ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

WBC日本代表メンバー発表!

来年3月に開催されるWBC(ワールドベースボールクラシック)に出場する日本代表メンバーの一部が発表されました。

 

 

以下小久保監督コメント

 

「選ばれた選手たちには侍ジャパン代表としての責任と自覚を持ってオフを過ごしてもらい2月1日からの所属球団のキャンプイン、23日からの日本代表強化合宿を万全の状況で迎え、WBC世界一奪還を目指して準備を進めてほしいと思っています。残りの選手に関しては、MLB所属選手含めて、現在選考中です。決まり次第発表させていただきたいと思っています」

 

 

今回発表されたのは18名。

 

投手

 

菅野智之  巨人

 

 

秋吉亮  ヤクルト

 

 

増井浩俊  日本ハム

 

 

宮西尚生  日本ハム  

 

 

大谷翔平  日本ハム

 

 

牧田和久  西武

 

 

則本昂大  楽天

 

 

捕手

 

 

大野奨太  日本ハム

 

 

嶋基宏  楽天

 

 

内野手

 

 

菊池涼介  広島

 

 

坂本勇人  巨人

 

 

山田哲人  ヤクルト

 

 

中田翔  日本ハム

 

 

松田宣浩  ソフトバンク

 

 

外野手

 

 

鈴木誠也  広島

 

 

筒香嘉智  DeNA

 

 

内川聖一  福岡ソフトバンク

 

 

秋山翔吾  埼玉西武

 

 

以上の18名

 

 

このメンバーにメジャー組の選手が加わるという形になります。

 

 

個人的な感想としてはやはり投手力の弱さ。

 

 

メジャー組がどれだけ加わるかはわかりませんがこの時点では先発を安心して任せられるのは正直、菅野選手くらいでしょう。

 

 

大谷選手も任せられると思いますが小久保監督が大谷選手をどのように起用するのかもよくわかりませんので何とも言えません。

 

 

日本代表となっても二刀流でいくとなるとちょっと問題があるかと思います。

 

 

そのあたりは小久保監督次第となってきますので何とも言えないです。

 

 

野手陣はまあ今現在の日本のプロ野球ならベストメンバーでしょう。

 

 

問題点としたら菊池選手と山田選手の起用の仕方かなと思います。

 

 

山田選手をサードで起用するという案もありますが、個人的にはあんまりかなという印象です。

 

 

かといい菊池選手の守備力は魅力的です。

 

 

それに近年菊池選手は守備に目が行きがちですがバッティングの方も良いです。

 

 

このあたりの起用も楽しみであり、勝敗を分けるポイントかなと思います。

 

 

ただもしかしたら山田選手のバッティングはは国際大会向きではないのかな?という印象もあります。

 

 

さて今回発表された18人。

 

 

やはりメジャー組 特に投手陣が加わらないとちょっと厳しいかなという印象でした。