

 

 

 

この流れが非常に重要になってきます。

 

 

 

 

トスバッティング→ティーバッティングの流れで行うと効果的です。

 

 

 

 

基本的にはこれらのことを意識してティーバッティングは行えばいいのですがもう一つ効果的なティーバッティングを紹介します。

 

 

 

 

一般的にはティーバッティングは右バッターは右斜め前(左バッターは逆)からトスしてもらうと思います。

 

 

 

 

これを逆の位置からトスをしてもらうティーバッティングが効果的です。

 

 

 

外側からトスしてもらうとどうしても体が開いた状態で打ってしまいがちになってしまいますのでトスするのを逆からにすることで体の開きを抑えることができます。

 

 

 

ただし、この方法は効果がありおすすめなのですが危険度が普通のティーバッティングに比べて高いです。

 

 

 

 

もし行うのであれば十分に注意して行ってください。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は効果的なバッティング練習としてトスバッティングとティーバッティングを紹介しました。

 

 

 

 

今回効果的なバッティング練習として紹介しましたが、トスバッティングやティーバッティングのみならずすべてのバッティング練習において効果的なものにするためには本人の意識ややり方が大事です。

 

 

 

 

どんなメニューも真剣にやらなければ意味のないものになってしまいます。

 

 

 

 

効果的な練習メニューにするのもしないのも本人次第とも言えます。

 

 

 

 

良い打者を目指すのであればそのあたりの意識も変えていきましょう。

 

 

 

 

また最速で打率を上げる練習メニューとしてトスバッティングをサイト内の下の記事で紹介していますので良かったら参考にしてください。

 

 

最速で打率を上げるトスバッティング

 

 

 

 

元ドラフト1位が教えるバッティング上達方法

91年大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団した萩原誠選手をご存知でしょうか?

 

 

 

バッティングの指導を受ける中でよくわからない事や、そもそもその指導自体が間違っていることが良くあります。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはどうすればいいのか?強い打球を打つにはどうすればいいのか?

 

 

ある運動を行った時、どの筋肉がどのように骨格等に力を加えて関節を動かしその運動が生じるかという事を科学的に分析する学問である機能解剖学を活かした正しい体の使い方やバッティングの上達方法とは?

 

 

 

社会人野球であるIBMのバッティングを指導し、すでに、色々な癖がしみ込んでいる経験の長い選手たちの打率を、わずか1年で、2割から3割にアップさせた実績を誇るバッティング指導とは?

 

 

 

他にもバッティング全般に役に立つバッティング上達方法を紹介しています。

 

 

 

ドラフト1位指名、背番号31、三塁手ということで「掛布2世」、「ミスター・タイガース」として期待されていた萩原選手が教えるバッティング上達方法とは一体?

 

 

 

詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

技術だけじゃダメ!ヒットを打つために鍛える場所は?

 

バッティングは技術だけではありません。ヒットはもちろん、打率を上げるには技術のほかにある場所を鍛える必要があります。プロのアスリートも鍛えるある部分とは?

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!