ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

多くの人が勘違いしている「開き」と「回転」の違い

下半身を使い回転を使って打て!

 

 

という指導があります。

 

 

その一方で

 

 

体を開くなという指導もあります。

 

 

これに関しては僕はどちらも正しいと思います。

 

 

しかし問題はそこではなく、これらの指導を勘違いしている人が多いということです。

 

 

これに関しては両方ともバッティングにおいてとても大切な部分になってきますので必ず確認してください。

 

 

体を開くなという意味

体を開くなという指導はよく耳にします。

 

 

僕はピッチャーに胸を見せるなという言い方をよくします。

 

 

これはバッティングにおいて、とても重要です。

 

 

まして僕の打撃理論では特にこれは重要になります。

 

 

ピッチャーはバッターのタイミングを外し、体勢を崩そうとします。

 

 

僕もピッチャーでしたのでわかりますし、実際そこを一番意識していました。

 

 

はっきりいって僕の紹介しているメニーをひと通りやっていただければ体勢を崩されてもピッチャーに胸を見せなければなんとかなります。

 

 

そういったメニューを紹介していますし、メニューでもその点を意識してもらっています。

 

 

とりあえず体の開きについてはいったん説明を終えます。

 

回転について

回転とは簡単に言うと体の軸を中心に回転させ、下半身の力をうまく伝えてボールを飛ばすことです。

 

 

下半身の力をうまく上半身に伝えるために回転は必要になってきます。

 

 

何度も言いますが僕の打撃理論を理解して僕の紹介しているメニューをやっていただければヒットを打つだけならこの回転は必ず必要というわけではありません。

 

 

ですがより早く鋭い打球を打つならこの回転は必要になってきます。

 

 

しかし問題はそこではないのです。

多くの人がしている勘違い

ここからが重要です。

 

 

この二つの指導法の理解が出来なくて勘違いをしている人が多いということです。

 

 

まずは体を開くなと言われたからただの手打ちになっている人。

 

 

その反対に回転で打てと言われたから体が開くなど関係なしに振っている人。

 

 

こういう人が意外と多いです。

 

 

ですがわからなくもありません。

 

 

この二つの指導はお互いがお互いを否定しているようにも見えます。

 

 

なのでしっかりと理解する必要があります。

 

 

体が開いてはいけないのはボールをミートするまでです。

 

 

正直フィニッシュは体がどんなに開いていても特に影響はないです。

 

 

ミートするまでは体の開きを抑えて下さい。

 

 

僕の言葉でいうとピッチャーに胸を見せないでください。

 

 

では回転はどうすればいいのか?

 

 

これは僕の感覚です。

 

 

まずは体の開きを抑えて確実に芯でミートすることに専念します。

 

 

そしてミートしてから軸を回転させ下半身の力でボールを押し込むという感覚です。

 

 

なので僕は回転という言い方だと勘違いする人がいるので、ミート後の押し込みという言い方をよくします。

 

 

回転というのは補助みたいなものです。

 

 

この二つの指導を正しく理解しないとバッティングはよくなりませんのでしっかりと理解してください。