野球 バッティング 上達 ヒット ホームラン 打ち方

野球 タイミングがとれない人の解決方法!バッティング上達

バッティングはスイングの形やスイングのスピード、他にはバットに当てる技術などといった点ばかりに気が行きがちですが実はこういったものを最大限に活かすにはタイミングをしっかりととること、合わせることが重要になります。

 

 

 

 

いくら綺麗なスイングを素振りで出来ていても、いくら鋭いスイングができてもタイミングが取れていないとそういったスイングを実際のバッティングではできなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

こういったスイングができる人こそ、しっかりとタイミングを合わせることが求められます。

 

 

 

 

とはいえ、当然ピッチャーもバッターのタイミングを外そうと工夫して投げていますので簡単にタイミングを合わすことは難しいですし、もし簡単にタイミングを合わせる事が出来るのであれば、タイミングが取れないというような悩みを持つ選手はいないと思います。

 

 

 

 

さて、バッティングのおいてタイミングがいかに重要かはお分かりだとは思いますが、タイミングがとれないという人は意外と多いです。

 

 

 

 

ではタイミングがとれないという人はどのようにしてタイミングを合わせれば良いのか?

 

 

 

 

今回はバッティングでタイミングがとれないという人に向けてその解決方法について紹介していきたいと思います。

 

タイミングがとれない人の解決方法

おそらくですが、タイミングがとれないという人の多くはタイミングについてあまり深く考えず、なんとなくピッチャーの投げる球に対してタイミングを合わせているのだと思います。

 

 

 

 

正直、変化球のない少年野球でしたらこれで十分ですが、中学高校、もっと言えば大学、社会人プロというようにレベルが上がるにつれてタイミングは何となくではとるのが難しくなっていきます。

 

 

 

 

実は意識したことがないかもしれませんが、タイミングには取り方というものがあります。

 

 

 

 

 

最も一般的なタイミングの取り方は体重移動の流れで軸足でタイミングをとるという方法です。

 

 

 

 

軸足でタイミングをとることで来たボールに対し軸を安定させスイングをすることができます。

 

 

 

 

少々分かりにくいかもしれませんが、軸足にためた体重を移動させることでスイングをしますので、来たボールに対し軸足でタイミングを合わせ、振り出しのタイミングで体重移動をはじめ、スイングに入ります。

 

 

 

 

要は来た球に応じて、軸足のためた体重を移動させるタイミングを調整するということです。

 

 

 

 

こうすることであらゆる球に対し、対応しやすくなります。

 

 

 

 

 

もう1つのタイミングの取り方がスイングの始動時に合図のような動きをつけることです。

 

 

 

 

 

どういうことかと言いますと、私自身が実際にこのタイミングの取り方をしていたので私自身の話をします。

 

 

 

 

私の場合は来た球に対してタイミングを合わすというよりはスイングを流れのようなものだと思ってたのでテイクバックでピッチャーのタイミングを合わせ、テイクバックをしたらそのままスイングをしていました。

 

 

 

 

 

別にテイクバックでなくても自分の中で何かしらのスイングの始動の合図のようなものがあれば何でもいいです。

 

 

 

 

このようにスイングの始動を自分でタイミングを合わせることで来た球に応じてタイミングを合わせるのに対し、自分のスイングをしやすくなります。

 

 

 

 

ただし、当然自分でスイングのタイミングを合わせているものの、思ったような球が来なかった時の対応力はかなり低いのがこのタイミングの取り方のデメリットではあります。

 

 

 

 

私の場合は変化球を打つのがどちらかというと苦手でしたので打席に入る前からピッチャーのストレートのみにテイクバックのタイミングをうまく合わせていました。

 

 

 

 

 

このように振り出すタイミングの合図のようなものをスイングの中に入れることでタイミングを合わすこともできます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

タイミングがとれないと、自分のスイングが打席で出来なくなってしまいます。

 

 

 

 

当然、バッティングで成績を残すにはしっかりと自分のスイングをすることが求められます。

 

 

 

 

そのためにもタイミングがとれないということを減らし、自分のスイングをする必要があります。

 

 

 

 

 

タイミングはなんとなくとっていると、とれないものです。

 

 

 

 

自分でしっかりとタイミングをとれるようにすることで、今よりも良いバッターを目指して頑張って下さい。

 

 

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

7日で打率を上げる練習。詳しくはこちら

関連記事

バッティング タイミングの取り方が早い 下手という人の練習

 

タイミングの取り方が下手、早いという方必見!バッティングのタイミングの取り方について紹介しています。

 

バッティング タイミング合わない人の練習方法と解決方法

 

タイミングが合わない、タイミングが取れないという人におすすめの練習方法を紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

バッティング グリップから出すインサイドアウトのスイングを身に付ける

 

バッティングはグリップから出すインサイドアウトのスイングが基本です。インサイドアウトのスイングを正しく身に着ける練習を紹介。

 

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

素振りは最強のバッティング練習!素振りの本質を知り打率を上げる!

 

バッティング練習の最も基本と言われる素振り。実はその素振りが最強のバッティング練習になることを知っていますか?素振りの本質をしることで打率は今よりも一気にあがります。

 

レベルスイングの練習方法!わかりやすい野球バッティング上達方法

 

理想のスイングであるレベルスイングを身に着ける練習方法とは?非常に分かりやすいレベルスイングの練習方法を紹介しています。

 

レベルスイングのメリットを知りヒットを量産!野球バッティング上達

 

レベルスイングのメリットを知るとヒットが量産できる!?そんなレベルスイングのメリットとは?