ホームラン,ヒット,簡単,野球,バッティング,練習

体重を逃がさない方法

バッティングにおいて体重移動は大切だということは皆がわかっていることだと思います。

 

 

(僕の打撃理論と練習法ならヒットを打つだけなら体重移動はそこまで重要ではないですが)

 

 

ですが僕の打撃理論練習メニューを実践している人もそうでない人も体重移動は出来たほうが良いことは間違いないです。

 

 

そこで今回は体重移動に関して多くの質問を受けた内容を紹介したいと思います。

 

 

 

体重が逃げてしまう

体重移動がうまくできない人によく質問されるのが

 

 

体重が逃げてしまう

 

 

または体重の乗せ方が分からないといった質問が多いです。

 

 

また体重移動が出来ていると思っているが実は体重が逃げている人って結構多いんです。

 

 

ではそういう人はどうすればいいのか?

 

 

僕なりにわかりやすく説明します。

体重の乗せ方

体重が逃げてしまっては体重移動をする意味がないだけではなく、体のバランスが微妙に崩れたりしてしまいバッティングに大きく影響します。

 

 

体重は基本的には内側にためるようにという指導方法が一般的です。

 

 

もちろんこれは正しいですし僕自身も内側にためるようにという指導をします。

 

 

ですがこれだと良く分からない人がいるかもしれません。

 

 

というより実際に結構います。

 

 

そこで僕はそういう人にこういった指導をしています。

 

 

まず軸足一本で立ってください。

 

 

そして、ピッチャーの方向に倒れるようにして、反対の足をつきます。

 

 

これの繰り返しをしながら倒れるのを抑えるような体重の使い方を繰り返します。

 

 

コツとしては軸足の反対の足を軸足に巻き付けるようにするとわかりやすいです。

 

 

要は軸足から倒れようとする体重を反対の足で食い止める感覚です。

 

 

やってもらえればわかりますがこの感覚が体重移動に非常に似ています。

 

 

もっと言うなら、軸足で立った状態で反対の足を軸足に巻き付けてそのまま倒れてもらっても問題ないです。

 

 

体重を乗せようとするのではなくピッチャー方向に行こうとする体重を反対の足で抑えることで体重を内側にためることができます。

 

 

これが僕がおすすめする体重の乗せ方の練習法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

文字で見るとよくわからないという方もいると思いますので実際にやってみて下さい。

 

 

絶対に理解できると思います。

 

 

最後に

 

 

体重移動はバッティングにおいてとても大きな武器になります。

 

 

体重移動がうまくできればできるほど、パワーがなくても遠くへ飛ばすことができます。

 

 

僕の打撃理論と練習メニューを実践している人もそうでない人も是非とも身に着けてほしいものです。

 

 

よかったら今回紹介した体重の乗せ方、参考にしてください。

 

 

最速で打率を上げる独自の打撃理論