ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

メジャーの年俸は半端ない!日本との差は一体どのくらい

2016年のプロ野球も終わり、現在は契約更改の時期です。

 

 

現在日本のプロ野球ではオリックスの金子千尋選手の5億が最高です。

 

 

次に西部ライオンズのの中村剛也選手が4億1000万円で2番目。

 

 

続いてソフトバンクホークスの摂津正選手、和田剛選手、阪神タイガースの鳥谷敬選手が4億円となっています。

 

 

とても夢のある数字です。

 

 

やはり年俸というのは、選手自身の評価の表れでもあります。

 

 

年俸が高ければ高いほど一流選手と認められたということです。

 

 

日本のプロ野球では5億円がスーパースターや超一流の目安みたいなところがあるような気がします。

 

 

ちなみに過去を含め日本のプロ野球で年俸5億円の選手は以下のような選手がいます。

 

 

・横浜  佐々木主浩選手 6億5000万

 

 

・巨人  松井秀喜選手  6億1000万

 

 

・巨人  阿部慎之助選手 6億

 

 

・阪神  金本知憲選手  5億5000万

 

 

・オリックス イチロー選手  5億3000万

 

 

・ソフトバンク 松中信彦選手 5億

 

 

・ソフトバンク 城島健司選手  5億

 

 

・近鉄  中村紀洋選手  5億

 

 

・日本ハム  ダルビッシュ有選手  5億

 

 

・オリックス  金子千尋選手  5億

 

 

以上が年俸5億円以上を達成した選手です。

 

 

見るだけで興奮するような選手ばかりです。

 

 

やはり5億円の価値のある選手とはそれだけ素晴らしいということがわかります。

 

 

さてところでメジャーで活躍する選手の年俸ってどのくらいか知っていますか?

 

 

実は日本のプロ野球の年俸がかすんで見えるほどメジャーの年俸はぶっ飛んでいます。

 

 

日本人プレーヤーがメジャーだと日本のプロ野球よりもはるかに年俸をもらっています。

 

 

先ほどダルビッシュ選手は日本のプロ野球時代の年俸は5億円というのを紹介しました。

 

 

そのダルビッシュ選手はメジャーリーグで活躍する今、年俸はなんと約13億円です。

 

 

日本にいたころの約2.6倍です。

 

 

メジャーリーグのすごさはプレーだけでなくこういったところにも出ています。

 

 

ちなみに他のメジャーで活躍する日本人選手の年俸は以下の通り。

 

 

・ヤンキース  田中将大選手  約26億

 

 

・マリナーズ  岩隈久志選手  約16億5000万

 

 

・カブス  上原浩治選手  約7億

 

 

・アストロズ  青木宣親選手  約6億5000万

 

 

・マーリンズ  田澤純一選手  約5億8000万

 

 

・ドジャース  前田健太選手  約3億6000万

 

 

・マーリンズ  イチロー選手  約2億3000万

 

 

以上のようになっています。

 

 

5億円どころか年俸10億円を超える選手が3人もいます。

 

 

田中選手にいたっては約26億円というとんでもない数字です。

 

 

それにこの年俸に加え出来高なども加わったらいったいいくらになるのでしょうか?

 

 

もう今となってはこの選手たちを日本の球界にとどめるのは不可能かもしれません(笑)

 

 

とても夢のある話ですので、今の子供たちがこういったものを見ていつかメジャーでプレーしたいなどと思って一生懸命野球の練習をして将来プロ野球やメジャーリーグを盛り上げる日本人選手が今よりもっと増えたらいいなと思います。