visionupで打率を急激に上げる!効果や使い方など

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネvisionupとは

野球、バッティングは技術が大事

 

 

 

 

もちろんこれは間違いではないですし、否定をするつもりもありません。

 

 

 

 

がしかし、打率を上げることや、ヒットを打つことに必要なのが技術だけとも私は思いません。

 

 

 

 

 

何が必要かと言いますと、タイトルにもあるように動体視力です。

 

 

 

 

 

動体視力を鍛えることで、打率を上げることができますし、もちろんプロの選手も必ず鍛えるのが動体視力です。

 

 

 

 

野球に限らず、多くのスポーツ選手やアスリートの方々が動体視力を鍛えています。

 

 

 

 

そのくらい、動体視力は野球はもちろんスポーツにおいて、パフォーマンスに影響してきます。

 

 

 

 

 

そして、その動体視力を鍛えることで自身のパフォーマンスを向上されることができます。

 

 

 

 

これはつまり、野球のバッティングで言うと、今よりもヒットはもちろん、ホームランや長打が増えたり、当然打率を上げることにもつながります。

 

 

 

 

さて、そんな野球、バッティングにおいて重要とされる動体視力ですが、どのようにして鍛えれば良いのか?

 

 

 

 

実は動体視力の鍛え方の1つとして、プロ野球選手はもちろん、多くのアスリートの選手も愛用しているvisionup というものがあります。

 

 

 

 

その動体視力トレーニングメガネとは一体どういったものか?

 

 

 

 

今回は動体視力についてと、visionup について紹介していきたいと思います。

 

動体視力とは?

まずは動体視力について簡単に説明していきたいと思います。

 

 

 

 

動体視力とはわかりやすく言うと動いているものの情報を正確に処理する能力のことです。

 

 

 

 

この動体視力が良いと、ピッチャーの投げたボールの情報をより正確に処理することができますので、その球に対する正しい打ち方を実際にできるというわけです。

 

 

 

 

実はこの動いているものの情報処理能力というのは、自分ではできているつもりでも実際には出来ていないことが多いです。

 

 

 

 

打ち損じなどは個人的にはその代表的なものだと思います。

 

 

 

 

自分の好きな球、甘い球と思ったものの、そのボールの情報(コースや高さ、球種)を正確に処理できていないため、実際の動作と処理した情報の間にずれが生じ、打ち損じとなります。

 

 

 

 

 

動体視力を鍛えることでこういった打ち損じを減らすこともできますし、今まで苦手だったコースや球種の球の情報も正確に処理できるようになります。

動体視力の重要性

では次に動体視力の重要性についてより詳しく説明していきます。

 

 

 

極端な話になりますがどんなにバッティング技術が高くても、どんなスイングが素晴らしくてもボールを見なければ打つのは難しいです。

 

 

 

バッティングとは技術などの前に、大前提としてボールをしっかりと見るという作業が必要になります。

 

 

 

そしてそのボールを見る作業がものすごくバッティングでは重要ということになります。

 

 

 

ちなみに先日惜しまれつつも現役を引退されたイチロー選手も技術はイチロー選手本人も大きく衰えてはいないとおっしゃっていましたがやはり視力、動体視力の低下による影響が大きいとのことです。

 

 

 

私なんかがこうして言うのも大変恐縮ではありますが、全盛期のイチロー選手に比べて引退された前年のイチロー選手を見ると、スイングなどではなく投球に対する反応速度が大きく変わった印象を大きく受けました。

 

 

 

実際、試合前のバッティング練習では誰よりもホームランを打つことで知られるイチロー選手ですが、引退された年の試合前練習ではいつもと変わらぬスタンドインを連発していました。

 

 

 

やはり実際にピッチャーが本気で抑えに来る活きた球を打つのとでは変わってくるのだと思います。

 

 

 

このようにバッティングでしっかりと成績を残すには、そしてバッティング技術が優れている選手であればあるほど動体視力を鍛え、ボールの情報を正確に素早く処理することがそのバッティング技術を最大限に発揮するためには必要になってくると私は思っています。

 

 

 

 

バッティングとはザックリ言ってしまえばピッチャーが投げた球を打ち返す。これだけです。

 

 

 

ただしこの一瞬の時間の中に、ボールを目で見て、コースや高さ球速変化の軌道などの情報を処理するという作業が毎回行われています。

 

 

 

当たり前すぎてあまり考えたことがない選手が多いと思いますが、これってかなり重要なことだと思いませんか?

 

 

 

もし動体視力が良ければボールの情報を周りの選手よりも早く、そして正確に処理することができ、それに対する正しいスイング動作を脳から信号として体全体に送られます。

 

 

 

動体視力が悪いと、曖昧なボールの情報をもとに脳からスイング動作の信号が体全体に送られます。

 

 

 

ボールへの反応速度にも大きく差が出ますし、そうなれば当然速球や変化球など球を見れる時間もわずかながら差が出てきます。

 

 

 

一見ピッチャーが投げた球を打ち返すだけという一瞬の勝負の中にこれだけいろいろなことが起きているのです。

 

 

 

動体視力の重要性について分かっていただけたでしょうか?

 

 

 

また、バッティングだけでなく動体視力は野球のプレー全般に活きてきます。

 

 

 

例えば内野手の打球処理などではゴロのバウンドに合わせる時や、イレギュラーへの反応速度。

 

 

 

外野手であれば打った瞬間の打球の位置や落下地点の把握。

 

 

 

ランナー時では打球判断の速度とその正確性。

 

 

 

野球の1つ1つのプレーに動体視力は間違いなく活きてきます。

 

 

 

これを機に、バッティングはもちろん野球のプレー全般のパフォーマンスの向上のために動体視力を鍛えてみてはいかがでしょうか?

 

動体視力の鍛え方

では続いて動体視力の鍛え方について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

今回紹介する動体視力の鍛え方は最初にも紹介したvisionup です。

 

 

 

 

visionupは見るチカラを鍛えるというのがコンセプトである、多くのアスリートが愛用するメガネです。

 

 

 

 

どういったメガネかと言いますと、かけるとレンズが点滅し、見えにくくなるのと同時に脳を活性化させていきます。

 

 

 

 

それと同時に眼の筋肉を刺激し、動体視力を鍛えていきます。

 

 

 

 

その他にも集中力の向上や判断力の向上などの効果もありますし、動体視力の低下を防ぐ効果もあります。

 

 

 

 

大学生、それ以上の社会人野球や草野球などでプレーする人はもちろんですが、小中高生といった動体視力の発達期に使用することで動体視力のピークである20歳ごろの状態まで動体視力を持っていくことを可能にします。

 

 

 

プロ野球選手で言うと、球界屈指の好打者日本ハムファイターズの近藤健介選手はこの動体視力トレーニングメガネ visionup使用し、ティーバッティングなどのバッティング練習を行っていることで有名です。

 

 

近藤健介選手のバッティングを徹底解説!高打率の秘密とは?

 

 

他にも多くのアスリートが愛用していますし、TVなどのメディアでも多く紹介されているものです。

visionupの使い方や効果

ではvisionupの使い方や効果について紹介をしていきます。

 

 

 

visionupは世界初の動体視力トレーニングメガネとして数多くのメディアで紹介されており国際特許も取得しているものです。

 

 

まずvisionupの使い方は1時間〜1時間30分ほどの充電が必要です。(購入直後はもう少し長くかかります)

 

 

 

充電が完了すると電源ボタン、点滅調節ボタンを使ってレンズを点滅させていきます。

 

 

 

この状態でvisionupをかけて、動体視力のトレーニング(メニューは後程紹介します)を行うことで動体視力を鍛えていきます。

 

 

点滅することで少し見づらいと感じる人が多いかと思いますがそれは特に問題なく、それによって動体視力の強化に必要な筋肉が鍛えられます。

 

 

また、レンズの点滅をかなり近くで見ることになるので目へあまり良くない影響があるのでは?という心配も多いようですが、そのあたりも問題はなく正確に言うと光を遮断しているので目への悪影響はありませんので安心して使用が出来ます。

 

 

 

基本的にはかけているだけで効果があり、その効果をより活かすためにかけた状態で動体視力のトレーニングを行うのが最も良いと思います。

 

 

 

また毎日使うのではなく、2〜3日に1度、週に2,3回のみの使用で良く、一度のトレーニングも10分〜20分程度で良いので使ったら充電して放置という使い方もしやすいです。

 

 

 

次にvisionupの効果について。

 

 

 

効果に関しては私自身が実際に使って効果があったというのが1つですがそれですとあまり効果が分かりにくいと思います。

 

 

ですのでvisionupを愛用するプロ野球選手の1人である近藤健介選手の成績を見ながらvisionupの効果を見ていきます。

 

 

 

まず近藤選手はvisionupと2018年にアドバイザリー契約をしました。

 

 

3割を当たり前のように打ち、2017年には規定打席には達しませんでしたが.413という驚異的な打率を残し「幻の4割バッター」と呼ばれて話題になりましたね。

 

 

そんな近藤選手はvisionupを愛用し動体視力を鍛えており、過去には

 

 

「visionupを使い始めてから調子が良い」

 

 

 

このような発言もしています。

 

 

その効果は打率だけでなく、動体視力の差が最も出やすいとされる選球眼にも表れています。

 

 

近藤選手は球界1と言われる選球眼の持ち主で、その四球の数を見ても

 

 

2018年・・・87個(リーグ3位)

 

2019年・・・100個(リーグ1位)※9月6日時点

 

 

このように選球眼が優れていることが分かります。

 

 

さらに4割を打った2017年には60個の四球を選んでいます。

 

 

ちなみに2017年の四球数トップが柳田選手の89個なのですが柳田選手の打席数は551打席。

 

 

一方で近藤選手は231打席で60個の四球ですのでその選球眼の良さは説明不要でしょう。

 

 

 

また、動体視力の強化の効果として選球眼が良くなるだけでなくボールが正確に見えるようになるということもあります。

 

 

 

信じられない人も多いでしょうが動体視力が良い選手の中にはボールが遅く見えたり、縫い目まではっきりと見えるというような選手もいるのです。

 

 

 

近藤選手もそういった選手の1人で、バッターを一番近くで見ている他球団の捕手の中には

 

 

一番抑えにくいのは近藤選手。どんな球にも、どんな配球をしてもタイミングをばっちりと合わせてくる。打ち損じを願うしかありません(笑)

 

 

このように言う選手もいます。

 

 

それだけ色々な球種、タイミング、コースの球を正確に見れる動体視力を持っていると言えます。

 

 

そしてこのようなバッティングを可能にしたのが動体視力の強化であり、その強化のために近藤選手が使用しているのがvisionupというわけです。

 

 

使用体験談

次に私自身がこのトレーニングメガネを使用した体験談を少しだけ紹介したいと思います。

 

 

 

動体視力を鍛えたほうが良いというのは知っていたものの、私自身、視力が別に悪くなかったのでボールは全然見えるし必要ないだろうという風に思っていました。

 

 

 

結論から言ってしまうと、普通の視力と動体視力は全く別物だと思っていたほうが良いです。

 

 

 

目が良いからと言って動いている物体を正確に見えるというわけでは決してないですし、私はそのことを身をもって体感しました。

 

 

 

私が動体視力を鍛えようと思ったきっかけが知人がきっかけで元プロ野球選手とその選手のトレーナーをしていた人とお話をする機会がありました。

 

 

 

そこで聞いたのが、プロ野球選手がプレーの衰えを感じたり、最悪引退を決意するきっかけになる要因として多いのが動体視力の低下だということです。

 

 

 

スイングは以前と何も変わらず、バッティング練習では問題なく強い打球を連発できるものの、試合になり相手投手の本気の球を打つとなると自分の思ったようにボールがジャストで当たらないそうです。

 

 

 

ボールは見えているのに、うまく当たらないというような表現をされていました。

 

 

 

プロ野球になれば、それだけストレートの球速、変化球のキレなども良くなるので余計に動体視力の影響は大きいです。

 

 

 

そして動体視力は普通の視力とは違い、衰えはするものの鍛えることが出来るし、衰えを防ぎ、維持することが出来るということもその時に教えてもらいました。

 

 

 

それからトレーニングメガネを使っていない動体視力のトレーニングを開始し、後にトレーニングメガネを使用したトレーニングも始めていきます。

 

 

 

少しの変化を感じたのは1か月、はっきりと変化を感じたのは3か月後でした。

 

 

 

おそらく徐々に動体視力が鍛えられていったので気づきにくかったのだと思いますが、動体視力のトレーニングを始めて2か月あたりが経過したときの試合でボールの見え方がはっきりと変わったと感じました。

 

 

 

良くプロ野球選手がボールが止まって見えるだったり、回転まではっきりと見えたなんていう表現をされます。

 

 

 

そんな高いレベルの話ではないですが、以前はボールという1つの動く物体を見て、その位置を把握していただけだったのが、回転までは見えないものの縫い目であったり、変化の軌道球の球速など細かい部分までが判断出来る要因なりました。

 

 

 

この球はここに来るだろう、この変化で、この軌道で向かってくるだろう。

 

 

 

こういったことが以前より素早く、そして正確に出来るようになったとはっきりと分かりました。

 

 

 

またこういったことが素早く出来ることで、ボールに対する余裕ができ、タイミングを合わすのが簡単になったりピッチャーとの間合い、リズムも取りやすくなりました。

 

 

 

ではトレーニングメガネの使用感について。

 

 

 

先ほども紹介しましたがかけるとレンズが点滅し脳が活性化されます。

 

 

 

そしてこの時に眼の筋肉を刺激し動体視力を鍛えていく。これが簡単な仕組みです。

 

 

 

レンズが点滅することでやや見にくくなりますがそれによって動体視力が鍛えられていると思えば納得できるかと。

 

 

 

具体的にこのメガネを使いどのようなトレーニングをしたか。

 

 

 

まずは普通に簡単に行える指を使った動体視力のトレーニング。

 

 

 

親指を立てた状態で顔の前に置き、目だけで親指を見るのを繰り返すトレーニング。

 

 

 

これは有名なトレーニングですがこれをトレーニングメガネをかけた状態で行っていきます。

 

 

 

かけた状態でやるのとそうでない状態でやるのとでは効果は全然違うと言えます。

 

 

 

他には柔らかいボールにそれぞれ違う数字を書いたものを複数用意します。

 

 

自分はどのボールを投げるかは見ない状態で壁に投げて、跳ね返ってきた球に書かれた数字を当てるというトレーニングもやりました。

 

 

 

これも当然、トレーニングメガネをかけた状態でです。

 

 

 

基本的にはこの2つを数十分行うのを3日に1度やります。

 

 

 

たったこれだけで、動体視力は鍛えられ、ボールの見え方が劇的に私は変わりました。

 

 

その他のトレーニング方法はvisionupの公式サイト でも紹されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

今回は野球のバッティングに必要な動体視力の鍛え方としてトレーニングメガネを紹介させていただきました。

 

 

 

 

最初にも言いましたが、バッティングは技術ももちろん重要ですが、それだけではいけません。

 

 

 

 

動体視力を鍛えることで今よりも高い打率、そして今よりも良いバッターを目指していきましょう。

 

 

visionupによく似た偽物の商品や効果の期待できない商品も出回っているようです。visionupのご購入をお考えの方は必ず公式サイトの方から購入をするように注意してください。

 

 


 

人気記事