スイング 加速 方法

驚きの発想

先日、ある指導者とお話をする機会がありました。

 

 

そこでとても面白い事を聞けたので今回はそのことを紹介しようかなと思います。

 

 

※僕も実際にやってみたのですが理解するのさえ難しいうえに実践するのも難しい内容です。

 

バットのヘッドを内側に入れる

最初に言っておきます。

 

 

これは個人的にはあまりお勧めできません。

 

 

理由は理解するのも難しいし、ぞれだけではなく実践するのはさらに難しいからです。

 

 

ですが、とても面白い発想ですし、うまく出来るようになればバッティングに変化が出るのは間違いないです。

 

 

なので一応紹介します、合わない人や理解できない人は実践する必要はありません。

 

 

内容はバットのヘッドを内側に入れるというものです。

 

 

バットのヘッドは内側に入れないのが指導としては普通です。

 

 

もっと言うなら、ヘッドを内側に入れるのは絶対ダメだという指導者はかなり多いです。

 

 

これに関しては正直僕も反対派です(笑)

 

 

しかしその指導者の話を聞いていると、基本を完璧にしたうえで挑戦してみるならありかもしれないと思えたのです。

 

 

しかし、もちろんただヘッドを内側に入れるだけではダメです。

 

 

どういうことか簡単に言うと

 

 

バットのヘッドを軸に打つことで少ない動きで遠心力を加えることができる

 

 

ということです。

 

 

文字だけで説明するのは難しいのですが、ヘッドを内側に入れるとバットに角度がつきます。

 

 

そしてヘッドを軸にしてグリップからバットを回転させてボールを打つといった感じでしょうか。

 

 

説明が難しいのですがイメージとしては中村紀洋選手のようなイメージです。(少し違いますがイメージは中村選手みたいな感じです)

 

 

本来、遠心力はテイクバックを取ることでつけることが多いです。

 

 

少しだけヘッドを内側に入れるだけでも遠心力はかなりつきます。

 

 

中村紀洋選手ほどヘッドを内側に入れるのであれば話は変わってきますがテイクバック大きくとるよりは少ない動作、動きで遠心力を加えることが可能です。

 

 

遠心力はあったほうが強く、早い打球が飛ぶのは間違いないです。

 

 

僕はこの発想を聞いたとき驚きましたが納得もできました。

 

 

実際にやってみると数日でできるような内容ではないですが、確かに遠心力がついているのはわかりました。

 

 

もしよかったらやってみて下さい。

 

 

ですがもう一度言いますが基本を完璧にしてからにしてください。

 

 

どんな独特なフォームで打っている選手も基本だけはしっかりと理解したうえで自分のフォームを完成させています。(天才を除く)

 

 

もし自分に合うようなものが見つからないのなら一度やってみるのもいいかもしれません。