打球を遠くへ飛ばすには何が必要?また練習方法は?

打球を遠くへ飛ばしたい

 

 

 

 

野球をやっている人であれば誰しもが思うことだと思います。

 

 

 

今よりも打球を遠くへ飛ばすことが出来れば、長打はもちろん、ホームランも増えると思います。

 

 

 

 

また、そんな長打やホームランが打てる選手というのはチームにとって非常に貴重な選手ですし、必要な選手です。

 

 

 

 

打球を遠くへ飛ばす能力というのは、それだけ野球において大きな武器になりますし、自分自身に対する自信のようなものにもなります。

 

 

 

 

しかし、そうは言っても実際に打球を遠くへ飛ばすというのは簡単なことではないですし、打てるのであれば皆が打っているはずです。

 

 

 

 

打球を遠くへ飛ばしたい、打球を遠くへ飛ばす技術を身につけたいと思う選手は多いですが、実際に何をすれば、どうすれば打球を遠くへ飛ばすことが出来るのかを知らない選手が多いです。

 

 

 

 

また、中には打球を遠くへ飛ばすためにやっている練習が、かえって逆効果になっている選手もいます。

 

 

 

 

さて、では打球を遠くへ飛ばすには一体何が必要で、どんな練習をすれば良いのか?

 

 

 

 

今回はそんな打球を遠くへ飛ばす方法について紹介していきたいと思います。

 

打球を遠くへ飛ばすための練習

では打球を遠くへ飛ばすための練習を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすのには様々なことが必要と言われていますが中でも個人的に重要だと感じるのが

 

 

 

バットを入れる角度

 

 

打つポイント

 

 

筋力

 

 

 

まずはこの3つです。

 

 

 

これら3つを同時に身につけることが出来る練習メニューがロングティーです。

 

 

 

 

それに加えて打球を遠くへ飛ばすのに必要なこととして体重移動があります。

 

 

 

 

そして、体重移動を身につける練習として寸止めティーバッティングというものがあります。

 

 

 

 

 

ではロングティーと寸止めティーバッティングと、4つの打球を飛ばすのに必要なことについて詳しく紹介していきます。

バットを入れる角度

まずはバットを入れる角度について説明していきます。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすにはバットをボールに対してどの角度で入れ、当てるかが重要になります。

 

 

 

 

極端な話、どんなパワーがある選手でも、どんなスイングが早い選手でもボールを上から叩きつけたら打球は遠くへは飛びません。

 

 

 

逆にパワーやスイングが弱い選手でもこのバットを入れる角度を知り、その打ち方を身につけることが出来ればある程度打球を遠くへ飛ばすことは可能です。

 

 

 

 

というわけで、ロングティーをする中でバットを入れる角度を意識しながらボールを打っていきます。

 

 

 

 

上から叩きつけたらゴロになってしまいますが、かといって下からボールを打てばいいというわけでもないです。

 

 

 

どの角度でボールを打てば打球を飛ばすことが出来るのかを何度もロングティーを繰り返す中で見つけていき、その中でよかった感覚のものを身につけていきます。

 

 

 

 

また、このバットを入れる角度を意識することも、ロングティーのように緩いボールを打つ練習だからこそ意識しやすいというのも、ロングティーをおすすめする理由の一つでもあります。

 

 

 

 

打つポイント

では続いて打つポイントについて紹介していきます。

 

 

 

 

打つポイントというのはボールをバットで打つ瞬間の位置のことです。

 

 

 

 

この打つポイントは実は選手によって微妙に異なります。

 

 

 

両手を伸ばした位置でボールを打てという指導者もいれば、軽く肘を曲げた位置でボールを打てという指導者もいます。

 

 

 

 

ですので当然両手を伸ばした位置でボールを打つ選手もいれば、肘を軽く曲げた位置でボールを打つ選手もいます。

 

 

 

 

これに関してはどちらが正解というのはないと思っています。

 

 

 

ですので、ロングティーを繰り返す中で、打球を遠くへ飛ばすことが出来た時のポイントや力を入れずとも打球を遠くへ飛ばせた時のポイントなどを意識しながら身につけていきます。

 

 

 

 

ちなみに、この打つポイントとというのは、打球を遠くへ飛ばすという点以外でも強い打球を打つことや、ピッチャーのボールに打ち負けないという点など、バッティングにおいて非常に重要なことになりますので必ず身につけておきたいことです。

 

 

 

 

来た球に対してスイングをするのではなく、来た球を自分のポイントにもってきてスイングできる選手というのはやはり打率も高いですし、長打やホームランも多い選手が多いです。

筋力

最後に筋力についてです。

 

 

 

ロングティーで筋力をつける?というような疑問を持った方も多いと思います。

 

 

 

確かに、筋力をただつけるだけであれば、普通にウエイトトレーニングなどの筋トレをしたほうが効率よく筋力をつけることが出来ます。

 

 

 

 

しかし、私がつけてもらいたい筋力というのはバッティングに必要な筋肉、かつ自分で扱える筋肉です。

 

 

 

 

多くの人が勘違いしているのが打球を遠くへ飛ばすには筋力が必要だから筋トレでたくさん筋力をつけたほうが良いということです。

 

 

 

 

確かに、筋力は打球を遠くへ飛ばすうえである程度必要になりますが、私は筋トレによる筋力アップはおすすめしていません。

 

 

 

 

私はバッティングに必要な筋肉はバッティングによって身につけるというのが理想だと思っています。

 

 

 

 

例えば、ある選手がウエイトトレーニングをたくさん行い、ものすごく筋力をつけることに成功したとします。

 

 

 

 

しかし、この筋肉すべてがバッティングに必要でしょうか?

 

 

 

 

例外として、筋肉や人間の動作などに詳しいトレーナーや専門の指導者などがいる場合、そういった方の指導のもと筋トレを行うのは効果があると思います。

 

 

 

 

しかし、アマチュア野球ではそういった人がいるチームというのはなかなかありません。

 

 

 

 

要は何が言いたいかというと、筋トレによって身につけた筋肉というのはバッティングに必要のない筋肉や自分で扱えない筋肉、もっと言えばバッティング向上の妨げとなる筋肉までもつけてしまうリスクがあるということです。

 

 

 

 

分かりやすくするために極端な例を出しますが、身長150センチの選手が筋トレによって筋肉をものすごい量つけ、体重は80キロほどあるとします。

 

 

 

 

人間にはそれぞれバランスというものがあります。

 

 

 

果たして、この選手は150センチ80キロというバランスで自分の体を、身につけた筋肉をうまく扱えるでしょうか?

 

 

 

 

もちろん、先ほど言ったバランスは人それぞれですので扱える選手もいるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、なかなか難しいのが現実だと思います。

 

 

 

 

では、ロングティーで筋力をつけるという点に話を戻します。

 

 

 

 

ロングティーを繰り返す中で何百、何千とスイングを繰り返していくわけですので当然筋力は少なからずつきていきます。

 

 

 

 

確かに、効率で言えばかなり悪いですが、自分のスイングによって身についた筋肉ですので、その筋肉はスイングに必要な筋肉であり、かつ自分でしっかりと扱えることの出来る筋肉です。

 

 

 

 

そして、バッティングをする中で自然と身についた筋肉ですので、バッティングに必要な筋肉しか身につくことはないです。

 

 

 

 

これがバッティングに必要な筋肉はバッティングによって身につけるという言葉の意味です。

 

 

 

 

無駄な筋肉や、自分では扱えない筋肉は身につけず、ロングティーを繰り返す中で自然に必要な筋肉のみを身につけていくことが理想だと私は思っています。

 

 

 

 

ですので、あまり筋力アップをするということは意識せず、打球を遠くへ飛ばすためにロングティーを繰り返してください。

 

 

 

 

そうすることで自然と打球を遠くへ飛ばすために必要な筋肉が身についていきます。

体重移動

続いて体重移動を身につける練習として寸止めティーバッティングを紹介していきます。

 

 

 

寸止めティーバッティングとは上半身の力に頼らず打球を飛ばす体の使い方を身につける練習です。

 

 

 

 

やり方はまず、両肘を両脇腹につけた状態でバットを自分の体の前に位置させ固定させます。

 

 

 

 

この状態でボールをバットで打っていきます。

 

 

 

 

注意する点は肘を脇腹から離さないこと。

 

 

 

 

このティーバッティングでは腕の力や上半身の力は一切使ってはいけないので肘はつけた状態のままでバットの位置も固定させてください。

 

 

 

 

また、この時に手首で打とうとしたりするのも禁止とさせていただきます。

 

 

 

 

ではどのようにして打つのかと言いますと、バットを固定した状態で下半身で体重移動を行い、軸の回転の中でボールにその体重をうまく伝えて打球を飛ばします。

 

 

 

 

下半身の体重移動をうまく行わないと、この寸止めティーバッティングでは打球を飛ばすことは難しいです。

 

 

 

 

まずは、近い距離でネットに向かって打っていく形で良いです。

 

 

 

 

体重移動やバッティング時の下半身の使い方を寸止めティーバッティングで身につけていきます。

 

 

 

 

当然、この形で強い打球を打つには下半身の使い方、体重移動をうまく行わないと無理ですのでよりう良い打球を打てるように意識しながら打っていきます。

 

 

 

 

そして、強い打球が打てるようになったら、今度はネットではなくロングティーと同じような形で寸止めティーバッティングで打球を遠くへ飛ばしていきます。

 

 

 

 

繰り返していくうちに下半身の使い方や体重移動が打球を飛ばすのにいかに重要かが分かるようになると思います。

 

 

 

 

ちなみに、この寸止めティーバッティング、腕や上半身の力を使いませんがトスされたボールをホームベースから外野フライあたりまで飛ばすことも出来ますし、選手によっては外野の頭を軽く超える打球を飛ばす選手もいます。

 

 

 

 

寸止めティーバッティングで打球が飛ばせるようになればなるほど、体重移動の重要性が分かると思います。

 

 

 

 

体重移動を意識しながら、寸止めティーバッティングを行ってみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回は打球を遠くへ飛ばすために必要なこととそれらを身につけるための練習としてロングティーを紹介させていただきました。

 

 

 

 

ロングティーではピッチャーの投げたボールを打つのとは違い、打球を遠くへ飛ばすのに反発力に頼ることが出来ません。

 

 

 

 

ですので自分のスイングでしか打球を遠くへ飛ばす手段がありません。

 

 

 

 

ですので、ロングティーは自分のスイングの状態がそのまま打球に表れます。

 

 

 

 

どうスイングをすれば打球をより遠くへ飛ばすことが出来るのか?

 

 

 

 

それを意識しながらロングティーを練習メニューとして取り入れてみて下さい。

 

 

 

 

寸止めティーバッティングも体重移動を身につけるという点でも体重移動が打球を飛ばすのにどれだけ必要かを知るいい練習になります。

 

 

 

もしよかったらこれら2つのバッティング練習を取り入れてみて下さい。

 

 

 

きっと今よりも打球を遠くへ飛ばせるようになると思います。

 

 

関連記事

ホームランを打ちたい人はこれをするべき!長打の打ち方

 

ホームランを打ちたい!そんな人が絶対にやるべき練習とは一体?長打やホームランの打ち方について紹介しています。

 

ロングティーの飛距離を伸ばすには 打球を飛ばす方法を紹介

 

ロングティーで飛距離を伸ばすにはどうすればいいのか?ロングティーで打球を飛ばすために必要なことを紹介しています。

 

ロングティーの効果的なやり方を紹介!野球 バッティング上達方法

 

効果的なバッティング練習として知られるロングティーをより効果のあるものにする方法とは?ロングティーの正しいやり方を紹介しています。

 

バッティング練習はこれをするべき!打撃上達方法

 

バッティング練習は何をすれば良いのか?打撃上達のためにするべきバッティング練習とは?ロングティーやその他の効果的なバッティング練習を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング 打球が飛ばない人必見!飛距離を伸ばす方法を紹介

 

なぜ打球が飛ばないのか?またどうすれば打球が飛ぶようになるのか?打球の飛距離を伸ばす方法を紹介しています。