ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

WBCメジャー組は辞退!侍ジャパンの投手陣はどうなる?

今年行われるWBC(ワールドベースボールクラシック)

 

 

開催までそれほど時間がない現在ですが侍ジャパンにとって嬉しくないことが多い。

 

 

それはメジャー組の不参加率の高さ。

 

 

現在青木宣親選手は侍ジャパン入りが決定していますが、他のメジャー組の日本人選手は侍ジャパン入りが決まっていません。

 

 

青木選手が日本代表に加入したことで戦力は大きくあがったのは間違いないと思います。

 

 

ただおそらく多くの人が感じているのは日本の投手力。

 

 

現在日本国内でプレーしている日本人投手の中に世界で通用するレベルの投手は何人いるのか?

 

 

正直かなり少ないと思います。

 

 

特に先発投手。

 

 

現在メンバーとして発表されている中で個人的にしっかりとゲームを作れる能力があるのは菅野智之選手くらいかなと思っています。

 

 

もちろん先発投手陣以外にも問題はありますが試合の行方を決めるのはやはり先発投手。

 

 

その先発投手はやはりメジャー組の選手。

 

 

ダルビッシュ選手、田中将大選手、岩隈久志選手、前田健太選手。

 

 

こういった選手が加わらないと正直厳しいと思います。

 

 

しかし現在ダルビッシュ選手と岩隈選手は出場辞退。

 

 

そして先日前田健太選手も出場辞退という情報がありました。

 

 

残りの先発投手の田中将大選手も本人はWBCへの出場へは意欲的ですが球団側の意図もありほぼ出場はないとのこと。

 

 

メジャーの先発投手陣は全滅となりました。

 

 

これは侍ジャパンとしても予想外だったと思います。

 

 

現在侍ジャパンのメンバーとして発表されている投手陣は以下の通り

 

 

菅野智之  巨人

 

 

秋吉亮  ヤクルト

 

 

増井浩俊  日本ハム

 

 

宮西尚生  日本ハム  

 

 

大谷翔平  日本ハム

 

 

牧田和久  西武

 

 

則本昂大  楽天

 

 

おそらく小久保監督としてもこのメンバーにある程度のメジャー組が加わった戦力での戦い方をイメージしていたと思いますがまさか一人も代表入りできないという事態。

 

 

見て分かるように先発陣を国内組で強化する必要があります。

 

 

そこでどの選手を国内から招集するかが今後のポイントとなります。

 

 

おそらくソフトバンクの武田翔太選手や千賀滉大選手。

 

 

このあたりが召集の対象になると思います。

 

 

個人的には千葉ロッテの石川歩選手が良いと思っています。

 

 

そもそもなぜ今の時点で招集されていないかも疑問です。

 

 

今の国内の投手で数少ない安定して試合を作れる先発投手です。

 

 

今後その選手を招集するかも楽しみです。

 

 

それともう一つ思ったのが大谷翔平選手の起用方法。

 

 

二刀流でいくのか?投手一本か?打撃一本か?

 

 

これも注目ポイントでしたがメジャー組が侍ジャパンにいない以上大谷選手は投手一本に専念したほうが個人的には良いかなと思います。

 

 

個人的には当初は抑えでの起用がベストだと思っていましたが事態が事態だけに先発での起用も考えるべきでしょう。

 

 

 

 

さてWBCの前にいろいろ大変な侍ジャパン。

 

 

投手陣が不安なだけに攻撃陣が頑張ってほしいです。

 

 

攻撃陣は今の日本人の戦力としてはほぼベストメンバーでしょう。

 

 

もちろん投手陣にも期待していますが打撃陣は特に頑張ってもらいたいです。

 

WBCや侍ジャパン関連の記事