ホームラン ヒット 簡単 野球 バッティング

打撃フォームについて

打撃フォーム

 

打撃フォームはバッティングにおいてものすごく重要です。

 

 

打撃フォームどんな打撃フォームならもっと打てるようになるか

 

 

打撃フォーム今の打撃フォームの悪い部分はどこか

 

 

こういった事を意識しながらバッティング練習をしているかと思います。

 

 

 

ほんの少し打撃フォームを変えたらバッティングが劇的に変わったという例も多くあるように、打撃フォームはその選手の持っている力をどれだけパフォーマンスとして発揮できるかを大きく左右します。

 

 

 

しかし、そうは言っても打撃フォームは一体どんなものが良いのか?という疑問を抱く人も多いです。

 

 

 

実際、プロ野球選手を見ていても選手によって打撃フォームは全然違いますし

 

 

打撃フォームなんでそんな打撃フォームで打てるの?

 

 

なんて感じる選手だっていると思います。

 

 

打撃フォームってそう考えるとかなり奥深いものだと私は思っています。

 

 

 

選手の数だけ打撃フォームがあり、人によって打てる打撃フォームもあれば打てない打撃フォームもあります。

 

 

 

そこで今回はそんな打撃フォームについて紹介をしていきたいと思います。

 


打撃フォームを考える

打撃フォーム

 

打撃フォームが重要だということは説明するまでもなく分かっていることだと思います。

 

 

ですが先ほども言ったように、重要なのは分かっていてもどんな打撃フォームが良いのかが分からない。

 

 

例えばですがあるプロ野球選手の真似をしてみたり、どこかで得た情報をもとに打撃フォームを考えてみたり。

 

 

 

こういったことは非常に良いことなんですが、必ずしもこれで打てる打撃フォームが出来上がるかと言われるとそれは違うと思います。

 

 

プロ野球選手の真似をするにしても、もしその打撃フォームが自分に合っていなかったらどうでしょうか?

 

※真似をするならこの選手というプロ野球選手を紹介している記事はこちらです↓

 

真似をするならこの選手!きれいなバッティングフォームの選手とは?

 

 

どこかで得た情報がうまく理解できなかったり、自分には合わなかったらどうでしょうか?

 

 

結局何が言いたいかといいますと、詳しくは【野球】理想のバッティングフォームなんてものは存在しない!?で解説していますが打撃フォームに正解は実はないんです。

 

 

結果を残しているプロ野球選手を見ても打撃フォームは全然違いますし、その選手たちが打撃フォームについて議論した場合、おそらく考え方や意識の食い違いは出てくるはずです。

 

 

ですがそれでもそれぞれ結果は出ています。

 

 

要は打撃フォームを考えるうえで大切なのは何が正解か?を考えるのではなく

 

 

打撃フォーム自分に合った打撃フォームを見つけること

 

 

 

これだと私は思っています。

 

 

打撃フォームの形よりも

 

 

 

打撃フォーム今の自分に何が必要なのか

 

 

打撃フォーム何を身につけたいのか。

 

 

 

こういったことを考えると必要な動作というのが見えてきます。

 

 

 

例えば体重移動を身につけたいという選手の場合、下半身の使い方を覚えなくてはいけません。

 

 

この時にどういった動きを打撃フォームに組み込めば、体重移動がしやすいか?

 

 

これを突き詰めていくと最終的にそれが自分に合った打撃フォームになるわけです。

 

 

ですので打撃フォームを第一に考えるのではなく、まず自分に今足りないこと、身につけたいことを練習します。

 

 

 

その中でそれらをバッティングに活かせる体の使い方、意識をうまく打撃フォームに組み込める動きを見つけていくことが私は打撃フォームを考えるうえで最も大事だと思っています。


これだけは要チェック

打撃フォーム

 

打撃フォームは身につけたいことを練習する中で最終的に自分に合った形を作り上げると言いましたが、それでもやはり最低限押さえておきたいポイントがいくつかあります。

 

 

 

打撃フォームとはバッティングに必要なことをするための動きがそれぞれ合わさったものです。

 

 

 

ですので最低限バッティングに必要になることは、打撃フォームは違えど選手はそれぞれ意識しているはずです。

 

 

 

なので今から紹介する3点は打撃フォームを考えるうえで最低限意識をしておいてください。

 

 

目と肩の位置

 

 

1つ目が目と肩の位置です。

 

 

打撃フォームを考えるうえでスイング動作ばかりに意識が行きがちですが、目と肩に位置がずれるとバッティングに大きな悪影響を及ぼします。

 

 

当たり前ですが、バッティングとは目でボールを見て、その情報をもとにバットでボールを打ちに行きます。

 

 

 

どんなにいいスイングが出来てもバットにボールが当たらなければ意味がありません。

 

 

より正確にボールを情報を処理するためにも目と肩の位置がずれないように注意をしてください。

 

解説記事 バッティング ボールの見方や目線で打率が大きく変わる

 

 

打つポイント

 

 

2つ目は打つポイントです。

 

 

打つポイントとはどの位置でバットでボールを打つかです。

 

 

分かりやすく言えばものすごく体の近くで窮屈に打ってもボールに力をうまく伝えられません。

 

 

逆に腕を伸ばしきって打っても力を伝えられません。

 

 

一番しっかりと力を伝えられるポイントで打つことはバットとボールが当たるまでの過程がどんな形であればしっかりと自分のポイントで打つことが大事です。

 

 

解説記事 野球 バッティングのコツはたったこれだけ!打率アップに必要なこと

 

 

 

正しい体重移動

 

 

3つ目は体重移動を正しく行う事。

 

 

体重移動が正しく行えない打撃フォームですと、バランスが崩れやすくなったり、力をうまく伝えられなくなったり。

 

 

本来良かれと思ってやっているはずの体重移動が打てなくなる原因になることもあります。

 

 

ですので体重移動が正しく行える打撃フォーム、スイング時の動きを注意して下さい。

 

 

解説記事 バッティング 体重移動のコツとやり方 できない人必見


まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

今回はバッティングにおける打撃フォームについて紹介をさせていただきました。

 

 

打撃フォームには正解はなく、必要なことを身につけ、それを活かせる動きが最終的に自分に合った打撃フォームになります。

 

 

あの選手は打てているから打撃フォームを真似してみよう。

 

 

この打撃フォームの方がカッコいいから。

 

 

 

こういったことも大切ではありますが、なぜその動きを打撃フォームに取り入れるのか、その動きの目的は何か。

 

 

 

こういった点を本人が理解できていないとそれは自分に合った打撃フォームとは言えません。

 

 

 

バッティングにおいて重要な打撃フォームだからこそ、自分に合った自分だけのものを作り上げ、今よりも良い成績が残せるようにしていきましょう。

 

 

 

人気記事

【野球】理想のバッティングフォームなんてものは存在しない!?

 

理想のバッティングフォームなんて存在しないのか?あなただけのバッティングフォームを完成させる練習をすべて紹介しています。

 

動体視力を鍛えて打率を急激に上げる!プロ愛用のトレーニングメガネとは

 

動体視力を鍛えると打率が急激に上がる!動体視力を鍛える方法としてプロも愛用するトレーニングメガネとは?

 

7日で打率を上げる練習メニューとは?

 

たった7日で打率を上げることは出来るのか?バッティングのいくつかのポイントをおさえて練習すれば可能です!

 

ホームランの打ち方と効果的な練習メニュー5選!打球の飛ばし方

 

ホームランを打つために必要な5つの事とは?そしてそれらを身につける練習メニューも紹介しています。

 

ホームランバッターのスイングは何が違うのか?

 

なぜあの選手はホームランをたくさん打てるのか。ホームランバッターとのスイングの違いを徹底解説!ホームランを打ちたい選手必見です。

 

日本人が打球が飛ばないのはパワーのせいじゃなく打ち方にあった

 

日本人が打球が飛ばないのはパワーのせいだと思っていませんか?それは大間違いで、理由は外国人選手との打ち方の違いにあります。