ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

長打を打つポイントを確認する方法

長打を打つために必要なことはいろいろあります。

 

 

手っ取り早いのは体重移動だというのは以前にも紹介しました。

 

 

ですが体重移動よりも先に自分のポイントで打つことが大切になってきます。

 

 

もちろんものすごいパワーがある人は力で何とかするという手段もありますが皆が皆そういう人ではありません。

 

 

なので長打を打つときはまずポイントを意識することをおすすめします。

 

 

そこで今回は長打を打つときのポイントを確認する方法を紹介します。

 

 

外野ノックを打ってみる

外野ノックに関わらずノックと聞いたら監督やコーチが打つイメージがあると思います。

 

 

しかし選手がノックを打っているチームも多いのも事実です。

 

 

実際僕も中学高校と所属していたチームでは合わせのノック以外は選手が打つときも結構ありました。

 

 

もしそういったチームなら外野ノックを是非ともやってみて下さい。

 

 

なぜ外野ノックを僕がおすすめするのか。

 

 

外野ノックは正しいポイントでボールを打たたないと打球は飛びません。

 

 

簡単にいうとこのポイントの確認です。

 

 

僕の感覚ですが長打を実際に打った時の感覚と外野ノックを打つときにうまく打球が飛んだ時の感覚はかなり近いです。

 

 

外野ノックは下手な人は本当に下手です。

 

 

そして良いバッターはかなり高い確率で外野ノックがうまいです。

 

 

それは自分のポイントをしっかりと理解できているからです。

 

 

あともう一つ出来ればノックバットを使ってください。

 

 

理由は普通のバットよりもノックバットの方が軽い力で飛ばすことができるからです。

 

 

というのもこの外野ノックの目的は正しいポイントで打てば少ない力でも十分に飛ばせるということを理解することと、ポイントの確認です。

 

 

普通のバットを使って遠くへ飛ばそうと力んでしまっては目的が変わってきます。

 

 

なのでノックバットを使うようにしてください。

 

回転をかける

外野ノックに慣れてきたら回転をかけることを意識してください。

 

 

ボールに回転をかけるとさらに鋭く伸びる打球を飛ばすことが可能になります。

 

 

回転のかけ方についての詳しい説明はここでは省略させてもらいます。

 

 

↓詳しくはこちら↓

 

回転のかけ方

 

 

ノックとはいえど、回転をかければさらに遠くへ伸びる打球が打てます。

 

 

ポイントが安定してきたら回転をかけることもよかったらやってみて下さい。

 

 

 

 

最後に一つ言っておきたいことがあります。

 

 

外野ノックを練習メニューとして紹介しましたが正直ポイントの確認なら僕が紹介してるトスバッティングやティーバッティングの方が有効だと思っています。

 

 

わざわざ外野ノックをやる時間を作ってまでやる必要はないと思っています。

 

 

ですがチームによってはノックを選手が打つといいったチームもあります。

 

 

そういったチームの場合は外野ノックを打つのも練習になるということを今回は紹介したかったのです。

 

 

守備に課題がある人などは無理に外野ノックを打つ必要はありません。

 

 

ですが意味のある練習メニューであることは間違いないです。

 

 

外野ノック良かったらやってみて下さい。

 

効果的なトスバッティング

 

 

効果的なティーバッティング