ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

対応力の上げ方

野球は試合中にあらゆる場面で対応力が必要になります。

 

 

もちろんバッティング以外でもです。

 

 

普通の守備でもそうですし、バッティングでは真っすぐを待っていたのに変化球が来たなど。

 

 

他にもたくさんあります。

 

 

対応力は野球においてとても大切です。

 

 

ではどうやって鍛えたらいいのか?

 

 

対応力の鍛え方は存在するかもしれませんが、僕が思うに試合で使えるような対応力を意図的に鍛えるのは難しいと思います。

 

 

なぜかというと、試合中は予期せぬことの連続です。

 

 

守備でのイレギュラーもそうですし、そもそも予想できていれば真っすぐを待っていて変化球が来た時の対応力なんて必要ないのです。

 

 

でもこういったイレギュラーや変化球は完璧に予想することは不可能です。

 

 

それを意図的に鍛えるというのは難しい思います。

 

 

僕が思うに、鍛えるというよりは、経験のなかで身に着けるというほうが良いと思います。

 

 

対応力を鍛えることは経験の中でするべきだと思いますが、対応力を今より上げることは可能です。(もちろんなにもしない状態と比較してです)

 

 

今回は対応力の上げ方を紹介します。

 

動から動

これはどうことかというと、動いてる状態から動作を始めると、対応力が上がるということです。

 

 

具体的に言うと、守備の時、バッターが打つ直前に動いておくことで一歩目が早くなります。

 

 

他にもバッティングも構えの時に、全く動いていない状態からスイングに入るより、動いている状態からスイングに入ったほうがタイミングも取りやすいですし、対応力が上がります。

 

 

これは実際にやってもらえればわかると思います。

 

 

僕が思うに野球のすべての動きは動から動にするべきだと思います。

 

 

守備にしろバントにしろ、もちろんバッティングもです。

 

 

すべてのプレーをするときに、これだけ意識するだけで、かなり対応力は変わります。

 

 

これは僕の勝手なイメージですが、バッティングの構えはどっしりと静止した構えの方が雰囲気があってかっこいいと思っていました。

 

 

実際中学までは静止した構えで打っていたのですが、どこか動き出しがスムーズにいかないのです。

 

 

動から動のバッティングでイメージしやすいのがメジャーリーガーの青木宣親選手。

 

 

日本を代表する安打製造機ですが、彼のバッティングは派手さはないですが、対応力は素晴らしいです。

 

 

本人がどうかは分かりませんが、あの対応力の高さは、あの構えにあると僕は思います。

 

 

動から動。なぜ対応力が上がるのかは説明できません。

 

 

ですがやっていただければわかります。

 

 

静から動の人は、動から動。意識してみて下さい!