バッティングを向上させる練習はこれ!打撃上達方法

バッティングを今よりも向上させたい

 

 

 

 

そう思うのが野球選手であれば当然ですし、そのために毎日のようにキツイ、辛い練習をしているのだと思います。

 

 

 

 

それ自体は良いことなのですが、残念ながら良かれと思ってやっているバッティング練習が実はバッティングの向上につながっていないことや、むしろ打てなくなる原因になることもあります。

 

 

 

 

そもそものバッティング練習自体があまり効果のないものであったり、そのバッティング練習の意味や意識すべき点などを理解せずに行っているとバッティングの向上は必ずしもするとは言えません。

 

 

 

 

 

バッティングを向上させるためには、効果のあるバッティング練習を行い、かつそのメニューの意味や行う意図などを自分でしっかりと理解することが求められます。

 

 

 

 

さて、ではバッティングを向上させる練習とは、具体的に何をすれば良いのか?

 

 

 

 

また、その練習メニューの意識すべき点や行う意味とは?

 

 

 

 

今回は、そんなバッティングを向上させる練習について紹介していきたいと思います。

 

バッティングを向上させる練習

ではバッティングを向上させる練習を紹介していきます。

 

 

 

 

今回紹介するのはバッティング練習単体というよりは、紹介するバッティング練習の流れを繰り返すという形になります。

 

 

 

 

もちろんそれぞれのバッティング練習自体もバッティングの向上に効果があると思いますが、今回紹介する流れ順序で、それぞれのポイントを意識しながら行うことでより効果的だと個人的には思っています。

 

 

 

 

そのバッティング練習の流れとは

 

 

 

 

トスバッティング

 

 

ティーバッティング

 

 

ロングティー

 

 

フリーバッティング

 

 

この流れの繰り返しです。

 

 

 

一見、どこのチームでもやっているバッティング練習ですが、これらのメニューは意識すべき点やポイントを理解するとバッティングの向上にものすごく効果があります。

 

 

 

ではこれらそれぞれの練習について詳しく紹介していきます。

 

 

トスバッティング

まずはトスバッティングから

 

 

 

 

ここでいうトスバッティングとはピッチャーに近い距離から軽く投げてもらい、それをワンバウンドでピッチャーに打ち返すといういたって普通のトスバッティングです。

 

 

 

 

この練習は多くのチームが取り入れている練習ですが、正直楽しくないですし、退屈な練習だと思いますし、私自身もそう思っている時期もありました。

 

 

 

 

そして、その分てきとうに行っている選手が多いのもこのトスバッティングの特徴です。

 

 

 

 

バッティングを向上させるために、このトスバッティングで意識すべき点は

 

 

芯で打つ

 

 

打つポイント

 

 

ボール球は振らない

 

 

 

 

この3つです。

 

 

 

まずは芯で打つという点についてですが、バッティングでは様々なことが重要だと言われ、それを習得しようとバッティング練習をしますが、個人的には芯でボールを打つことがバッティングにおいて最も重要なのかなと思っています。

 

 

 

 

アマチュア野球であれば正直多少バッティングフォームが変であっても、芯でボールを打てば、外野まで飛ばすことは簡単に出来ますし、ヒットも打てます。

 

 

 

 

そうでなくても、可能であれば全てのスイングでバットの芯で打つことが出来るのであればそれが理想だと思います。

 

 

 

 

このトスバッティングでは緩い球を投げてもらうので芯で打つことは簡単にできます。

 

 

 

 

なので100%バットの芯で打てるようにしましょう。

 

 

 

 

続いては打つポイントについてです。

 

 

 

どの位置でボールを打てばピッチャーにワンバウンドで綺麗に返せるのか?また、そのうえで芯で打つことが出来るのか?

 

 

 

 

これを意識しながら、いろいろなコースの球に対する打つポイントの位置を確認していきます。

 

 

 

当然緩い球を投げてもらっていますので実際の試合とは違いますが、このコースはこのポイントで打てばいいのかというような感覚でこの段階では十分です。

 

 

 

 

打つポイントを意識しながらどのコースに球がきてもピッチャーのワンバウンドで返せるようにしましょう。

 

 

 

 

最後にボール球は振らないという点について。

 

 

 

 

緩いボールを投げてもらうので、多少のボール球、かなり外れたボール球でもその気になればピッチャーのワンバウンドで返すことは割と簡単にできます。

 

 

 

 

なのでこのトスバッティングではボール球もピッチャーの打ち返してしまう選手が多いのですが、これは良くないのでやめて下さい。

 

 

 

 

緩い球とは言えど、しっかりとストライクゾーン以外の球は振らないことを心がけて下さい。

 

 

 

 

普段からストライクゾーンというものをしっかりと把握するためとうのはもちろんですが、変にボール球を打てるイメージがついてしまうと、試合でも無意識にボール球に手が出るなんてことがあります。

 

 

 

 

トスバッティングでは以上のことを意識しながら行ってください。

 

 

ティーバッティング

続いてはティーバッティングについて紹介していきます。

 

 

 

 

先ほど紹介したトスバッティングを終えたら次はティーバッティングを行っていきます。

 

 

 

 

このティーバッティングで意識すべき点は先ほどトスバッティングで感覚として身につけた各コースの打つポイント、芯での打ち方を強いスイングをしながらでもできるようにすることです。

 

 

 

 

先ほどは揺るボールに対し、軽く打ち返していましたが、ティーバッティングでは強くバットを振り、ボールを打ちます。

 

 

 

 

 

とはいえ、こちらもトスされたボールですので100%芯で打つことと、自分のポイントで打つことは出来るようにしましょう。

 

 

 

 

そのうえでより強いスイングが出来るようにひたすらティーバッティングを繰り返していきます。

 

 

 

 

また、投げ手の人には各コースに狙ってトスしてもらうようにし、最終的にはランダムで各コースにトスしてもらい、その球でも100%芯で打つことと、自分のポイントで打つことは出来るようにしましょう。

 

 

 

 

以上がバッティングを向上させるティーバッティングです。

ロングティー

これらを終えたら続いてはロングティーを行っていきます。

 

 

 

 

ロングティーではトスされたボールを近距離のネットなどに打つのではなく遠くへ飛ばしていきます。

 

 

 

 

この時に意識すべき点はまずここまでやってきたボールを打つポイントと、芯で打つこと。

 

 

 

 

それに加えてよりボールを遠くへ飛ばすことを意識してください。

 

 

 

 

ティーバッティングまで行っていれば各コースどのように打てば芯で打てるのか、どのように打てば自分のポイントでボールを打てるのかをある程度分かっていると思います。

 

 

 

 

そのスイングでよりボールを遠くへ飛ばすにはどのように打てばいいのか?

 

 

 

これを意識しながらロングティーを行ってください。

フリーバッティング

ここまで紹介したバッティングを向上させる練習を終えたら、最後にフリーバッティングを行います。

 

 

 

 

フリーバッティングはどこのチームでも必ずやるバッティング練習です。

 

 

 

そして、何も意識せずにただ来た球を打ち返し、その打球に対し良い打球が飛んだ、良い打球が飛ばなかったというようなリアクションをするだけという選手が多いです。

 

 

 

 

当然、このようなただ打つだけのフリーバッティングではバッティングの向上の期待はそこまでできません。

 

 

 

 

フリーバッティングでは、ここまでで身につけた各コースの芯での打ち方、自分のポイントでの打ち方。

 

 

 

 

それに加えて、ロングティーで意識したよりボールを飛ばすスイングを確認しながら打っていきます。

 

 

 

 

ここまで軽く投げたボールやトスされたボールを打ってきましたが、実戦では当然ピッチャーは強い球を投げてきます。

 

 

 

 

フリーバッティングではここまで身につけたことをより実戦向きなものに確認、調整しながら仕上げていきます。

 

 

 

 

実際にピッチャーが投げるボールを打ち、良い打球が打てた、打てなかったという点だけでなく、「もう少しこうしたほうが良いのでは?」というように感じる点や、実際にピッチャーが投げるボールを打つ中で感じた自分の打つポイントに関する点などをより実戦向きなものに修正していきます。

 

 

 

 

なんとなく来た球を打ち返すのではなく、一球一球にしっかり目的や意味を持ち、一球一球の打球に対し、様々なことを感じながらフリーバッティングを行ってください。

 

 

 

 

以上がバッティングを向上させるフリーバッティングです。

 

 

 

 

ここまで終えたら、もう一度最初のトスバッティングに戻り、同じことを繰り返していきます。

 

 

 

 

ここもバッティング向上と好成績の維持のポイントで、同じ練習を調子がいい時も悪い時も行うことで、少しの違和感にも気づきやすく、結果的に不調になりにくくし、良い状態の維持につながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回はバッティングを向上させる練習としていろいろと紹介させていただきました。

 

 

 

 

バッティングの向上は野球選手が持つ永遠の課題です。

 

 

 

 

今よりも良いバッターに、今よりも良い成績が残せるように、練習をするものです。

 

 

 

 

バッティングを向上させ、今よりも良いバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

おすすめ記事

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?