プロ野球 セリーグ 優勝予想 注目選手

プロ野球2017 セリーグ優勝予想と各球団のキーマンと注目選手

プロ野球のオープン戦が2月25日から始まり、3月31日にプロ野球2017年のシーズンが開幕します。

 

 

 

日本ハムが日本一となった昨年の日本シリーズからまだそんなに日が経っていないような感覚もあります。

 

 

 

しかし2017年のシーズンの開幕はもうすぐです。

 

 

 

もうすぐオープン戦も始まりますがその前に

 

 

 

プロ野球2017年のセリーグ優勝はどの球団か?

 

 

 

各球団のキーマンとなるのはどの選手か?

 

 

 

期待している選手は誰か?

 

 

 

これらの球団選手は一体誰なのか。

 

 

 

今回はそういった内容になります。

 

広島

まずは昨シーズンのセリーグ王者広島。

 

 

 

昨シーズンは引退された黒田選手の活躍や鈴木誠也選手の大ブレイクなどがありました。

 

 

 

そんな広島ですがキーマンになるのはジョンソン選手と野村祐輔選手でしょう。

 

 

 

ジョンソン選手の安定感はセリーグの投手の中でもかなり高いと思います。

 

 

 

2017年も期待は大きいです。

 

 

 

野村選手は最多勝のタイトルを獲得した2016年のシーズンと同じようなピッチングが出来れば良いです。

 

 

 

個人的にはあともう一人先発陣に安定した投手が欲しいかな?とも思います。

 

 

 

大瀬良大地選手、岡田明丈選手、福井優也選手、またルーキーの加藤拓也選手あたりがその役割を果たせれば広島は2017年も十分に勝てると思います。

 

 

 

野手は少し打力が弱い印象があります。

 

 

 

2017年はどういったオーダーを組むかわかりませんが出塁率の高い田中広輔選手とヒットの打てる菊池選手の後を打つ選手がポイントとなりそうです。

 

 

 

2016年のシーズンは丸佳浩選手、新井貴浩選手、鈴木誠也選手。

 

 

 

特に新井選手は打点も100打点を越え、チャンスで打っている印象がありました。

 

 

 

誰が田中選手と菊池選手の後を打つかはわかりませんが2年連続のリーグ優勝のためには重要になってくるでしょう。

 

巨人

続いて巨人。

 

 

 

キーマンとなるのはやはり菅野智之選手。

 

 

菅野選手は今の日本球界では間違いなくNO1の投手です。

 

 

 

ただ2016年シーズンは防御率1点台で最優秀防御率。

 

 

 

さらに奪三振王のタイトルも獲得しましたが2桁勝利は出来ていません。

 

 

 

打線の援護に恵まれなかった試合が多かったです。

 

 

 

巨人の課題としては坂本選手以外の選手がどれだけ打てるかだと思います。

 

 

 

坂本選手は2016年は首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得。

 

 

 

坂本選手が塁に出る確率が高い分そのあとのバッターがしっかりとチャンスをものにできるかというのが重要です。

 

 

 

今の巨人には正直坂本選手以外に良いバッターと呼べる選手はいないと思います。

 

 

 

チャンスを作れる選手がいる分、チャンスを生かせる選手も必要です。

 

 

 

そこで重要になる選手は長野久義選手や阿部慎之助選手。

 

 

 

個人的には長野選手は今の巨人だったら。1番バッターではなく5番あたりが適任なような気がします。

 

 

 

あと岡本和真選手に個人的には期待しています。

 

 

 

こんなに完成されている高校生バッターは久しぶりに見たと感じた高校時代から期待しているのですがなかなか結果が出てきません。

 

 

 

そろそろ結果が出てくることを期待しています。

 

 

 

もし岡本選手がそれこそ5番バッターや4番バッターを打てるようになれば長野選手が1番で使えると思います。

 

 

 

またケガから復帰した杉内俊哉選手も期待しています。

 

 

 

 

 

DeNA

続いてDeNAベイスターズ。

 

 

 

昨シーズンは3位という結果でラミレス監督もなにか手ごたえのようなものを感じたと思います。

 

 

 

2017年シーズン大いに期待できるベイスターズのキーマンとなるのは。

 

 

 

今永昇太選手と筒香嘉智選手。

 

 

 

今永選手は2016年のシーズンを見ていてものすごくいい投手だと思いました。

 

 

 

今の日本球界は左投手が弱いと個人的には感じています。

 

 

 

近い将来球界一の左投手になる可能性があるとしたら今永投手だと思っています。

 

 

 

今永選手はストレートがものすごくいいです。

 

 

 

スピード以上にキレや質がものすごくいいです。

 

 

 

またプロの打者も今永選手のストレートは球速以上に早く感じると絶賛しています。

 

 

 

2年目となる2017年今永選手には期待しています。

 

 

 

他にも井納翔一選手石田健太選手など投手陣もかなり期待が持てる印象です。

 

 

 

そこで重要になってくるのが打撃陣。

 

 

 

筒香嘉智選手はもちろんですが他の選手がもっと打てるようになればリーグ優勝もかなり高い確率で狙えると思います。

 

 

 

ベイスターズは筒香選手の印象が強いですがそれぞれが持ち味を持った個性的な選手が揃っていて面白いチームだと思います。

 

 

 

しっかりと選手たちが自分の持ち味を出せればリーグ優勝も難しくないと思います。

阪神

続いて阪神。

 

 

 

阪神のキーマンとなる選手はこれと言っていなような気がします。

 

 

 

というのも期待できないというわけではなくむしろ逆です。

 

 

 

2017年の阪神はとても期待できると思います。

 

 

 

特に打線は個人的にはうまくいけばセリーグでも1,2を争う強力打線になる可能性があると思います。

 

 

 

オリックスから移籍してきた糸井嘉男選手。

 

 

 

昨シーズン新人王の高山俊選手。

 

 

 

他にも福留孝介選手や鳥谷選手というベテランに加え、北条史也選手や原口文仁選手などと言った若い選手にも期待できる選手が増えています。

 

 

 

また、ルーキーの糸原健人選手も良いバッティングをするなと感じます。

 

 

 

投手陣は2016年に岩貞祐太選手が良いピッチングをしました。

 

 

 

2017年も期待できるでしょう。

 

 

 

そして藤浪晋太郎選手も期待しています。

 

 

 

昨シーズンの成績に対しあまりいい声が上がっていませんが個人的には特に問題ないと思っています。

 

 

 

1年目から2桁勝利を続けていた分自然と勝手当然みたいなイメージがついていますが藤浪選手の入団時からの成績は素晴らしいと思います。

 

 

 

2017年はしっかりと勝てると思います。

 

 

 

ただそんな阪神ですが戦力はかなりあるように感じますがセリーグ最下位になる可能性も十分にあるようにも感じます。

 

 

 

というのも金本監督の方向性と言いますか軸と言いますか、そういった部分がはっきりしていなように感じます。

 

 

 

まず糸井選手の獲得はチームにとって大きなことですが「超変革」といって若手を育てると言っていただけに「なんで?」と思ったのが正直なところ。

 

 

 

その点鳥谷選手が昨年のように不調ならスタメンからあっさりと外すくらいのことが必要なのかなとも感じます。

 

 

 

昨年は結局結果が出ない鳥谷選手を長く使っていました。

 

 

 

そのあたりの矛盾と言いますか方向性のズレが阪神の不安要素です。

 

 

 

ただ戦力的にはかなりそろってきた印象があるので期待は高いです。

ヤクルト

続いてヤクルト。

 

 

 

注目はやはり山田哲人選手。

 

 

 

2017年のシーズンは3年連続トリプルスリーという記録にも期待がかかります。

 

 

 

しかし2年連続トリプルスリーを成し遂げた2016年シーズンですがチームはセリーグ5位。

 

 

 

2017年にヤクルトが再びリーグ優勝するためにはまずはケガ人を出さないことが最も重要だと思います。

 

 

 

正直戦力的には2016年もセリーグ連覇を十分に達成できるだけの戦力はありました。

 

 

 

しかし石川雅規選手と小川泰弘選手という左右のエースがケガでまともに戦えませんでした。

 

 

 

これが最も大きかったです。

 

 

 

ヤクルトが2017年優勝するためにはキーマンというよりはケガ人を出さないことが重要になります。

 

 

 

戦力的には投手陣は先ほどの左右のエースの二人に加え新加入のオーレンドルフ選手。

 

 

 

また最多勝経験のある館山昌平選手や昨年ケガから復帰した由規選手が完全復活となれば投手陣にも厚みが出ます。

 

 

 

打撃陣も2016年はスランプやケガなどありましたが山田選手以外にも畠山和洋選手や川端慎吾選手などがしっかりと結果を出せばリーグ優勝も狙える戦力はあります。

 

 

中日

続いて中日。

 

 

 

中日は2017年から監督が森繁和さんに変わります。

 

 

 

監督が変わったこと大きな問題ではないのですが正直中日は戦力的にはかなり厳しい状態だと思います。

 

 

 

投打ともにやや他の球団に比べ弱い印象です。

 

 

 

吉見一起選手がかつてのようなピッチングを取り戻したり。

 

 

 

昨年不本意な成績で終わった大野雄大選手や若松駿太選手に加え、ルーキーの柳裕也選手などの活躍によっては一気に上位に食い込む可能性もあると思います。

 

 

 

打撃陣は平田良介選手に加えビシエド選手や高橋周平選手などが期待値としては高いと思います。

 

 

 

戦力的にはやや他球団に劣る印象のある中日ですが選手の活躍次第ではリーグ優勝も狙えると思います。

順位予想

では最後にセリーグの順位予想をします。

 

 

 

あくまで私個人の意見です。

 

 

 

1位 巨人

 

 

2位 ヤクルト

 

 

3位 阪神

 

 

4位 DeNA

 

 

5位 広島

 

 

6位 中日

 

 

こんな感じだと思います。

 

 

 

ただあくまで予想です。

 

 

 

個人的にはこの予想とは全く違うようなおもしろいシーズンになったら嬉しいなと思っています。

 

 

 

関連記事

プロ野球2017 パリーグ優勝予想と各球団のキーマンと注目選手

 

プロ野球2017年のパリーグの優勝予想と各球団のキーマンや注目選手などを紹介しています。2017年セリーグ優勝は意外なあの球団!?

 

プロ野球 来シーズンブレイク間違いない若手は?

 

プロ野球界に将来楽しみな若手選手がどんどん増えています。そんな中来シーズンブレイク間違いない?注目の若手選手を紹介します。