ドラフト 2017 注目選手 清宮 中村 安田 田嶋

ドラフト2017 行き先が気になる注目選手は?清宮 中村 安田 田嶋など

まもなく2017年のドラフト会議があります。

 

 

 

 

今年は早稲田実業の清宮幸太郎選手をはじめ、好選手が多く揃っています。

 

 

 

 

中でも行き先が気になる、または注目すべき選手はどの選手か?

 

 

 

 

また、それらの選手の戦力分析は?

 

 

 

 

今回はそんな数多くいるプロ注目の選手の中から特に今回のドラフト2017で注目すべき選手とその能力などについて紹介していきたいと思います。

 

高校生投手

まずは高校生投手から。

 

 

 

今回の207年のドラフトでは投手がやや不作?というような声が上がっておりますがそんな中でもいい投手はいます。

 

 

 

 

プロ志望届を提出している選手では、青藍泰斗(栃木)の石川翔選手がまずは注目でしょう。

 

 

 

 

 

ストレートのスピードは151キロを計測したこともあるように十分です。

 

 

 

 

ただ、高校野球では何かと球速ばかりに注目が行きがちで、言い方は悪いですがスピードさえ出てれば注目されるみたいなところもあると思います。

 

 

 

 

ですが、この石川選手はスピードボールももちろん魅力的なのですが低めにしっかりとボールを集めるコントロールも持っています。

 

 

 

 

 

内外の出し入れはもちろんですし、ストレート変化球共に低めに集めるピッチングは高校性の段階としてはかなり出来が良いと思います。

 

 

 

 

ただスピードだけで注目されるピッチャーではなく、投手としての能力が非常に高く、おそらく今回のドラフトでも上位で指名される選手だと思います。

 

 

 

 

 

今後、ストレートのスピードやキレ、さらに変化球に磨きをかけていけば今よりもさらにピッチングの幅も広がると思います。

 

 

 

 

将来が非常に楽しみな選手です。

 

 

 

 

 

2人目は熊本工の山口翔選手。

 

 

 

 

 

こちらもマックス151キロのストレートと、スピードは十分です。

 

 

 

 

球速表示でもしっかりと数字は出ていますが、個人的には球速表示以上に感じる伸びとキレのあるストレートは非常に魅力的だと思います。

 

 

 

 

 

ストレートの質だけで言ったら今回のドラフト指名が予想される投手の中でもかなり良いほうだと思います。

 

 

 

 

 

ただ気になるのがコントロールです。

 

 

 

 

春の選抜ではストレートの威力は良かったものの高めに浮く場面が非常に多かったと感じます。

 

 

 

 

即戦力かと言われると少々厳しいかと思いますがしっかりとした指導者に出会い、コントロールが安定してくるようになればプロの舞台でもしっかりと戦える選手だと思います。

 

 

 

 

こちらもプロ野球関係者からの評価が非常に高い選手ですのでおそらく上位指名されると思います。

 

 

 

 

 

高校生野手

続いて高校生の野手です。

 

 

 

やはり何と言っても注目は早稲田実業の清宮幸太郎選手。

 

 

 

 

今回のドラフトの目玉はやはり何と言っても彼でしょう。

 

 

 

 

清宮選手に関してはいろいろな意見が飛び交っていますが私は非常に素晴らしい選手だと感じます。

 

 

 

 

 

入学前から注目され続けた3年間でしっかりと結果を残し続けたことは素晴らしいと思います。

 

 

 

 

バッティングは柔らかいリストとパンチ力のある打撃が魅力です。

 

 

 

 

木製バットへの対応という課題がまずはありますがそのあたりはあまり心配はいらないかと思います。

 

 

 

 

清宮選手はホームランバッターというイメージが強いですが対応力の高さも評価点だと思います。

 

 

 

 

ただプロですぐに活躍できるか?と言われると何とも言えないです。

 

 

 

 

おそらく1年間試合に出し続ければ2割3分 10本塁打くらいは1年目からでも打てるような気もしますがいづれは本人も言うように球界を代表するバッターになってもらいたいです。

 

 

 

 

素晴らしいバッターが多くいるプロ野球という世界で早く成長して、いづれは50本や60本シーズンでホームランを打てるような選手になってもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

続いては広陵の中村奨成選手。

 

 

 

 

甲子園で1大会の本塁打記録を塗り替えた強打者です。

 

 

 

 

ただ個人的には中村選手の守備に非常に魅力を感じました。特に肩の強さには驚きました。

 

 

 

 

今回の大会記録更新によって打力に注目がいきがちですし、もしかしたらプロに入ってから内野手や外野手に転向するなんてこともあるかもしれませんが個人的にはキャッチャーでやっていってもらいなと感じます。

 

 

 

 

 

確かに打力は非常に魅力的ですが甲子園での大活躍によって世間の注目を集めたという印象が強いです。

 

 

 

 

もちろんいいいバッターなのは認めますが、やはり清宮選手と比べると実際はかなり差があると感じます。

 

 

 

 

捕手として育てて、打てるキャッチャーというのをプロの舞台で見せてほしいです。

 

 

 

 

こちらも即戦力というわけではないと思いますが上位で間違いなく指名されるでしょう。

 

 

 

 

 

続いては履正社の安田尚憲選手。

 

 

 

 

 

もともと注目度は高い選手でしたが夏の予選、U18世界大会での打撃によってさらに評価を高めた印象があります。

 

 

 

 

スイングを見てみると非常にシンプルかつ力強いスイングをします。

 

 

 

 

もしかしたら清宮選手や中村選手よりも早くプロで結果を出し始める可能性が高いのではないか?とも思っています。

 

 

 

 

パンチ力もある選手ですのでいづれはクリーンアップを任せられるような選手になってもらいたいです。

 

 

 

 

こちらも間違いなく上位で指名されるでしょう。

 

 

 

 

続いては花咲徳栄(埼玉)の西川愛也選手。

 

 

 

 

この選手は非常に全体的に能力の高い選手だと思います。

 

 

 

 

走攻守揃ったどこのチームでも必ず必要とされる選手です。

 

 

 

 

柔らかいバッティングとランニングホームランも話題となったその走力。

 

 

 

 

球団によっては清宮選手や中村選手安田選手よりも、西川選手のような選手を欲しがる球団もあるかもしれませんし、ここまでの3選手の注目が高い中であえて西川選手を指名するというのもありかと思います。

 

 

 

 

 

おそらく早い段階で指名されると思いますが個人的に注目度の高い3選手をあえて避けて取りに行くだけの価値のある選手だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

大学生投手

続いては大学生投手。

 

 

 

大学生の投手は好投手が揃っていますが個人的に一番評価が高いと思うのは立命館大の東克樹選手だと思います。

 

 

 

 

正直見ていてあまり凄みを感じないという人もいるようですが投手としての能力が非常に高いと思います。

 

 

 

 

実際、良い投手というのはただ球が速いだとか変化球がすごいというところだけではありません。

 

 

 

 

コントールもそうですし、マウンド度胸やメンタル、配球など細かいところを挙げればたくさんあります。

 

 

 

 

 

これら投手に必要な能力が全体的に非常に高い選手だなと東選手は感じます。

 

 

 

 

おそらく今回のドラフトの大学生投手の中ではNO1ではないでしょうか?

 

 

 

 

また、こういった選手は即戦力になるという印象もありますので、どこの球団も欲しがる選手だと思います。

 

 

 

 

間違いなく上位で指名される選手です。

 

 

 

 

続いては中央大の鍬原拓也選手です。

 

 

 

 

150キロを超えるストレートはもちろんですが、変化球にも力があります。

 

 

 

 

プロでさらに球威に磨きをかければ非常に面白い投手になると思います。

 

 

 

 

こちらもおそらく上位で指名されるでしょう。

大学生野手

続いて大学生野手。

 

 

 

 

正直大学生の野手は少し今回のドラフトでは弱いかな?という印象です。

 

 

 

 

そんな中でも慶応大の岩見雅紀選手は注目でしょう。

 

 

 

 

187センチの大きな体で力強いスイングをします。

 

 

 

 

長打力は今現在では文句なしと言えるでしょう。

 

 

 

 

将来30本、40本シーズンで打ってくれそうな期待感も感じさせる打撃です。

 

 

 

 

こちらも割と早い段階で指名されると予想します。

社会人投手

続いて社会人の投手。

 

 

 

注目はJR東日本の田嶋大樹選手でしょう。

 

 

 

 

今回のドラフトでは清宮選手、中村選手、安田選手の高校生3人がなにかと注目されていますが個人的にはこれらの選手よりも今回のドラフトで真っ先に指名するべきなのはこの田嶋選手だと思っています。

 

 

 

 

 

ストレートの球速は150キロを超え、変化球の切れも抜群。

 

 

 

 

非常に伸びのあるストレートを投げるのもそうですが、それを内外にしっかりと投げ分けれる制球力に加え、長い腕からの右バッターへのクロスファイアーはプロでも簡単には打てないと感じさせるほどの威力があります。

 

 

 

 

2017年の都市対抗でも安定したピッチングを見せ、その評価を確かなものにしました。

 

 

 

 

今回のドラフトで間違いなく1位で指名される選手でしょう。

 

 

 

 

1年目から開幕ローテーション入りも全然不可能ではない選手だと思います。

 

 

 

 

 

2人目はヤマハの鈴木博志選手。

 

 

 

 

その魅力はマックス156キロのストレート。

 

 

 

 

リリーフでしたら安定して150キロは超えるピッチングもできます。

 

 

 

 

田嶋選手に比べ即戦力度は落ちますが、やはりストレートが早い投手は魅力的です。

 

 

 

 

早い段階での指名が予想されます。

 

 

 

 

社会人野手

社会人の野手の注目は日立製作所の田中俊太選手の注目度が高いと感じます。

 

 

 

 

広島の田中広輔選手の弟という話題性もありますし、打撃の良さには定評があります。

 

 

 

 

見ているとタイミングの取り方が非常にうまいと感じます。

 

 

 

 

これがさらにレベルが上がるプロ野球の速さでも対応できるかが今後の課題かなと感じます。

 

 

 

 

実は2011年の春の選抜で圧倒的な強さで優勝した東海大相模時代から良い選手だなとは思っていました。

 

 

 

 

おそらく上位で指名される選手だと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

 

今回はまもなく行われるドラフト会議2017の前に注目選手を何人か紹介させていただきました。

 

 

 

 

やはり注目されるのは清宮選手の行き先でしょう。

 

 

 

 

どこの球団に行くかわ分かりませんがどこに行ってもいづれ球界を盛り上げてくれるバッターになってくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

個人的にはR東日本の田嶋選手に注目しています。

 

 

 

 

今回のドラフトの投手の中では頭1つ抜けていると感じます。

 

 

 

 

清宮選手などの野手が注目される中で田嶋選手をはじめとした投手を指名してくる球団も出てくるのでしょうか?

 

 

 

 

そのあたりも非常にドラフト2017ではおもしろいポイントだと思います。

 

 

 

人気記事

バッティング上達方法まとめ!ホームランやヒットの打ち方を紹介

 

バッティング上達方法とは?バッティングの上達方法、ホームランやヒットの打ち方についてまとめた記事です。

 

スイングスピードの上げ方とは?筋トレや重いバットでの素振りは逆効果?

 

スイングスピードの上げ方をご存知でしょうか?やっている人が多い筋トレや重いバットでの素振りは逆効果なのを知っていますか?スイングスピードの上げ方はこちらの記事で紹介しています。

 

ソフトバンク柳田悠岐の打ち方スイングを解説!ただのフルスイングではない!?

 

球界を代表するスラッガーソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。圧倒的な飛距離を生み出すスイングを徹底解説!ただのフルスイングではない柳田選手のフルスイングとは一体何なのか?

 

筒香嘉智のバッティングフォーム、打ち方を解説!飛距離の秘密とは

 

侍ジャパンでも4番を務めた日本を代表するスラッガー筒香嘉智選手のバッティングフォームを徹底解説!すぐにでも参考にしたい筒香選手の飛距離を生み出す秘密とは?

 

ヤクルト山田哲人のバッティングフォームを解説!なぜあんなに打てるのか

 

球界を代表するバッター山田哲人選手。圧倒的な打力と成績を残せる理由と秘密はバッティングフォームにあった!山田選手のバッティングフォームを徹底解説!

 

 

マスコットバットでの素振りは効果がないからやめるべき!

 

スイングスピードを上げたいからマスコットバットを振る。多くの人がやっていることですが実はこれ、大きな間違いです。マスコットバットでの素振りはむしろ逆効果?詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!

 

スイングスピードを上げたいならプラスチックバットを振れ!?ウソみたいな話ですが科学的にも証明済み!?その効果や理由など、詳しく紹介しています。

 

 

短尺バットで打率を上げる!プロも愛用の短尺バットとその効果

 

短尺バット。多くのプロ野球選手が練習で愛用する理由とは?またその効果は?あの球界を代表するスラッガーも愛用!?

 

 

インコースの打ち方!坂本勇人の打ち方を解説

 

インコースが打てない...。そんなあなたにインコース打ちの天才坂本勇人選手から学ぶインコースの打ち方を徹底解説します。

 

【野球】タイミングの取り方!山田哲人と坂本勇人に学ぶ

 

タイミングはバッティングにおいてすごく重要です。タイミングの取り方って実はいろいろあるんです。そこで球界を代表するバッター二人の山田哲人選手と坂本勇人選手のタイミングの取り方を解説しています。

 

ヒットを打つためのメンタル維持とは?打席で余計なことを考えないために

 

野球は技術だけでなくメンタルも結果に大きく影響します。ヒットを打つためのメンタル維持方法とは?打席で余計なことを考えない方法とは?

 

 

WBC日本代表侍ジャパン 歴代最強メンバーは第何回大会?

 

過去に3度開催されたWBC。歴代最強の侍ジャパンは第何回大会?初優勝の2006年?連覇を成し遂げた2009年?ベスト4で終わった2013年か?それとも今回の2017年?歴代の侍ジャパンのメンバーの名を紹介!

 

効果的なバッティング練習を紹介!正しいトスやティーバッティング

 

数ある練習メニューの中でも個人的に特に効果があると感じるのがトスバッティングやティーバッティングなどと言った基本的なメニューです。どこのチームでもやっているような練習メニューをさらに効果的に行う方法とは?

 

【高校野球】 人気硬式バットをランキング形式で紹介!

 

数ある人気の硬式バットの中で本当におすすめできるものやその魅力などをランキング形式で紹介しています。一位はやっぱり...

 

硬式バット最強はVコング02!?その魅力と飛ぶ理由とは

 

長い間高校球児に圧倒的な人気を持つバットVコング02。硬式バット最強の呼び声も高いVコング02。その魅力と人気の秘密とは?詳しく紹介しています。

 

スカイビートの人気の秘密とおすすめの理由を紹介!【硬式バット】

 

硬式バットの人気上位に必ず名前の挙がるSSK スカイビート。その人気の秘密とおすすめの理由とは?

 

ドラフト2016評価!勝ち球団は?

 

ドラフト2016評価!勝ち球団はどこ?