ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

下手になる努力

「努力は裏切らない」

 

 

この言葉はよく聞く言葉ですが、僕は否定はしませんがバッティングに関していえば努力の仕方と方向性を間違えるとどんどん下手になっていきます。

 

 

どういうことかというと、極端な話、野球未経験者の人が誰からも指導を受けずに毎日素振りを欠かさずにやり、さらにバッティング練習なども毎日欠かさずやったとします。

 

 

もちろんこの人が野球センス抜群で初めから打撃フォームなどが完璧だった場合は話が変わってきますが(ほとんどありませんが)、基礎と方向性が固まっていない努力は野球の場合は下手になります。

 

 

具体的には基礎も形もまともにできていない初心者がそのフォームで毎日素振りやバッティング練習を繰り返していたら、そのフォームが体に身についてしまい、いつになっても打てるようにはなりません。

 

 

 

ものすごい努力をしたのに結果が出ないという人は、ここに問題があると僕は思っています。

 

 

もちろん正しい努力をしたから絶対結果が出るというわけではないのですが、そういう人は結果が出なくてもなにか手ごたえのようなものはつかめると思います。

 

 

では正しい努力とは何なのか?

 

 

僕の思う正しい努力を紹介します。

 

具体的な方向性を決める

まずは具体的な方向性を決めることが必要です。

 

 

どういうことかというと、例えばバントが誰よりもうまい選手になりたいという選手がいたとします。

 

 

ですがその選手は毎日バント練習よりも素振りやバッティング練習ばかりをやっていたとします。

 

 

とても極端な話ですが、出来るようになりたいことによって必要な練習や筋肉や動きが違うことはよくあります。

 

 

なのでまずはどんな選手になりたいかなどといった自分の中で努力の方向性を決めることが大切です。

 

 

ですがもう一つ大切なことがあります。

 

 

方向性が決まったからと言ってやみくもに練習をしてもうまくはなりません。

 

 

たとえば「ホームランバッターになりたい!」といって毎日ひたすら素振り、バッティング練習を繰り返す。

 

 

一見悪くないように見えますがこれはよく努力をしているのに結果が出ないという人に多いことです。

 

 

何がいけないのかというと、方向性が決まったら次に必要なものを明確にすることが必要です。

 

 

このサイトの場合ヒットを簡単に打てるようになりたいという方向性が決まっているうえで、そのために必要なことを紹介しています。

 

 

このように方向性を決めたらそのための必要なことを理解して実践する必要があるのです。

 

 

必要なことはそれぞれで判断してもらっていいと思います。

 

 

僕が紹介していることでもいいですし、僕の紹介していることがおかしいと思う方は他の指導者の指導を参考にしてもらってもいいです。

 

 

とにかく大切なことは必要なことを理解することです。

 

 

やみくもな努力はやめて、意味のある努力をしてください!