WBC 日本代表 弱い 

WBC 日本代表は弱い?優勝は無理?侍ジャパンの戦力を分析

今年3月に行われるWBC(ワールドベースボールクラシック)2017。

 

 

 

 

日本代表侍ジャパンのメンバーも決まり、今後調整していき戦うことになります。

 

 

 

過去2度WBCで優勝している日本代表ですがこんな声が上がっています。

 

 

 

 

今回の日本代表は弱い

 

 

 

 

優勝は無理

 

 

 

先日MLB専門局のWBC特番でWBCの優勝予想がされましたが日本代表侍ジャパンの名前は挙がりませんでした。

 

 

 

 

日本代表はWBCで優勝するのは無理なのか?

 

 

 

また日本は弱いのか?

 

 

 

今回は日本代表の戦力を分析してみました。

 

日本代表戦力分析 投手

・菅野智之(巨人) 

 

 

・秋吉亮(ヤクルト)

 

 

・藤浪晋太郎(阪神) 

 

 

・岡田俊哉(中日)

 

 

・松井裕樹(楽天) 

 

 

・則本昂大(楽天)

 

 

・武田翔太(ソフトバンク)

 

 

・宮西尚生(日本ハム)

 

 

・増井浩俊(日本ハム) 

 

 

・石川歩(ロッテ)

 

 

・牧田和久(西武) 

 

 

・千賀滉大(ソフトバンク)

 

 

・平野佳寿(オリックス)

 

 

 

以上が今回選出された日本代表の投手陣です。

 

 

 

戦力を分析しますと正直厳しいです。

 

 

 

まずは現在メジャーリーグで活躍する投手陣が一人も招集できなかったこと。

 

 

 

メジャーの投手陣の名前を並べてみると

 

 

 

ダルビッシュ有選手

 

 

 

田中将大選手

 

 

 

岩隈久志選手

 

 

 

田澤純一選手

 

 

 

前田健太選手

 

 

 

こうして名前を並べてみると戦力にとても差が出るのは分かると思います。

 

 

 

彼らを招集できなかったことはもちろんですが他には個人的には左投手が弱いというのが気になります。

 

 

 

今回選出された左投手は

 

 

岡田俊哉選手

 

 

松井裕樹選手

 

 

宮西尚生選手

 

 

この3人です。

 

 

 

いづれも中継ぎ以降が役割です。

 

 

 

良い投手ではありますが過去にWBCで優勝した時には杉内俊哉選手山口鉄也選手などといった安定感のある選手がいました。

 

 

 

特に杉内選手は圧巻のピッチングを過去の大会で見せてくれました。

 

 

 

彼らに比べるとやや左が弱いかなと感じます。

 

 

 

不安要素が多い日本代表投手陣ですが悪いところばかりではありません。

 

 

 

個人的には菅野智之選手がキーマンになると思います。

 

 

 

現在滑りやすいWBCのボールとワンシームの相性が良いいという報道もよく見ます。

 

 

 

それそそうなのですが菅野選手の投手としての能力は先ほど紹介したメジャー組の投手陣と比べても引けを取らないレベルだと思います。

 

 

 

間違いなく今回のWBCのキーマンに菅野選手はなるでしょう。

 

 

 

以上が日本代表投手陣の戦力分析です。

日本代表戦力分析 野手

続いて日本代表野手の戦力を分析していきたいと思います。

 

 

今回日本代表に選出された野手は

 

 

捕手

 

 

・嶋基宏(楽天)

 

 

・大野奨太(日本ハム)

 

 

・小林誠司(巨人)

 

 

内野手

 

 

・坂本勇人(巨人) 

 

 

・山田哲人(ヤクルト)

 

 

・菊池涼介(広島)   

 

 

・中田翔(日本ハム)

 

 

・松田宣浩(ソフトバンク) 

 

 

・田中広輔選手(広島)

 

 

外野手

 

 

・青木宣親(アストロズ) 

 

 

・平田良介(中日)

 

 

・筒香嘉智(DeNA) 

 

 

・鈴木誠也(広島)

 

 

・秋山翔吾(西武) 

 

 

・内川聖一(ソフトバンク)

 

 

 

以上が今回選出されたメンバーです。

 

 

 

野手の戦力を分析しますと個人的には特に問題はないと思います。

 

 

 

優勝した第1回、2回大会と比べても大きく劣る印象はありません。

 

 

 

キーマンとなるの選手は1,2,3番を打つ選手だと思っています。

 

 

 

1番山田選手2番青木選手3番坂本選手が今のところ一番可能性としては高いような気がします。

 

 

 

優勝した過去の大会を見てみるとやはり1〜3番がとても重要と感じます。

 

 

 

1番にイチロー選手がいたというのはものすごく大きかったです。

 

 

 

第2回大会はイチロー選手の不調もありましたが中島裕之選手、青木宣親選手がしっかりとカバーしました。

 

 

 

今回は4,5番を中田選手と筒香選手が打つと思いますが彼らの前にチャンスをどれだけ作れるかが重要です。

 

 

 

また今回予想される1〜3番バッターを見ると下位打線でチャンスを作って上位に回すことができれば一気に点を奪えると感じます。

 

 

 

今回のメンバーだと下位打線を打つと思われるのは秋山選手、松田選手、嶋選手、鈴木選手あたりだと思われますのでしっかりとチャンスを作れるメンバーが揃っているようにも感じます。

 

 

 

ただ個人的には城島健司選手のような打てるキャッチャーが欲しいなと感じます。

 

 

 

優勝した過去2回の大会では里崎選手や城島選手などと言った打てるキャッチャーの活躍もありました。

 

 

 

今後そういった選手が出てくることを期待しています。

 

 

 

 

さて日本代表の投手と野手の戦力を分析しましたが日本代表は弱いのか?

 

 

 

私の意見としてはそんなことはないと思います。

 

 

 

歴代のWBC日本代表と比べると多少戦力は劣るかな?とも感じますが決して弱くはないメンバーだと思います。

 

 

 

ではなぜ優勝できないという声が多く挙がっているのか?

他国の戦力

おそらく今回日本代表がWBCで優勝できないという声が多く挙がっている原因はこれだと思います。

 

 

 

今回のWBC2017参加国の戦力を見ると特にアメリカの戦力がものすごく上がっています。

 

 

 

他にも前回のWBC優勝国のドミニカ共和国の戦力も前回よりも上がったように感じます。

 

 

 

アメリカ代表の戦力を分析しますと

 

 

 

先発に昨シーズン12勝(3敗)のロイヤルズのダニー・ダフィーや16勝のナショナルズのタナー・ロアークなどといった好投手。

 

 

 

中継ぎにも70試合に登板し10勝1敗12セーブ防御率1.45と圧倒的な安定感を見せたインディアンズのアンドルー・ミラーや66試合に登板し、8勝(2敗)奪三振率驚異の11.57のオリオールズのマイカル・ギブンス。

 

 

 

抑え候補に昨シーズン38セーブのレンジャースのサム・ダイソンや37セーブのホワイトソックスのデービッド・ロバートソンなどもいます。

 

 

 

また野手陣にもメジャーを代表する選手の名が並びます。

 

 

 

2013年打撃2冠のダイヤモンドバックスのポール・ゴールドシュミットやナショナルズのダニエル・マーフィー(打率・347 ホームラン25 104打点)

 

 

 

他にも2年連続打撃2冠のロッキーズのノーラン・アレナド。

 

 

 

他にもメジャーで活躍する選手が大勢います。

 

 

 

続いて前回大会王者のドミニカ共和国の戦力は

 

 

 

先発投手に昨シーズン18勝のジャイアンツのジョニー・クエトや16勝のカージナルスのカルロス・マルティネス。

 

 

 

中継ぎには昨シーズン79試合に登板したフィリーズのヘクター・ネリスやヤンキースの)、デリン・ベタンセス。

 

 

 

抑えには37セーブのレイズのアレックス・コロメがいます。

 

 

 

続いて野手

 

 

 

やはり注目はマリナーズのロビンソン・カノとレンジャースのエイドリアン・ベルトレでしょう。

 

 

 

カノは昨シーズン打率・298 ホームラン39本 103打点という成績。

 

 

 

ベルトレは打率・300 ホームラン32、104打点。

 

 

 

他にもファーストにレッドソックスのハンリー・ラミレス(打率・286 ホームラン30本 111打点)や4大会連続出場と経験豊富なメッツのホセ・レイエスなどもいます。

 

 

 

優勝候補大本命と言われているこの2国の戦力を見ると日本代表が優勝は無理と言われるのも分からなくはないです。

 

 

 

どれくらい今回のWBCはものすごいメンバーが揃っています。

 

 

 

 

日本は優勝できるのか?

最後に日本は優勝できるのか?という点について。

 

 

 

可能性としては十分にあると思っています。

 

 

 

確かに選手の名前だけ見ると戦力的には劣ると思います。

 

 

 

しかし短期決戦ですし何があるかわかりません。

 

 

 

メジャーで活躍するスーパースター達と日本代表の選手が互角かそれ以上に戦う姿が見れることを信じています。

 

 

関連記事

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度行われたWBC。2度優勝している日本代表侍ジャパンですが歴代最強は第何回大会のメンバーか?歴代侍ジャパンのメンバーを比較!

 

日本の4番は誰が打つべきか?

 

日本の4番は誰が打つべきなのか?中田選手?筒香選手?それとも...

 

メジャーの年俸は半端ない!日本との差は一体どのくらい

 

日本とは比べ物にならないメジャーリーグの年俸ってどのくらいなのか?メジャーのスーパースターの年俸はとんでもない数字!?

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

球界を代表するホームランバッターのあの選手が愛用している短尺バットとは?ホームラン王も使用する短尺バットの効果とそれを使用した練習方法とは!?

 

大谷翔平のスイングを解説!圧倒的な打撃を生むバッティングフォーム

 

球界のスーパースター大谷翔平選手のスイングバッティングフォームを徹底解説!圧倒的な飛距離を生み出すバッティングフォームの秘密とは?

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!