ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

鋭く伸びる打球の打ち方!バックスピンのかけ方

鋭く、伸びる打球ってどうやったら打てるのか?

 

 

 

このように考えたことはあると思います。

 

 

思い切り振ってとらえたと思ったけども思ったよりも打球が飛ばなかったり、全然打球が伸びず外野フライになってしまったり。

 

 

 

こんな経験はあるのではないかと思います。

 

 

 

反対に、プロ野球選手、メジャーリーガーなどを見ていると

 

 

「え?そんな簡単に打球が飛ぶの?」

 

 

 

みたいなことを思って事はあると思います。

 

 

全然力が入っていないように見えたり、軽く振っただけで打球がものすごく鋭く、伸びるシーンもよく目にします。

 

 

多くの人はそういった打球はプロ野球選手のパワーがあるからと思っていますが、あれって実はパワーよりも技術面の方が大きいんです。

 

 

 

プロ野球選手もそうですし、ホームランバッターと言うのはパワーがあるだけでなく、ホームランの打ち方、鋭く伸びる打球の打ち方を知っています。

 

 

そして、打球を打つときのポイントになるのがバックスピンなんです。

 

 

 

ホームランバッターや鋭く伸びる打球を打てる選手たちは、意図的にバックスピンをボールに加えて、少ない力で遠くへ打球を飛ばすことが出来ます。

 

 

 

これが出来るか、出来ないかで打球の質は明らかに変わります。

 

 

 

そこで今回は鋭く伸びる打球の打ち方として、バックスピンのかけ方、その練習を紹介していきたいと思います。

 

バックスピンをかけるとどうなるの?

そもそもバックスピンをかけると一体どうなるのか?

 

 

まずここから説明したほうが良いですよね。

 

 

 

打球を遠くへ飛ばすのに必要なのが角度です。

 

 

 

当たり前ですが、上からボールを叩きつけた場合、強いだきゅが打てることは打てますが、ゴロになってしまうので打球は遠くへは飛びません。

 

 

まず遠くへ飛ばすにはボールにある程度の角度をつけて、それにさらにスイングによるパワーを加えることで飛距離がまた変わってきます。

 

 

 

そして、ここからボールの回転が重要になってくるんです。

 

 

 

例えば打球が上がったものの、ボールが順回転(トップスピン)であるとボールは沈みやすくなると言いますか、伸びにくくなります。

 

 

反対に、バックスピンが加わればボールは上へ、上へと伸びやすくなるのは分かりますよね?

 

 

 

分かりやすい例を出すならば、バッティングマシーンをイメージしてください。

 

 

 

バッティングマシーンにはいろいろなタイプがありますが、基本的な形としては、上下が高速で回転しており、そこにボールを入れることでボールを飛ばすものです。

 

 

 

これは上下からうまい具合にボールに回転を与えて、狙った位置にボールを飛ばせるようになっています。

 

 

 

このバッティングンマシーンの上下の回転をそれぞれ変更するとボールに加わる回転も変わってきます。

 

 

上側のみ回転数を増やせばボールにはトップスピンが強く加わり、落ちる球が飛んでいきます。

 

 

 

逆に下側のみ回転数を増やせばボールにバックスピンが加わり伸びる打球が出てきます。

 

 

危険ですのでバッティング練習などではやってはいけませんが、バッティングマシーンで外野フライを飛ばしているチームも多いですが、その時の回転の設定は必ず下側の方が回転数が大きいはずです。

 

 

 

このようにトップスピンかバックスピンかの違いだけで打球の伸び、飛距離は全く変わってきます。

 

 

 

さて、バックスピンをかけると打球の伸びや鋭さが大きく変わることは理解していただけたと思います。

 

 

 

もしこれをプロ野球のホームランバッターのように意図的にかけることが出来たら、バッティングは劇的に変わると思いませんか?

 

 

 

間違いなくバックスピンを意図的にかけれるようになれば、打球は鋭く、伸びますし、打球の質は変わります。

 

バックスピンをかける練習

さて、では肝心のバックスピンのかけ方は?

 

 

 

鋭く、伸びる打球を打つために是非とも身につけておきたい技術ですが、自然と身につけることが出来る練習メニューを2つ紹介したいと思います。

 

 

 

1つ目のメニューは逆手ティーバッティングです。

 

 

 

この練習ではヘッドを走らせる、手首を返すスイングを身につけることが出来ます。

 

 

 

詳しくはバッティング ヘッドを走らせると打球が飛ぶ!で説明をしていますが、プロ野球選手は当たり前のように打つ瞬間に手首を返し、ヘッドを走らせています。

 

 

 

これを簡単に説明すると、打つ瞬間に手首を返す動きをすることでヘッドが走り、ボールにバックスピンが加わりやすくなります。

 

 

 

よく意味が分からないという人はこの練習メニューをやっていただければ少しは手首を返すという意味が分かると思います。

 

 

 

また、それだけでなく、打球が弱く、伸びない選手の特徴として、打つ瞬間にヘッドが寝てしまっている選手が多いです。

 

 

手首を返すことが出来ると、ヘッドが走り、打つ瞬間にヘッドが立ちます。

 

 

こうすることでボールに打ち負けないことと、ボールの下側をヘッドが立った状態でとらえることができ、バックスピンもかかりやすくなります。

 

 

 

それらを身につける逆手ティーバッティングですが、やり方は非常に簡単でバットを持つ手を上下逆にした状態でティーバッティングをするだけです。

 

 

 

右バッターなら本来グリップエンド側にある左手を右手の上に、左バッターならその逆ですね。

 

 

 

これは実際にやっていただけば分かりやすいですが、この逆手でバットを持った状態で強い打球を打つとなると普段バットを持つ際に上にある方の手をうまく使う必要があります。

 

 

 

つまりこの練習メニューの場合グリップエンド側にある手の手首をうまく返すように使わないとこの状態で強い打球は打てません。

 

 

 

また逆手にする理由は、逆手にするとこの手首を返す動きが自然とできやすいからです。

 

 

 

ヘッドを走らせるための手首の動きが分かったら、次は普通にバットを持って、先ほどと同じような感覚で打ってみて下さい。

 

 

 

この時に手首が返る感覚やヘッドが走る感覚があれば大丈夫です。

 

 

 

ただし、誰でもすぐに身につく技術ではないです。

 

 

 

焦らずにこのメニューを続けながら徐々にヘッドを走らせる感覚を身につけていくのが理想だと思います。

 

 

 

2つ目の練習メニューはバックスピンティーバッティングです。

 

 

バックスピンを加えるにはバットを入れる角度が非常に重要です。

 

 

 

先ほど上から叩くスイングを例に解説をしましたが、ボールに対して、バットをどの角度で入れるか、たったこれだけでもボールに加わる回転は大きく変わります。

 

 

バットを入れる角度によってはボールに強烈なバックスピンを加えることができ、打球を遠くへ飛ばすことが可能になります。

 

 

分かりやすいイメージとしては、バットを上から叩くようにボールを打てばボールの上側を叩くことになりトップスピン(順回転)がかかります。

 

 

 

これだと鋭いゴロは打てますが、遠くへ伸びる打球は打てません。

 

 

逆にボールに対しバットを下から、またはレベルスイング(水平)で打ち、ボールの下側を捕らえればバックスピンがかかり打球は上がりやすく、さらに伸びやすくなります。

 

 

 

近年、話題になっているフライボール革命とは簡単に言ってしまえばこのことで、アッパー気味なスイングでフライを打ち上げるイメージで振ることでボールにバックスピンを加えてボールをより遠くへ飛ばすということです。

 

 

 

ホームランアーチストと呼ばれる選手たちはこのバットの入れ方や、バックスピンのかけ方を知っています。

 

 

 

パワーがなくてもバットの入れ方やバックスピンをかけられるかどうかで打球の飛距離ははっきりと変わってきます。

 

 

 

そんなバットの入れ方と、バックスピンを加えるスイングを身につける練習がバックスピンティーバッティングです。

 

 

ティーバッティングで使われるティースタンドを使った練習メニューなのですが従来のティースタンドは

 

 

FBT-351 スウィングパートナー野球 バッティング練習 バッティングティー ボール不要 ティーバッティング 野球 打撃練習器具バッティングティー硬式

 

 

 

このような形のボールを置くタイプのものが多いです。

 

 

 

ですがこのタイプのティースタンドですと置いてあるボールを打つため、どうしても上から打つスイングになってしまいます。

 

 

 

これではトップスピンがかかった打球になってしまい打球は遠くへは飛びません。

 

 

 

打球を飛ばすためのスイングを身につけるティーバッティングはボールを吊るすティースタンドを使うことで身につけることが出来ます。

 

 

 

あす楽 backspin Tee 野球用 ティースタンド バッティングティー バックスピンティー スタンダード 並行輸入品

 

 

 

このようなティースタンドを使ってティーバッティングを行っていきます。

 

 

この練習メニューはメジャーリーグの約30球団をはじめ、日本のプロ野球球団やアマチュア野球のチームでも多くのチームが取り入れています。

 

 

 

また、セッティングも1人で簡単に出来るため個人のトレーニングとして使いやすいのも特徴です。

 

 

 

この練習で打球を飛ばすためのバットの入れ方や、バックスピンをかけるスイングを身につけることができ、打球の質は明らかに変わると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は鋭く伸びる打球の打ち方として、バックスピンをかけることの重要性やその練習方法について紹介をさせていただきました。

 

 

 

記事中でも書きましたがバックスピンを意図的にかけることが出来れば、打球の質ははっきりと分かるほど変わります。

 

 

 

またそのバックスピンのかけ方の1つでもある手首の返し、ヘッドを走らせる技術を身につけることで、体勢などを崩されてもしっかりとボールを飛ばす技術も身についていきます。

 

 

 

プロ野球選手のように鋭く、伸びる打球、飛距離のあるホームランを打つにはパワーだけが必要ではないです。

 

 

今よりも打球を遠くへ飛ばすために、今よりも鋭く伸びる打球を打つために、良かったらバックスピンをかける練習を取り入れてみて下さい。

 

 

 

たった7日で打率を上げる練習

たった7日で打率を上げる方法ことができるのか?

 

 

 

もちろんそれは難しいことですが、もし7日間必死に一生懸命練習を続けることができる人なら可能です。

 

 

 

 

バッティングとは非常に難しいイメージが強いものですが実際は意外とシンプルで基本的な部分をしっかりと理解し、身に着けることで打率は上がります。

 

 

 

 

その基本的な部分というのは知っているか知っていないか、ただそれだけの差です。

 

 

 

バッティングには上達、打率を上げる妨げになる要素がが7つあります。

 

 

 

それが

 

 

・肩に力が入っている

 

・ボールを待てない、打ちに行ってしまう

 

・体の開き

 

・体が突っ込んでしまう

 

・バットが悪い形で下から出る

 

・スイングが外回りしてしまっている

 

・バットが出てこない

 

 

この7つです。

 

 

 

バッティングにおいてまず大切なのは基礎を作ること、基本的なスイングを身に着けることです。

 

 

これが出来ずにいろいろな技術などを身に着けようとしたり、取り入れようとしても基礎となるスイングが正しく出来ていないとなかなかバッティング上達にはつながりません。

 

 

 

そしてこの7つの要素に焦点を集中させることで、7日間で正しい基礎となるスイングを身に着けることが出来ます。

 

 

 

 

もし、あなたが本当に打率を上げたい!今よりも良い打者になりたいと思うのであれば7日間本気でバッティング練習に取り組むことで、それに必要なバッティングの基本的な部分とバッティングに必要な技術を身に着けることができます。

 

 

 

野球選手であればしっかりと練習に取り組めるということが条件ですがどんな選手でも大丈夫です。

 

 

 

 

特にまだ基礎が身についていないお子さんを持つ親御さんなどには指導の役に立つと思います。

 

 

人気記事一覧

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

ホームランの打ち方のコツと効果的な練習メニュー5選!

 

ホームランには打ち方とコツがあることを知っていますか?効果的なバッティング練習を5つ厳選し紹介しています。

 

野球 バッティングのコツはたったこれだけ!打率アップに必要なこと

 

バッティングにコツなんてあるの?意外と簡単?なバッティングのコツを紹介しています。

 

日本人が打球が飛ばないのはパワーのせいじゃなく打ち方にあった

 

日本人が打球が飛ばないのはパワーのせいだと思っていませんか?それは大間違いで、理由は外国人選手との打ち方の違いにあります。

 

メジャーリーグで大流行!ホームランを打てるようになる練習を紹介!

 

メジャーリーグで大流行したホームランを打てるようになるバッティング練習とは?

 

ホームランバッターのスイングは何が違うのか?

 

なぜあの選手はホームランをたくさん打てるのか。ホームランバッターとのスイングの違いを徹底解説!ホームランを打ちたい選手必見です。

 

変化球の見極め方!バッティング上達方法

 

変化球が見極められない選手必見!簡単に変化球を見極める方法を紹介しています。